ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

成果発表(誌上) 平成16年度(2004)

新着順

  • 発表者 : Liang N.(梁乃申), Hirano T., Qu L., Koike T., Fujinuma Y.(藤沼康実), Inoue G.(井上元)
    掲載誌 : Agricultural and Forest Meteorology, 123:97-117 (2004)
  • 発表者 : Takazawa Y.(高澤嘉一), Verdugo R., Richter P., Kitamura K.(北村公義), Choi J.(崔宰源), Hashimoto S.(橋本俊次), Ito H.(伊藤裕康), Shibata Y.(柴田康行), Morita M.(森田昌敏)
    掲載誌 : Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology, 73(3):543-550 (2004)
  • 発表者 : Khosrawi F., Mueller R., Irie H., Engel A., Toon G.C., Sen B., Aoki S., Nakazawa T., Traub W.A., Johnson D.G., Oelhaf H., Wetzel G., Sugita T.(杉田考史), Kanzawa H., Yokota T.(横田達也), Nakajima H.(中島英彰), Sasano Y.(笹野泰弘)
    掲載誌 : Journal of Geophysical Research, 109(D06311): (2004)
  • 査読付き 原著論文
    Glycosylation of bisphenol A by tobacco BY-2 cells.
    発表者 : Nakajima N.(中嶋信美)
    掲載誌 : Phytochemistry, 65:1383-1387 (2004)
  • その他
    Isolatlon of Four RAD23 Genes from Arabldopsis thaliana and Detection of Alternative Splicing Variants.
    発表者 : Ishikawa Y., Endo M., Abe K., Osakabe K., Nakajima N.(中嶋信美), Saji H.(佐治光), Ito Y., Ichikawa H., Kameya T., Toki S.
    掲載誌 : Plant Biotechnology, 21(1):65-71 (2004)
  • 発表者 : 佐藤圭, 李紅, 畠山史郎, 今村隆史
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集, 261-264 (2004)
  • 査読付き 原著論文
    Chemical composition of fine aerosols measured in East China Sea
    発表者 : Takami A.(高見昭憲), Miyoshi T.(三好猛雄), Shimono A., Hatakeyama S.(畠山史郎)
    掲載誌 : Conf.Proc.10th APCChE Congr. (2004)
  • Ground observation of gas and aerosols in China and East Asia
    発表者 : Takami A.(高見昭憲), Wang W., Tang D., Hatakeyama S.(畠山史郎)
    掲載誌 : Nucleation and Atmospheric Aerosols 2004, 715-718 (2004)
  • Aerosol size and composition measurements in Fuke Island using an aerosol mass spectrometer
    発表者 : Miyoshi T.(三好猛雄), Takami A.(高見昭憲), Shimono A., Hatakeyama S.(畠山史郎)
    掲載誌 : Nucleation and Atmospheric Aerosols 2004, 827-830 (2004)
  • 書籍
    5.化学反応 不均一反応
    発表者 : 高見昭憲
    掲載誌 : エアロゾル用語集, 70-71  (2004)
  • その他
    100nm以下の大気エアロゾル粒子のオンライン化学組成分析技術
    発表者 : Sakurai H.(桜井博), Takami A.(高見昭憲)
    掲載誌 : エアロゾル研究, J.Aerosol Res., 19(1):14-20 (2004)
  • 発表者 : Hatakeyama S.(畠山史郎), Takami A.(高見昭憲), SAKAMAKI S. (酒巻史郎), Mukai H.(向井人史), Sugimoto N.(杉本伸夫), Shimizu A.(清水厚), Bandow H.
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109:D13304 (2004)
  • 書籍
    3-7 植物の環境ストレス耐性
    発表者 : 青野光子
    掲載誌 : 図解 バイオ活用技術のすべて, 78-81 (2004)
  • 発表者 : Zeng J.(曾継業), Fujinuma Y.(藤沼康実)
    掲載誌 : EOS, 85(46):482 (2004)
  • 査読付き 原著論文
    Characteristic of concentration and composition of heavy metals in seawater, sediment and macroalgae, Ulva sp, in Yatsu tidal flat in Tokyo Bay, Japan
    発表者 : Tatsumoto H., Ishii Y., Machida M., Aikawa M., Fujimura Y., Yabe T.(矢部徹), Taki K.
