全国地図>>過去データ(平成20年度報告書)>>

熱中症患者速報タイトルロゴ

はじめに

第1部
20都市における熱中症発生状況

  1. ネットワーク参加都市および使用したデータ
  2. 地区別患者数
  3. 性別患者数
  4. 性別・年齢区分別患者数
  5. 覚知時刻別患者数
  6. 重症度別患者数
  7. 発生場所別患者数割合
  8. 日別患者発生数
  9. 日最高気温出現頻度
  10. 日最高気温と熱中症患者発生数

第2部
資料:都市別解析結果

2.地区別患者数

  平成20年5月1日から9月30日(札幌市、仙台市は7月1日から8月31日、沖縄県は6月1日から9月30日)の間、各地区で救急車によって搬送された熱中症患者(沖縄県については定点医療機関受診患者)は、札幌市39名、仙台市67名、さいたま市219名、千葉市167名、東京都特別区648名、東京都下市町村324名、横浜市346名、川崎市179名、新潟市95名、静岡市81名、浜松市134名、名古屋市268名、京都市379名、大阪市413名、堺市・高石市154名、神戸市253名、広島市213名、北九州市225名、福岡市253名、沖縄県444名、草津市33名、計4934名(表1)であった。

 月別患者数についてみると、全地区合計でみると、7月が52.5%で最も多く、ついで8月が37.5%であった。また、平成19年度と比較すると、全地区合計では764名(13.4%)少なく、地区別にみても千葉市、川崎市、浜松市、名古屋市、大阪市、北九州市、草津市を除き、前年度より患者は減少した。

表1 地区別・月別患者数

5月6月7月8月9月総計(H19)
札幌市--1722-39(95)
仙台市--3631-67(115)
さいたま市161119011219(350)
千葉市12827210167(164)
東京都特別区81131128137648(879)
東京都下市町村41015713716324(389)
横浜市6315816514346(398)
川崎市11907710179(166)
新潟525326995(119)
静岡113241681(158)
浜松4766516134(115)
名古屋市64158919268(231)
京都市332411239379(407)
大阪市3623416010413(339)
堺・高石4.92517154(173)
神戸市471349711253(262)
広島市341266812213(267)
北九州市25151589225(205)
福岡市1010151739253(270)
沖縄県-9717012552444(576)
草津市11199333(20)
総計671802,5891,8482504,934(5,698)
1.4%3.6%52.5%37.5%5.1%100.0%

図1 地区別・月別患者数(割合)
図1 地区別・月別患者数(割合)