施設公開の結果
平成14年度環境月間 施設一般公開の結果について(ご報告:その3)

公開日時    平成14年6月8日(土) 10:00〜16:00

来所者総数   496名(多くの皆様のご来所ありがとうございました)

施設公開の様子 

天気にも恵まれ、所内の多くの研究施設を見学いただくことができました。平素は、一般見学をお受けできないこともありますので、今度とも、是非一般公開の機会をご利用下さい。引き続き当研究所の活動にご理解とご支援をお願いします。     

タンデム加速器分析施設
タンデム加速器分析施設 タンデム加速器分析施設
放射性同位体炭素14を高感度で分析できるため、環境問題解明にも大きな役割を果たします。例えば、石油や石炭が燃焼して発生した二酸化炭素か、ゴミを燃やして発生した二酸化炭素かを見分けることもできます。 とても大きな装置であり、1フレームには撮影できません。これは装置の一部です。
大気拡散風洞
大気拡散風洞
大気拡散風洞
大型大気拡散風洞では、実際の都市の模型(右側写真のように風洞内に設置します)を用いて、複雑な地形の周辺の風の流れと汚染物質の拡散現象を解析することができます。今回の施設公開では、風洞本体と模型それぞれを見ていただきました。

その4へ続く

連絡先 国立環境研究所 総務部総務課 TEL 0298-50-2318(直)
先頭へ