ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究・活動内容-環境回復研究(PG1)

研究・活動内容

環境回復研究(PG1)

東京電力福島第一原子力発電所の事故により、放射性物質により汚染された被災地の環境をできるだけ速やかに回復することを目的として、放射性物質に汚染された廃棄物の適切な管理や処理・処分方法に関する「汚染廃棄物研究」と、環境中における放射性物質の計測・シミュレーションによる実態と動きの解明、ヒトへの被ばく量解析及び生物・生態系に対する影響評価に関する「環境動態・影響評価研究」を進めています。

a)現在(第4期中長期計画)の取り組み

放射能汚染廃棄物研究

研究目標

汚染廃棄物等の減容化・中間貯蔵技術等を確立します。

研究概要

中間貯蔵と県外最終処分に向けた減容化(廃棄物の量を減らすこと)技術の研究開発、指定廃棄物などの処理処分に係る技術的課題を解決のための研究開発を進めています。

環境動態・影響評価研究

研究目標

帰還地域の長期的環境影響評価と生活環境リスク管理手法を構築・適用します。

研究概要

環境中における放射性物質の動きの把握、帰還地域における長期的な環境影響評価、生活環境リスク管理手法の構築、生態系サービスを含めた生態系アセスメントなどを進めています。

b)これまでの取り組み

事故発生直後から、放射能汚染廃棄物研究と環境動態・影響評価研究(多媒体環境汚染研究)に取組んできました。

放射能汚染廃棄物研究

研究概要

放射性物質に汚染された廃棄物・土壌等について、処理プロセス(保管、減容化、再生利用、貯蔵、最終処分など)における技術・システムの開発や評価、処理施設の長期的管理や解体・廃止手法、測定分析・モニタリング技術などの調査研究を実施しました。

研究成果の活用など

研究で得られた科学的知見を環境省などに提供することにより、汚染廃棄物等の適正かつ円滑な処理の推進に貢献しました。例えば、汚染廃棄物の処理・処分に関する技術基準やガイドライン等の作成に、研究成果が活用されました。

環境動態・影響評価研究(多媒体環境汚染研究)

研究概要

放射性物質による環境汚染の実態と動態を把握し、将来予測するために、流域圏を対象として、環境動態計測と環境モデリングを統合した研究を実施しました。また、人への被ばく量推計や放射性物質による生物影響などの研究にも取組みました。

研究成果の活用など

国や自治体が実施する除染などの推進を科学的側面から支援してきました。例えば、流域圏における放射性セシウムの移動・集積実態に関する成果は、国による除染ガイドラインの作成などに使われました。