    掲載誌 : Jpn.J.Water Treat.Biol., 40(4):125-135 (2004)
  • 第2編 環境動態 1.3 大気汚染数値モデリング
    発表者 : 大原利眞
    掲載誌 : 環境工学公式・モデル・数値集, 256-264 (2004)
  • 環境モデル 大気エアロゾルのモデル研究
    発表者 : 大原利眞
    掲載誌 : エアロゾル用語集, 252-253 (2004)
  • 査読付き 原著論文
    東アジアにおける炭素粒子動態のモデル解析
    発表者 : Tanimoto N.(谷本直隆), Ohara T.(大原利眞), Uno I..(鵜野伊津志), Sugata S.(菅田誠治), Uematsu M.(植松光夫)
    掲載誌 : 大気環境学会誌, J.Jpn.Soc.Atmos.Environ., 39(5):229-245 (2004)
  • 発表者 : Yamaji K., Ohara T.(大原利眞), Akimoto H.
    掲載誌 : Atmos.Environ., 38(40):7111-7121 (2004)
  • 査読付き 原著論文
    An urban evaluation method for the realization of sustainable compact cities
    発表者 : Hijioka Y.(肱岡靖明), Harasawa H.(原澤英夫), Kawai S., Mitsuoka Y., Nakano R.
    掲載誌 : J.Global Environ.Eng., 10:93-112 (2004)
  • Approaches to reducing the local high concentration mainly due to diesel vehicles along heavy-trafficked urban road mays
    発表者 : 若松伸司, 内山政弘, 田村憲治, 須賀伸介
    掲載誌 : Environmental Researches in Japan,2002, 202-204 (2004)
  • 埋立地と埋立跡地における安定化のモニタリング
    発表者 : 山田正人
    掲載誌 : 新政策, 18(10):50-53 (2004)
  • 廃棄物処理活動と温室効果ガス
    発表者 : 山田正人
    掲載誌 : 都市清掃, 57:114-119 (2004)
  • The feasibility of a biotest battery applicability to construct an early warning system for leachate from solid wastes and recycled materials
    発表者 :
    掲載誌 : Improvement of Forest Resources for Recyclable Forest Products, 173-176 (2004)
  • Dry deposition of atmospheric aerosols and its impact to atmospheric environment
    発表者 : 内山政弘
    掲載誌 : Atmospheric Environmental Impacts of Aerosols in East Asia Reseach Report 2002, 53-56 (2004)
  • 人・情報・モノの流れと循環型社会
    発表者 : 森口祐一
    掲載誌 : アイソムズ, 101:48-49 (2004)
  • Spatial and temporal distributions of gammaridean species (Amphipoda: Crustacea) in a nearshore zone of Mombetsu, the coast of the Sea of Okhotsk
    発表者 : 樋渡武彦, 木幡邦男
    掲載誌 : Proc.19th Int.Symp.Okhotsk Sea & Sea Ice, 19:136-141 (2004)
  • ディーゼル車排出ガスを主因とした局地汚染の改善に関する研究
    発表者 : 若松伸司, 松本幸雄, 上原清, 福山力, 内山政弘, 田村憲司, 須賀伸介, 小渕存, 大井明彦, 近藤裕昭
    掲載誌 : 平成14年度環境保全研究成果集(III), (85-1)-(85-22) (2004)
  • Effects of nonylphenol and phytoestrogen-enriched diet on plasma vitellogenin, steroid hormone, hepatic cytochrome P450 1A, and glutathione-s-transferase values in goldfish(Carassius auratus)
    発表者 : 鑪迫典久
    掲載誌 : Comp.Med., 54(1):54-62 (2004)
  • 10年後の環境問題-大局を読む
    発表者 : 西岡秀三
    掲載誌 : 環境と測定技術, 31(3):65-69 (2004)
  • The degradability of biodegradable plastics in aerobic and anaerobic waste landfill model reactors
    発表者 :
    掲載誌 : Chemosphere, 54:225-233 (2004)
  • 産業廃棄物処理施設と不法投棄の空間分布特性-関東圏を対象として-
    発表者 : 秋山貴, 大迫政浩, 松井康弘, 原科幸彦
    掲載誌 : 廃棄物学会論文誌, 15(2):45-53 (2004)
  • Permeation of atmospheric gases through polymer O-rings used in flasks for air sampling
