★施設一般公開日 平成15年4月17日(木) 10:00〜16:00
★来所者総数    454名 (多くの皆様のご来所、ありがとうございました)
環境ホルモン総合研究棟では、環境ホルモンの検出に使用する実験動物の紹介、環境ホルモンの影響を識別するための試験法に関する研究などを紹介しました。

環境ホルモン総合研究棟
環境ホルモン総合研究棟

影響試験に用いるメダカやゼブラフィッシュは

アフリカツメガエルの オタマジャクシ
影響試験に用いるメダカやゼブラフィッシュは 厳密な管理条件の下で飼育されます。
アフリカツメガエルの オタマジャクシ
(環境ホルモンの影響を評価するのに適しています。)
影響試験に用いるメダカやゼブラフィッシュは 厳密な管理条件の下で飼育されます。
ミジンコを使用した影響試験の説明
ミジンコを使用した影響試験の説明