とりのこえからわかること 福島第一原発事故にともなう避難指示区域とその周辺の鳥類モニタリング

バードデータチャレンジ inいわき~2018年開催のお知らせ~

イベント概要

福島第一原発事故後、放射線量の高い地域では避難指示が続いています。その間に、人の手で維持されてきた里山の自然は大きく変化し、生物多様性にも影響を与えていると考えられます。 国立環境研究所では、その影響を明らかにするために、2014年度より避難指示区域内とその周辺地域において、生き物のモニタリングを続けています。そのうち鳥類については、無居住化や宅地や農地の除染の影響を受けやすいと考えられる「身近な鳥」を主な対象とし、音声録音によるモニタリングを行っています。

イベントでは、録音した音声を聞いて、聞こえる鳥の種類を判別します。さらに、みんなで作ったデータから、福島の野鳥の種類や数の変化を明らかにしていきます。 初級(ビギナークラス)と上級(チャレンジクラス)の2つのクラスをご用意しているので、ご自身の経験に合わせてクラスを選択することができます。

イベント詳細

日時
2018年10月27日(土)10:30-15:30
場所
中央台公民館(福島県いわき市)
対象
野鳥に関心のある方(原則、高校生以上)
定員
60名(※先着順/ビギナークラス・チャレンジクラス 各30名)
持ち物
昼食、筆記用具、カッター(*1) 、イヤホン(*2)
(*1)休憩時間に行う、鳥に関わる工作で使用
(*2)私物利用希望の方のみ
参加費
無料
主催
国立研究開発法人国立環境研究所 福島支部/生物・生態系環境研究センター
日本野鳥の会いわき支部
後援
公益財団法人 日本野鳥の会
公益財団法人 日本自然保護協会
認定特定非営利活動法人 バードリサーチ
いわき市

申込方法

専用ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/bdc-2018

会場案内

中央台公民館

〒970-8044 福島県いわき市中央台飯野四丁目5-1
TEL 0246-28-6800

国立那須甲子青少年自然の家の周辺地図

問い合わせ先

日本野鳥の会いわき支部 吉田
TEL・FAX:080-7892-0623(10:00~18:00)

関連情報

2018年度「バードデータチャレンジinいわき」チラシ (PDF:2.58MB

2018年度イベントプレスリリース