    発表者 : Sturm P.(*1), Leuenberger M.(*1), Sirignano C.(*2), Neubert R.E.M.(*2), Meijer H.A.J.(*2), Langenfelds R.(*3), Brand,W.A.(*4), Tohjima Y.(遠嶋康徳)
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D4):D04309-1-D04309-9 (2004)
  • 風洞実験からみた自動車排ガス対策
    発表者 : 上原清
    掲載誌 : 環境技術, 33:226-231 (2004)
  • Colony formation in planktonic algae induced by zooplankton culture media filtrate
    発表者 : 高村典子
    掲載誌 : J.Freshwater Ecol., 19(1):9-16 (2004)
  • 液体クロマトグラフィー/質量分析法による水質試料中テトラブロモビスフェノールAの分析
    発表者 : 長谷川敦子, 鈴木茂
    掲載誌 : 環境化学, 14(1):73-79 (2004)
  • Ozone perturbations in the Arctic summer lower stratosphere as a reflection of NOx chemistry and planetary scale wave activity
    発表者 : Akiyoshi H.(秋吉英治), Sugita T.(杉田考史), Kanzawa H.(神沢博), Kawamoto,N.(*1)
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D03):D03304-1-D03304-9 (2004)
  • Optimization of a method for determining dioxin in whole blood samples based on solvent extraction and simplified clean up
    発表者 : 伊藤裕康, 高澤嘉一, Hashimoto S.(橋本俊次)
    掲載誌 : Analyst, 129:315-322 (2004)
  • 廃棄物最終処分場の再生技術の現状と課題
    発表者 : 井上雄三
    掲載誌 : 環境技術, 33(2):109-111 (2004)
  • Effects of working and residential location areas on air pollution related respiratory symptoms in policemen and their wives in Bangkok, Thailand
    発表者 : Karita K.(*1), Yano E.(*1), Tamura K.(田村憲治), Jinsart W.(*2)
    掲載誌 : Eur.J.Public Health, 14:24-26 (2004)
  • Measurements of sulfur dioxide,ozone and ammonia concentrations in Asis,Africa,and South America using passive samplers
    発表者 : Carmichael,G.R.(*1), Ferm,M.(*2), Thongboonchoo,N.(*1), Woo,J-H.(*1), Chan,L.Y.(*3), Murano,K.(村野健太郎), Viet,P.H.(*4), Mossberg,C.(*5), Bala,R.(*6), Boonjawat,J.(*7)
    掲載誌 : Atmos.Environ., 37:1293-1308 (2004)
  • 食品工場排水に適用可能なラグーンシステム(2)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (82):58-59 (2004)
  • 第4章 ごみ問題と環境リスク
    発表者 : 川本克也
    掲載誌 : 新版ごみ読本, 175-213 (2004)
  • -
    発表者 : 川本克也
    掲載誌 : ごみの百科事典 (2004)
  • メッシュろ過法による汚泥濃縮
    発表者 : 朴珉壽, 木曽祥秋, 島瀬正博, 北尾高嶺, 山田俊郎, 西村和之
    掲載誌 : 浄化槽研究, 16(2):1-8 (2004)
  • 11章 地球環境問題は解決できるか
    発表者 : 浦野紘平, 蒲生雅志, 北野大, 五箇公一, 中杉修身, 藤江幸一, 前田正史, 村松寛一, 安井至
    掲載誌 : 環境科学 人間と地球の調和をめざして, 165-186 (2004)
  • 7章 事業者による自主管理で環境は守れるか
    発表者 : 浦野紘平, 蒲生雅志, 北野大, 五箇公一, 中杉修身, 藤江幸一, 前田正史, 村松寛一, 安井至
    掲載誌 : 環境科学 人間と地球の調和をめざして, 102-117 (2004)
  • 6章 環境の負の遺産は修復できるか
    発表者 : 浦野紘平, 蒲生昌志, 北野大, 五箇公一, 中杉修身, 藤江幸一, 前田正史, 村松寛一, 安井至
    掲載誌 : 環境科学 人間と地球の調和をめざして, 86-101 (2004)
  • EU
    発表者 : 大塚直(*1), 久保田泉
    掲載誌 : 地球温暖化をめぐる法政策, 235-245 (2004)
  • イギリス
    発表者 : 大塚直, 久保田泉
    掲載誌 : 地球温暖化をめぐる法政策, 181-194 (2004)
  • Subchronic exposure to arsenic through drinking water alters expression of cancer-related genes in rat liver
    発表者 : 平野靖史郎, 山元恵
