全国地図>>過去データ(平成19年度報告書)>>

熱中症患者速報タイトルロゴ

はじめに

第1部
19都市における熱中症発生状況

  1. ネットワーク参加都市および使用したデータ
  2. 地区別患者数
  3. 性別患者数
  4. 性別・年齢別区分別患者数
  5. 覚知時刻別患者数
  6. 重症度別患者数
  7. 発生場所別患者割合
  8. 日別患者発生数
  9. 日最高気温出現頻度
  10. 日最高気温と熱中症患者発生数

第2部
資料:都市別解析結果

都市別解析結果 【横浜市】

表1 性別・月別患者数

  男  女   総計 
5月 1 0 1
6月 15 2 17
7月 24 5 29
8月 248 76 324
9月 21 6 27
総計 309 89 398

表2 性別・年齢階級別患者数

  男  女   総計 
0-6 1 1 2
7-18 42 14 56
19-39 93 11 104
40-64 91 13 104
65- 82 50 132
総計 309 89 398

図1 性別患者数(割合)
図1 性別患者数(割合)

図2 性別・年齢階級別患者数(割合)
図2 性別・年齢階級別患者数(割合)

Topへ戻る

表3 区別患者数

区名 患者数 率(人口100万対)
鶴見区 35 131.4
神奈川区 28 125.7
西区 12 140.9
中区 21 148.1
南区 19 96.8
港南区 13 58.7
保土ケ谷区 16 78.4
旭区 31 124.8
磯子区 14 85.6
金沢区 16 75.5
港北区 35 110.4
緑区 23 133.3
青葉区 34 113.8
都筑区 20 108.7
戸塚区 32 119.4
栄区 10 80.4
泉区 23 149.9
瀬谷区 16 126.0
総計 398 110.3

Topへ戻る

図3 区別患者数(左:患者数、右:人口100万対)
図3 区別患者数(患者数) 図3 区別患者数(人口100万対)

Topへ戻る

図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 0-18歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 18-39歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 40-64歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 65歳以上

Topへ戻る

表4 年齢階級別・重症度別患者数

軽症 中等症 重症 重篤 総計
0-6 2       2
7-18 42 11 3   56
19-39 81 21 2   104
40-64 81 21 1 1 104
65- 53 66 6 7 132
総計 259 119 12 8 398

図5 年齢階級別・重症度別患者数割合
図5 年齢階級別・重症度別患者数割合

Topへ戻る

表5 発生場所別患者数

0-6 7-18 19-39 40-64 65- 総計
運動   43 22 7 7 79
居室     8 7 60 75
公衆場所 1 4 9 6 4 24
公園・広場       2 3 5
学校   1       1
屋外作業   2 33 57 16 108
屋内作業   2 19 13 1 35
屋外   2   1 4 7
歩行・道路・駐車場   2 11 11 35 59
車内 1   2   2 5
総計 2 56 104 104 132 398

図6 年齢階級別・発生場所別患者数割合
図6 年齢階級別・発生場所別患者数割合

Topへ戻る

図7 日別患者発生数(その1)
図7 日別患者発生数(その1)2000年
図7 日別患者発生数(その1)2001年
図7 日別患者発生数(その1)2002年
図7 日別患者発生数(その1)2003年

図7 日別患者発生数(その2)
図7 日別患者発生数(その2)2004年
図7 日別患者発生数(その2)2005年
図7 日別患者発生数(その2)2006年
図7 日別患者発生数(その2)2007年

Topへ戻る

図8 累積患者発生数
図8 累積患者発生数

図9 日最高気温別患者発生数(1日当たり)
図9 日最高気温別患者発生数(1日当たり)

Topへ戻る

図10 日最高気温別出現頻度、患者数
図10日最高気温別出現頻度、患者数 2000年 図10日最高気温別出現頻度、患者数 2001年
図10日最高気温別出現頻度、患者数 2002年 図10日最高気温別出現頻度、患者数 2003年
図10日最高気温別出現頻度、患者数 2004年 図10日最高気温別出現頻度、患者数 2005年
図10日最高気温別出現頻度、患者数 2006年 図10日最高気温別出現頻度、患者数 2007年

左軸:日数(日)・発生率(人/日) 右軸:患者数(人)

Topへ戻る