ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

UNFCCC COP18/CMP8 国立環境研究所の取り組み

 2012年11月26日(月)から12月7日(金)まで、カタール・ドーハにおいて、気候変動枠組条約第18回締約国会議、及び京都議定書第8回締約国会合(COP18/CMP8)が開催されました。

 COP18/CMP8における国立環境研究所の取り組みや、現地からのレポート等についてご紹介します。

現地活動レポート

COP18/CMP8会場での活動状況を現場から報告しています。

会議レポート

社会環境システム研究センター 久保田泉主任研究員による会議レポートです。

※全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)ウェブサイトより転載

サイドイベント情報

  • LCS-RNet(低炭素社会国際研究ネットワーク)サイドイベント 「Achieving Low Carbon Societies - Common Challenges」(11月27日開催)に、社会環境システム研究センター 甲斐沼美紀子フェローが発表しました。 (詳細は下記)

その他の関連した情報

1)NDRC-ADBジョイント・セッション 「Low Carbon Development Challenges in Small- and Medium-Sized」(12月1日、中国パビリオン)にて、社会環境システム研究センター 甲斐沼美紀子フェローがパネルセッションにて発表しました。

2)Emissions Gap Report 2012 がCOP18のサイドイベント「The Emissions gap, Its Implications and Policy Solutions」(12月4日)で紹介されました。本レポートに、社会環境システム研究センター花岡達也主任研究員が執筆者として、甲斐沼フェローが査読者として貢献しました。GAPレポートは下記から取得可能です。