    掲載誌 : Toxicol.Pathol., 32:64-72 (2004)
  • Effects of phytoestrogens and environmental estrogens on osteoblastic differentiation in MC3T3-E1 cells
    発表者 : Kanno S(菅野さな枝), Hirano S.(平野靖史郎), Kayama F.(*1)
    掲載誌 : Toxicology, 196:137-145 (2004)
  • The decline and fate of an iron-induced subarctic phytoplankton bloom
    発表者 : Boyd P.W.(*1), Law C.S.(*2), Wong C.S.(*3), Nojiri Y.(野尻幸宏), Tsuda A.(*4), Levasseur M.(*5), Takeda S.(*4), Rivkin R.(*6), Harrison P.J.(*7), Strzepek R.(*1)
    掲載誌 : Nature, 428:549-553 (2004)
  • ペルー北高地の形成期における食性の復元-炭素・窒素同位体分析による考察-
    発表者 : 関雄二, 米田穣
    掲載誌 : 国立民俗学博物館研究, 28(4):515-537 (2004)
  • 炭素・窒素同位体による古食性復元
    発表者 : 米田穣
    掲載誌 : 環境考古学ハンドブック, 411-418 (2004)
  • 廃棄物管理のLCA-その意義,研究事例,留意点
    発表者 : 橋本征二
    掲載誌 : 都市清掃, 57(258):137-142 (2004)
  • 物質フローから見た循環型社会
    発表者 : 橋本征二, 森口祐一
    掲載誌 : 化学工学, 67(5):256-258 (2004)
  • 防腐処理木材のライフサイクルアセスメント 木橋のケーススタディー
    発表者 : 橋本征二, 広池秀人, 山中勇司, 貫上佳則, 角田邦夫, 今村祐嗣, 小松幸平, 川井秀一
    掲載誌 : 土木学会論文集, (755/VII-30):45-56 (2004)
  • Six indicators of material cycles for describing society's metabolism-application to wood resources in Japan
    発表者 : Moriguchi Y.(森口祐一)
    掲載誌 : Resour.Conserv.Recycl., 40(3):201-223 (2004)
  • Proposal of six indicators of material cycles for describing society's metabolism-from the viewpoint of material flow analysis
    発表者 : Moriguchi Y.(森口祐一)
    掲載誌 : Resour.Conserv.Recycl., 40(3):185-200 (2004)
  • DNAマイクロアレイを用いた環境微生物群集の解析
    発表者 : 浦川秀敏
    掲載誌 : バイオサイエンスとインダストリー, 62(2):31-34 (2004)
  • 3.1 地球温暖化の影響問題
    発表者 : 原澤英夫
    掲載誌 : 環境気候学, 77-88 (2004)
  • 嘉倉貝塚出土人骨に関する食性復元と放射性炭素年代測定
    発表者 : 米田穣
    掲載誌 : 嘉倉貝塚 平成13・14年度重要遺跡範囲確認調査報告書, 16:72-78 (2004)
  • 第6節 アバクチ洞穴幼児人骨の年代分析と食性復元
    発表者 : 米田穣
    掲載誌 : 北上山地に日本更新世人類化石を探る, 98-102 (2004)
  • Isotopic evidence of inland-water fishing by a Jomon population excavated from the Boji site,Nagano,Japan
    発表者 : 森田昌敏, 柴田康行
    掲載誌 : J.Archaeol.Sci., 31:97-107 (2004)
  • Modern isotope climatology of Russia-a first assessment
    発表者 :
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D03102):D03102-1-D03102-15 (2004)
  • De novo formation characteristics of dioxins in the dry zone of an iron ore sintering bed
    発表者 : 川本克也
    掲載誌 : Chemosphere, 54:97-104 (2004)
  • PCB汚染土壌浄化におけるモニタリング手法の開発-国内初,PCB汚染土壌の浄化実証
    発表者 : 酒井伸一, 滝上英孝
    掲載誌 : 月刊地球環境, (4):98-99 (2004)
  • 西日本におけるオキシダント濃度の経年変動に関する研究
    発表者 : 藤原誠, 若松伸司
    掲載誌 : かんきょう, 29(3):42-43 (2004)
  • Phylogeography of white-spotted charr(Salvelinus leucomaenis) inferred from mitochondrial DNA sequences
    発表者 : Yamamoto S.(*1), Morita K.(*2), Kitano S.(*3), Watanabe K.(*4), Koizumi I.(*5), Maekawa K.(*5), Takamura K.(高村健二)
    掲載誌 : Zool.Sci., 21:229-240 (2004)
