ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

平成21年度における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の締結実績の概要について

平成22年6月
独立行政法人国立環境研究所

 国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律(平成19年法律第56号。以下「環境配慮契約法」という。)第8条第1項の規定に基づき、平成21年度における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の締結実績の概要を取りまとめたので、公表する。

1.平成21年度の経緯

 環境配慮契約法及び国及び独立行政法人等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する基本方針(平成19年12月7日閣議決定。以下「基本方針」という。)に基づき、環境配慮契約の本格的な実施を開始した。

2.環境配慮契約の締結状況

 基本方針で環境配慮契約の具体的な方法が定められている電気の調達、自動車の購入及び賃貸借、省エネルギー改修事業(ESCO事業)及び建築物の建築又は大規模な改修に係る設計業務の具体的な契約締結状況は以下の通り。

電気の調達

対象施設    独立行政法人国立環境研究所
所在地     茨城県つくば市小野川16-2
契約期間    平成21年5月1日~平成22年4月30日
契約電力    5,600kW
予定使用電力量 30,096,916kWh
契約事業者名  東京電力(株)

自動車の購入及び賃貸借

平成21年度においては、所用車1台について購入価格及び環境性能(燃費)を総合的に評価し、その結果が最も優れた者と契約を締結する総合評価落札方式による入札を実施した。

省エネルギー改修事業(ESCO事業)

該当無し

建築物の設計業務

1. 事業名 平成21年度独立行政法人国立環境研究所耐震改修工事他設計・監理業務
  契約年月 平成21年6月
  環境配慮内容 受変電機器等研究施設の規模・利用形態を考慮した環境負荷低減の考え方について
  契約事業者名 株式会社総合設備計画
 
2. 事業名 平成21年度独立行政法人国立環境研究所地球温暖化研究棟・RI実験棟増改修工事設計・監理業務
  契約年月 平成21年12月
  環境配慮内容 受変電機器等研究施設の規模・利用形態を考慮した環境負荷低減の考え方について
  契約事業者名 株式会社大谷研究室

3.その他の環境配慮契約に係る事項

省エネルギー改修事業(ESCO事業)については、平成16年度にESCO事業提案審査委員会を設置し、東京電力(株)、日本ファシリティ・ソリューション(株)及び(株)関電工の3社グループと契約締結を行った。平成21年度(2009/3~2010/2)の実績ではCO2排出量で2,777tの削減効果があった。(詳細は別表参照)

別表 2009/3~2010/2におけるESCO事業による省エネ効果等

  電力量
(kWh)
ガス量
(m3)
上水量
(m3)
下水量
(m3)
削減エネルギー量 2,357,874 987,427 15,442 2,841
CO2排出削減量(t-CO2) 842 1,935 - -
2,777
一次エネルギー換算値 (GJ) 24,168 45,422 - -
69,590
省コスト額(千円) 24,286 53,578 3,321 282
81,466