ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

講演および展示や見学ツアー・体験イベントなどの詳細

講演会のご案内

河川中の農薬濃度を予測する
10:30~11:00
中会議室
今泉 圭隆 写真:今泉圭隆
農薬を含め化学物質はそれぞれ目的があって使用されて います。その中には未知の悪影響を及ぼす物質も存在するかもしれません。対策としては、まずは現状を把握することが重要になります。今回は、多数の除草剤 について日本全国の河川中濃度を予測する方法と、その予測がどの程度正しいのか調査した結果をご紹介します。
 
森の呼吸の測り方
11:15~11:45
中会議室
三枝 信子 写真:三枝 信子
地球全体での二酸化炭素収支の実態を解明するためには、植物による二酸化炭素の吸収量を正確に測ることが必要ですが、実際の観測はどのように行われるのでしょうか。国立環境研究所が実施している森林生態系のモニタリングについて説明します。
 
地球温暖化問題に関する国際交渉
12:15~12:45
中会議室
亀山 康子 写真:亀山 康子
COP17などの国際会議では、各国が熾烈な交渉を行っています。それでは日本の主張は誰がどのような手順で決めているのでしょうか。地球温暖化問題に関する国際交渉にわたしたち個人がどのように関心を持てばよいのかも含めて解説します。
 
東日本大震災被災地における環境調査の報告~津波の影響、復興の影響~
13:00~13:30
中会議室
中島 大介 写真:中島大介
国立環境研究所では、宮城県からの要請を受け、避難所等の室内・屋外空気の調査を実施しています。また震災廃棄物の及ぼす生態系への影響についても調べています。これまでに得られた結果を紹介するとともに、震災から1年が経った現地の様子を報告します。
 
省エネ製品への買い替え判断 ~LCAという考え方~
13:45~14:15
中会議室
田崎 智宏 写真:田崎智宏
冷蔵庫などの家電機器はどんどん省エネ効率がよくなっています。環境にやさしい買い替えのタイミングはどのように判断したらいいのでしょうか。ここではライフサイクルアセスメント(LCA)という考え方をご紹介します。
 
胎児期の化学物質曝露が生涯に及ぼす影響のメカニズム
14:30~15:00
中会議室
野原 恵子 野原恵子
私たちをとりまく環境中には多数の化学物質が存在して おり、胎児期はそれらの化学物質に対する感受性が高い時期と考えられています。胎児期に化学物質に遭遇した影響が成長後に現れることが報告され、その機序 の研究が進められています。本講演会では、ヒ素の話題を中心に、化学物質の胎児期曝露の作用機序をご紹介します。
 

展示物のご案内

大山記念ホール ポスター展示:環境中の有害化学物質が脳と行動に及ぼす影響をどのように調べているか?
胎児・新生児期に環境中の有害化学物質に曝露されることで、後発的に健康に悪影響が現われる可能性が懸念さ れており、どのような化学物質がどんな仕組みで悪影響を及ぼすのか評価することが求められています。このポスター展示では、化学物質の脳と行動への影響を 実験的に評価する手法の紹介を行います。
ポスター展示:子どもの健康と環境とのかかわり
子どもの健康と健康に関する全国調査(エコチル)の進捗について、ポスター等で紹介します。
河川中の農薬濃度を予測する
水田除草剤プレチラクロールの河川中予測濃度マップの写真

講演会で紹介した研究内容に関してポスターとノートパソコンを利用した講演者が説明します。 コンピュータを操作して実際に予測結果を見て頂きます。

国立環境研究所における東日本大震災後の復旧・復興貢献活動について
東日本大震災のがれき撤去の写真

未曾有の被害をもたらした東日本大震災後の被災地などで国立環境研究所が取り組んできた復旧・復興貢献活動について、ご報告いたします。

インターネットDE環境学習
インターネットDE環境学習のようすの写真

環境情報部は、環境問題に関する様々な研究成果を広く収集し、これらの情報をインターネットを通じて提供しています。一般の方に、環境についての知識を深めていただくために、ホームページを実際に閲覧しながらコンテンツの紹介を行います。

刊行物の展示&配布
研究所の活動状況や、研究成果等をとりまとめた刊行物の展示・配布や、公開シンポジウムのDVDの配布を行います。
地球温暖化研究棟 宇宙や空から温室効果ガスを測る
宇宙や空から温室効果ガスを測る-説明のようすの写真地球温暖化という現象をとらえるためには、大気中の温室効果ガスを正確に観測しなければなりません。温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)や民間航空機を利用した温室効果ガスの観測方法についてご紹介します。
サンゴが教える海の温暖化
サンゴの海の写真 地球温暖化の環境に対する影響を正確に把握するため、国立環境研究所では温暖化影響のモニタリングを開始しました。ここでは、サンゴなどの海洋生物に着目した温暖化影響モニタリングの調査機器を展示し、実際の調査方法についてご紹介します。

 

森の呼吸を測る
森のようすの写真植物の呼吸や光合成に関する実験と、富士北麓の森林観測現場の中継を行います。また、温室効果ガス濃度を測定する観測測器をご覧いただき、測定方法や得られたデータについて説明します。
節電で減らせる!CO2
節電で減らせる!CO2の写真私たち日本人が他の国と比べてどのくらいCO2を排出しているか、立体的に表示してみました。また、家電の買い替え時は、節電とともに家庭からのCO2排出量を減らすチャンスです。どのくらい減らせるか、わかりやすく展示します。

体験イベントのご案内

企画名称 企画内容 開催場所
所内見学ツアー
(11:00~11:45)
(13:00~13:45)
(14:00~14:45)
普段見ることの出来ない研究施設をガイドと担当研究者がご案内します。見学箇所は、低公害車実験施設(研究施設説明)、循環・廃棄物研究棟(研究施設説明)、環境試料タイムカプセル棟(研究施設説明)の3箇所です。
※各回先着20名様まで
※受付にて整理券を配付、各回開始5分前に受付集合
受付前集合
電動自転車の
展示・試乗
タイプの異なる電動自転車を展示。それぞれ試乗して違いを実感していただきます。 第三駐車場
セグウェイ試乗会 つくばロボット特区でも話題の乗り物・セグウェイの試乗会を行います。
※毎時一時間前の00分にイベント会場において整理券を配付。
・16才以上、概ね70才くらいまで
・45kg以上118kg未満
・妊娠中の方、酒気帯びの方はご遠慮ください
・ハイヒール不可
・ヘルメットを着用していただきます
自転車DE発電 自転車をこいで発電し、家電製品を動かすことにより、エネルギーとCO2の関係を実感していただきます。 地球温暖化研究棟
(1階ロビー)

体験イベントイメージイラスト