  • Study on estimation of original location of water sampled through inlet set on volunteer observing ship
    発表者 : Hinatsu M.(*1), Tsukada Y.(*1), Tomita H.(*1), Harashima A.(原島省)
    掲載誌 : J.Adv.Mar.Sci.Tech.Soci., 9(1):37-46 (2004)
  • Reducing bisphenol A contamination from analytical procedures to determine ultralow levels in environmental samples using automated HPLC microanalysis
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : Anal.Chem., 76(1):105-109 (2004)
  • Formation of dioxins from incineration of foods found in domestic garbage
    発表者 : Katami T.(*1), Yasuhara A.(安原昭夫), Shibamoto T.(*2)
    掲載誌 : Environ.Sci.Technol., 38:1062-1065 (2004)
  • ダイオキシン類の無害化技術の現状と今後の課題
    発表者 : 安原昭夫
    掲載誌 : 産業と環境, 33(3):32-34 (2004)
  • Exposure to ozone enhances antigen-presenting activity concentration dependently in rats
    発表者 : Koike E.(小池英子), Watanabe H.(*1), Kobayashi T.(小林隆弘)
    掲載誌 : Toxicology, 197(1):37-46 (2004)
  • Satellite estimation of photosynthetically active radiation in Southeast Asia-impacts of smoke and cloud cover
    発表者 : Kobayashi H.(*1), Matsunaga T.(松永恒雄), Hoyano A.(*1), Aoki M.(*2), Komori D.(*3), Boonyawat S.(*4)
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D04102):D04102-1-D04102-11 (2004)
  • サロマ湖におけるMODIS熱赤外データによる水温トレンドと解氷日の関係
    発表者 : 野中崇志, 松永恒雄, 梅干野晁
    掲載誌 : 水文・水資源学会誌, 17(3):- (2004)
  • A methyl viologen-resistant mutant of Arabidopsis,which is allelic to ozone-sensitive rcd1,is tolerant to supplemental ultraviolet-B irradiation
    発表者 : Fujibe T.(*1), Saji H.(佐治光), Arakawa K.(*2), Yabe N.(*3), Takeuchi Y.(*4), Yamamoto K.T.(*1)
    掲載誌 : Plant Physiol., 134:275-285 (2004)
  • MRIの原理とハードウェア
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : MRの最近の進歩と安全性(日本磁気共鳴医学会安全性評価委員会編,日本磁気共鳴医学会,97p.), 2-12 (2004)
  • Current status and ealry result of the ILAS-II onboard the ADEOS-II satellite
    発表者 : Nakajima H.(中島英彰), Sugita T.(杉田考史), Yokota T.(横田達也), Sasano Y.(笹野泰弘)
    掲載誌 : SPIE, 5234:36-46 (2004)
  • 環境の管理
    発表者 : 兜眞徳
    掲載誌 : シンプル衛生公衆衛生学 2004, 162-171 (2004)
  • 有害化学物質による海洋汚染とその観測
    発表者 : 功刀正行
    掲載誌 : 日本海水学会誌, 58(1):13-23 (2004)
  • Application of laser ablation ICP-MS for the analysis of the relative distribution of trace elements between the bark pockets and annual rings of a beech(Fagus sylvatica L.) tree
    発表者 :
    掲載誌 : Eurasian J.For.Res., 7(1):21-25 (2004)
  • Imaging liver development/remodeling in the see-through medaka fish
    発表者 : Hinton D.E.(*1), Wakamatsu Y.(*2), Ozato K.(*2), Kashiwada S.(柏田祥策)
    掲載誌 : Comp.Hepatol., 3(Suppl.1):30-34 (2004)
  • バードウォッチャーのための鳥類保全生物学入門第22回 回廊と保全のための群集生態学入門
    発表者 : 永田尚志
    掲載誌 : BIRDER, 18(2):77-79 (2004)
  • バードウォッチャーのための鳥類保全生物学入門第21回 地理生態学入門 鳥類保護区はどのようように配置したらよいのだろうか?
