ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

 6月に入り宇野新内閣がスタートし,山崎竜男環境庁長官が就任されました。

 連日のように環境問題がマスコミを賑わせ,世はまさに地球環境ブームです。一方で地球規模環境問題は国際政治の場に位置づけられ、日本はそれへの迅速な対応が迫られています。

 つい先日の新聞に,地球ブームの影響で大学の地球物理学コースへの進学希望者が殺到するようになったことを,担当の先生が紹介されていました。しかしながら現実には,その人気の高さにもかかわらず,解決を迫られている地球規模問題に対処するには,現象を追いかけるべく十分な環境のデータがなく,また解析し予測するだけ学問が進んでいないことを同時に指摘されていました。

 環境データ不足は,地球物理学にとどまらず,あらゆる専門分野について言えると思います。地球規模環境保全への世論の高まりを追風に,問題解決へ向けての基礎研究が,日本にしっかりと根を張って定着することを願ってやみません。(T.I.)