全国地図>>過去データ(平成18年度報告書)>>

熱中症患者速報タイトルロゴ

はじめに

第1部
15都市における熱中症発生状況

  1. ネットワーク
  2. 地区別患者数
  3. 性別患者数
  4. 性別・年齢別区分別患者数
  5. 覚知時刻別患者数
  6. 重症度別患者数
  7. 発生場所別患者数
  8. 日別患者発生数
  9. 日最高気温出現頻度
  10. 日最高気温と熱中症患者発生数

第2部
資料:都市別解析結果

4.性別・年齢区分別患者数

 表3、図3に、男女別に年齢区分(0〜6歳、7〜18歳、19〜39歳、40〜64歳、65歳以上の5区分とした)別の患者数を示した。男性では19〜39歳、
40〜 64歳が比較的多く、全体では、それぞれ27.7%、33.5%で両者で全患者の60%を超えていた。また、65歳以上は23.7%であった。女性では65歳以上が最も多く、札幌市、さいたま市、名古屋市、北九州市では全患者の半数以上を占めており、全体でも42.5%であった。

 一方、7〜18歳の占める割合は男性では14.5%、女性では22.6%であり、また地域差も比較的大きく、女性では、仙台市、千葉市、横浜市、広島市など全患者の30%を越える地域から、さいたま市や名古屋市の10%台までとなっており、学校などでの集団患者発生などが関係していると考えられる。未就学児(0〜6歳)は全地区で25名と少なく、救急車による搬送は極めて限定されたものと考えられた。

表3 地区別・性別・年齢階級別患者数
男性
0-6 7-18 19-39 40-64 65+ 総数
札幌市 2 6 9 8 15 40
仙台市 1 4 5 7 6 23
さいたま市   13 35 49 23 120
千葉市   13 22 46 40 121
東京特別区   23 91 100 55 269
東京都下市町村 1 33 48 61 33 176
横浜市 1 31 52 55 39 178
川崎市   14 19 29 11 73
名古屋市 1 7 24 46 38 116
京都市 1 18 45 33 40 137
大阪市 3 27 43 67 33 173
神戸市 2 18 35 26 41 122
広島市 2 28 43 28 28 129
北九州市   20 35 51 30 136
福岡市   39 55 72 46 212
草津市 7 5 2 1 15
総数 14 294 561 678 478 2025
  0.7% 14.5% 27.7% 33.5% 23.6% 100.0%

女性
0-6 7-18 19-39 40-64 65+ 総数
札幌市 1 3 3 6 15 28
仙台市   7 3 1 3 14
さいたま市   16 7 8 13 44
千葉市   5 7 7 33 52
東京特別区 1 29 25 12 38 105
東京都下市町村 3 12 9 7 17 48
横浜市 2 16 9 6 15 48
川崎市   5 2 4 6 17
名古屋市   5 6 9 26 46
京都市   20 14 7 33 74
大阪市 1 9 17 11 29 67
神戸市 1 10 9 8 27 55
広島市 1 18 9 9 13 50
北九州市 2 11 7 8 36 64
福岡市   12 17 14 25 68
草津市   1 1   1 3
総数 12 178 144 117 329 780
  1.5% 22.8% 18.5% 15.0% 42.2% 100.0%

Topへ戻る

図3 地区別・性別・年齢階級別患者数(割合)

図3 地区別・性別・年齢階級別患者数(割合)棒グラフ男性
図3 地区別・性別・年齢階級別患者数(割合)棒グラフ女性

Topへ戻る