    発表者 : 永田尚志
    掲載誌 : BIRDER, 18(1):79-81 (2004)
  • 森林の分断化に弱い種,強い種
    発表者 : 永田尚志
    掲載誌 : 森の野鳥を楽しむ101のヒント, 148-149 (2004)
  • Ozone exposure enhances antigen-presenting activity of interstitial lung cells in rats
    発表者 : Koike E.(小池英子), Kobayashi T.(小林隆弘)
    掲載誌 : Toxicology, 196:217-227 (2004)
  • Congener-specific intake fractions for PCDDs/DFs and Co-PCBs: modeling and validation
    発表者 : Hirai Y.(平井康宏), Sakai S.(酒井伸一), Watanabe N.(*1), Takatsuki H.(*1)
    掲載誌 : Chemosphere, 54:1383-1400 (2004)
  • 送電線・電気製品など環境電磁曝露と小児白血病-国際動向と日本における研究-
    発表者 : 兜眞徳, 斎藤友博
    掲載誌 : 職業・環境がんの疫学 低レベル曝露でのリスク評価, 41-57 (2004)
  • Characteristics of water quality in the Changjiang River-observations between NIES and CWRC conducted in 1998 and 1999(Chinese)
    発表者 : Hayashi S.(林誠二), Xu K-Q.(徐開欽), Maki H.(牧秀明), Murakami S.(村上正吾)
    掲載誌 : Acta Geogra.Sin., 59(1):118-124 (2004)
  • 発表者 : 田崎智宏, 松井康弘, 川畑隆常, 大迫政浩, 高岸且, 盛田彰宏
    掲載誌 : 廃棄物学会論文誌, 15(1):1-10 (2004)
  • Formation of dioxins from incineration of fallen leaf
    発表者 : Katami T.(*1), Yasuhara A.(安原昭夫), Shibamoto T.(*2)
    掲載誌 : Bull.Environ.Contam.Toxicol., 72:114-118 (2004)
  • Detection limits of coral reef bleaching by satellite remote sensing-simulation and data analysis
    発表者 : Yamano H.(山野博哉), Tamura M.(田村正行)
    掲載誌 : Remote Sensing Environ., 90:86-103 (2004)
  • 水環境におけるフミン物質の特徴と役割
    発表者 : 今井章雄
    掲載誌 : 水環境学会誌, 27(2):76-81 (2004)
  • 環境技術で必要な物性
    発表者 : 倉持秀敏, 長浜邦雄
    掲載誌 : 分離技術, 34(1):46-49 (2004)
  • 夜間光衛星画像データDMSPによるアジアの地域別経済活動強度推定
    発表者 : 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 平成12〜13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1))研究成果報告書(一ノ瀬俊明代表著,(独)国立環境研究所,65p.) (2004)
  • Characteristics of lead isotope ratios and elemental concentrations in PM10 fraction of airborne particulate matter in Shanghai after the phase-out of leaded gasoline
    発表者 : Zheng J.,Tan M.(*1), Shibata Y.(柴田康行), Tanaka A.(田中敦), Li Y.(*1), Zhang G.(*1), Zhang Y.(*2), han Z.(*2)
    掲載誌 : Atmos.Environ., 38:1191-2000 (2004)
  • 中国・三峡ダム区域における水質汚濁の現状とその防止対策
    発表者 : 徐開欽, 張継群, 陳中原, 渡辺正孝
    掲載誌 : 資源環境対策, 40(2):89-98 (2004)
  • Daily urinary excretion of bisphenol A
    発表者 :
    掲載誌 : Environ.Health Prev.Med., 9(1):22-26 (2004)
  • The importance of policy interlinkage posed by the CFC substitutes issue
    発表者 :
    掲載誌 : IHDP Update, 2003(4):9 (2004)
  • EMECS2003に参加して
    発表者 : 徐開欽
    掲載誌 : 用水と廃水, 46(1):9-10 (2004)
