全国地図>>過去データ(平成19年度報告書)>>

熱中症患者速報タイトルロゴ

はじめに

第1部
19都市における熱中症発生状況

  1. ネットワーク参加都市および使用したデータ
  2. 地区別患者数
  3. 性別患者数
  4. 性別・年齢別区分別患者数
  5. 覚知時刻別患者数
  6. 重症度別患者数
  7. 発生場所別患者割合
  8. 日別患者発生数
  9. 日最高気温出現頻度
  10. 日最高気温と熱中症患者発生数

第2部
資料:都市別解析結果

5.覚知時刻別患者数

図4に全地区合計の年齢階級別・覚知時刻別患者数割合を示した。年齢により覚知時刻に違いが見られ、65歳以上では10時〜16時台を中心に日中に集中して発生しているのに対して、19〜39歳、40〜64歳ではそれよりも少し遅い15時台前後の発生が多く見られた。7〜18歳は11時台のピークと12時亜から16時にかけての発生が多く見られ、学校(運動中を含む)での発生が原因と考えられた。0〜6歳は症例数が少なく、はっきりした傾向は見られないが、日中広い時間帯にわたって発生が見られた。

図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 −全地区合計−

図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 0-6歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 7-18歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 19-39歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 40-64歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 65歳以上

Topへ戻る