環境リスク研究センター賞:「将来のこども達に生きてほしい環境」

石川県金沢市/伴愛恵さん

受賞者より

これから私が大人になって自分のとりまく環境が穏やかで、楽しく暮らせること、そして動物にとっても自然豊かな環境が損なわれることなく生きてゆけることを心から願っています。この度は入選のご案内ありがとうございました。

作品の紹介文

近頃ニュースで熊が人間の住む町に出没するということを聞きます。それは、熊が住み良い山がない、食べ物がない、熊も人間が怖いはず。でも食べ物がないために人間のエリアに立ち入ってしまう。人間には人間の住みよい環境、熊には熊の住みよい環境があり、人間も熊も穏やかに生きて行くには青い空、綺麗な水、緑が茂る国に、将来のこども達にはこんな環境で生きてほしいと私は考えます。

環境リスク研究センター長より

人間も動物も、共に生きやすい世の中を創っていくことはとても大事なことです。その思いがよく伝わる絵だと思います。そのような世の中になるように皆で努めていきましょう。

入賞作品一覧ページへ