  • Rapid shrinkage of Kushiro Mire, the largest mire in Japan,due to increased sedimentation associated with land-use development in the catchment
    発表者 : Nakamura F.(*1), Kameyama S.(亀山哲), Mizugaki S.(*1)
    掲載誌 : Catena, 55(2):213-229 (2004)
  • MRIの潜在力とその進化に期待する
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : 新医療, 31(1):40-42 (2004)
  • 「子供の寝室の磁界レベル」と小児白血病に関する我が国の疫学調査結果の意義-新たなリスクガバナンスの課題-
    発表者 : 兜眞徳
    掲載誌 : 電磁環境工学情報EMC, 16(9):101-106 (2004)
  • 電磁界の人への影響
    発表者 : 兜眞徳
    掲載誌 : 科学, 74(1):74-76 (2004)
  • 生活環境の中の化学物質
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : 科学, 74(1):24-27 (2004)
  • 食品工場排水に適用可能なラグーンシステム(1)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (81):58-59 (2004)
  • Accurate estimation of net primary productivity of terrestrial ecosystem at a regional scale(Chinese)
    発表者 : 田村正行, 亀山哲
    掲載誌 : Acta Geogra.Sin., 59(1):80-87 (2004)
  • Estimation of river discharge using TOPEX/Poseidon altimeter data(Chinese)
    発表者 : 徐開欽, 亀山哲
    掲載誌 : Acta Geogra.Sin., 59(1):95-100 (2004)
  • An approach to estimate the water level and volume of dongting lake by using Terra/MODIS data(Chinese)
    発表者 : 徐開欽, 亀山哲
    掲載誌 : Acta Geogra.Sin., 59(1):88-94 (2004)
  • III-4 大気汚染物質 a.オゾン・窒素酸化物
    発表者 : 小林隆弘
    掲載誌 : 分子予防環境医学 生命科学研究の予防・環境医学への統合, 537-543 (2004)
  • 地球温暖化対策の長期的視点-科学的知見が示す厳しい道のり
    発表者 : 西岡秀三
    掲載誌 : 生活と環境, 49(4):11-17 (2004)
  • 環境力「制約の時代」が再び日本を強くする
    発表者 : 西岡秀三
    掲載誌 : エコノミスト, 82(29):28 (2004)
  • 果たしてエネルギーは適正に使われていると言えるだろうか
    発表者 : 西岡秀三
    掲載誌 : 学術の動向, 9(5):29-34 (2004)
  • Structure-activity relationships for the toxicity of polychlorinated dibenzofurans: approach through density functional theory-based descriptors
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : Chem.Res.Toxicol., 17(3):348-356 (2004)
  • 発表者 : Mispagel C.(*1), Allinson M.(*1), Allinson G.(*1), Iseki N.(井関直政), Grant C.(*1), Morita M.(森田昌敏)
    掲載誌 : Chemosphere, 55:997-1003 (2004)
  • レーザイオン化TOFMS法を用いたPCBモニタリング技術開発
    発表者 : 出口祥啓, 野田松平, 福田憲弘, 土橋晋作, 篠田克彦, 森田昌敏
    掲載誌 : 日本機械学会論文集(C編), 70(690):90-94 (2004)
  • Electron affinities and reductive dechlorination of toxic polychlorinated dibenzofurans: a density functional theory study
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : J.Phys.Chem.A, 108(16):3499-3508 (2004)
  • 電磁界の健康への影響-電磁界による小児白血病のリスク
    発表者 : 兜眞徳
    掲載誌 : 予防時報, (217):36-41 (2004)
  • 電磁波と小児白血病-わが国での大規模疫学調査結果の意義
