小林隆弘
(理学博士)

Takahiro Kobayashi, Ph. D.


上席研究官
Deputy Director

       茨城県つくば市小野川16-2      Environmental Health Sciences Division
           国立環境研究所 環境健康研究領域    National Institute for Environmental Studies    
                                   16-2 Onogawa, Tsukuba, Ibaraki 305-8506,JAPAN               

Phone: +81-298-50-2353 Fax: +81-298-50-2353
E-mail:takakoba@nies.go.jp


筑波大学教授 (併任) 【連携大学院・人間総合科学研究科:博士課程】


研究概要

大気汚染物質が気道(鼻から肺までの空気の通る道)の持つ免疫を制御する機能にどのような影響をおよぼすか明らかにすることが研究の中で最も興味のあるところです。大気汚染物質に暴露されると気道のこの免疫を制御する機能が乱されることを示唆する結果が得られています。この乱れが喘息や花粉症の原因になる可能性について検討しています。


Research Interests

Major interest of my research is to clarify the effect of air pollutants on immuno-regulatory functions of airway cells. The results suggest that exposure to air pollutants could put this immuno-regulatory activity in the airway into disorder. Studies whether this diorder could cause allergic diseases, such as asthma and pollinosis, are in progress.


研究分野   環境毒性学

Discipline    Environmental Toxicology


ひとこと  研究に興味を持って下さった方々、一緒に仕事をしてみませんか!?

An invitation note   If you are interested in our research works, why don't you join us !?



論 文 リ ス ト