ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
1989年11月30日

Chironomidae of Japan:checklist of species recorded, key to males and taxonomic notes
(日本及び東アジア産ユスリカ科のカタログと雄成虫の検索表)

国立環境研究所研究報告 R-125-'89

表紙
R-125-'89 [4.7MB]

 著者らの日本産ユスリカの分類、生態、分布、生物指標性の研究は国立公害研究所において昭和52年から開始され,その間多くの分類学的論文が公表されてきた。

 本報告書はこれまでに日本と東アジアで記載されたユスリカのカタログと検索表からなる。これまでに480種が記録され、その多くは著者と共同研究者によるものである。かつてわが国では,ユスリカは多くの調査・研究報告において,分類が困難なため一つのグループとして一括して扱われ,その生態的役割や環境の指標性については余り関心が払われていなかった。

 しかし今日では,ユスリカ類は水生昆虫の中でも分類が進んだグループとなり,水域の汚濁の生物指標として有効なことは,著者らもまた明らかにしている。この本が多くの研究者,調査の実務に携わる方々に利用されることにより,生物指標および湖沼の生態系研究の発展に役立つことを希望する。