全国地図>>過去データ(平成19年度報告書)>>

熱中症患者速報タイトルロゴ

はじめに

第1部
19都市における熱中症発生状況

  1. ネットワーク参加都市および使用したデータ
  2. 地区別患者数
  3. 性別患者数
  4. 性別・年齢別区分別患者数
  5. 覚知時刻別患者数
  6. 重症度別患者数
  7. 発生場所別患者割合
  8. 日別患者発生数
  9. 日最高気温出現頻度
  10. 日最高気温と熱中症患者発生数

第2部
資料:都市別解析結果

はじめに

 国立環境研究所では、平成19年5月1日より9月30の間(札幌市、仙台市については平成19年7月1日より8月31日の間)、札幌市消防局、仙台市消防局、さいたま市消防局、千葉市消防局、東京消防庁、横浜市安全管理局、川崎市消防局、新潟市消防局、静岡市消防防災局、浜松市消防本部、名古屋市消防局、京都市消防局、大阪市消防局、堺市・高石市消防本部、神戸市消防局、広島市消防局、北九州市消防局、福岡市消防局、草津市のご協力を得て、最新の熱中症患者発生状況を、気象庁(HP)よりご提供された気象デ−タ(日最高気温)と併せて、ホームページから提供してまいりました。

 本報告では、平成19年5月から9月にわたって報告された、救急搬送熱中症患者について集計・解析を行った結果を紹介しています。第1部には19都市全般に関するとりまとめ結果を示した。また、第2部として、都市ごとの詳細な集計・解析結果を資料として収載した。
本報告書が各都市の救急活動の一助になれば幸いです。また、市民への熱中症予防に対する啓発に役立てられることを期待しております。

 最後に、多忙な業務の間、長期間あたり情報提供にご協力いただきました関係各位に深く感謝申し上げます。

 

平成20年2月
国立環境研究所
小野 雅司