    発表者 : 兜眞徳
    掲載誌 : 医学のあゆみ, 209(4):244-245 (2004)
  • N2O及びCH4の吸収線パラメータの精密測定-ILAS-II ch.1に存在する吸収帯について-
    発表者 : 田中智章, 横田達也, 中島英彰, 笹野泰弘, 深堀正志, 青木忠生, 渡邉猛
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 235-237 (2004)
  • 日韓FTAと環境評価の政策シミュレーション分析
    発表者 : 和気洋子, 藤野純一, 鄭雨宗, 竹中直子
    掲載誌 : 三田商学研究, 46(6):29-48 (2004)
  • 地球温暖化対策税の税率とその経済影響の試算について
    発表者 : 増井利彦
    掲載誌 : 租税研究, (655):65-81 (2004)
  • Diversity in references to Japanese plants compiled in the Kadokawa Haiku Saijiki glossary of seasonal haiku terminolory
    発表者 :
    掲載誌 : J.Environ.Inf.Sci., 32(5):155-160 (2004)
  • 研究展望 環境動態モデリングの現状と課題:モデルによって環境を救うために
    発表者 : 福島武彦, 大島巌, 甲斐沼美紀子, 梶原成元, 関根雅彦, 西村修
    掲載誌 : 土木学会論文集, (762/VII-31):1-14 (2004)
  • 7.The IPCC: Its roles in international negotiation and domestic decision-making on climate change policies
    発表者 : 亀山康子
    掲載誌 : Emerging Forces in Environmental Governance, 137-154 (2004)
  • 第3編 地球環境への影響 1.5.3 技術的対策とその普及
    発表者 : 甲斐沼美紀子
    掲載誌 : 環境工学公式・モデル・数値集, 570-580 (2004)
  • 第3編 地球環境への影響 1.4 温暖化の影響評価
    発表者 : 高橋潔, 原澤英夫
    掲載誌 : 環境工学公式・モデル・数値集, 546-560 (2004)
  • Effects of triclosan on various aquatic organisms
    発表者 : Tatarazako N.(鑪迫典久), Ishibashi H.(*1), Teshima K.(*1), Kishi K.(*2), Arizono K.(*1)
    掲載誌 : Environ.Sci., 11(2):133-140 (2004)
  • 試料採取
    発表者 : 功刀正行
    掲載誌 : 分析化学実験の単位操作法, 59-73 (2004)
  • 残留性有機汚染物質の分析
    発表者 : 高澤嘉一, 柴田康行
    掲載誌 : ぶんせき, 2004(2):94-100 (2004)
  • Validation of an enzyme-linked immunosorbent assay method for vitellogenin in the medaka
    発表者 : Tatarazako N.(鑪迫典久), Koshio M.(小塩正朗), Hori H.(*1), Morita M.(森田昌敏), Iguchi T.(*2)(*3)
    掲載誌 : J.Health Sci., 50(3):301-308 (2004)
  • 地球温暖化による健康影響と適応
    発表者 : 安藤満, 山元昭二, 若松國光
    掲載誌 : 日本生気象学会雑誌, 40(Suppl.):317-328 (2004)
  • Evaluation of a method for issuing warnings pre-epidemics and epidemics in Japan by infectious diseases surveillance
    発表者 : Murakami Y.(村上義孝), Hashimoto S.(*1), Taniguchi K.(*2), Osaka K.(*2), Fuchigami H.(*3), Nagai M.(*4)
    掲載誌 : J.Epidemiol., 14(2):33-40 (2004)
  • II.流行の警報・注意報に関する検討-新基準値による発生状況と県レベルの発生方法の検討-
    発表者 : 村上義孝
    掲載誌 : 平成15年度厚生科学研究費補助金による「効果的な感染症動向調査のための国及び県の発生動向調査の方法論の開発に関する研究」(176p.), 2-51 (2004)
  • 感染症発生動向調査に基づく流行の警報・注意報および全国罹患数の推計
    発表者 : 永井正規, 橋本修二, 村上義孝, 谷口清洲, 小坂健, 重松美加, 川戸美由紀
    掲載誌 : 平成15年度厚生労働科学研究費補助金「効果的な感染症発生動向調査のための国及び県の発生動向調査の方法論の開発に関する研究」(54p.), 8-12 (2004)
  • サーベイランスに基づく日本と先進諸国のHIV/AIDSの特徴比較
    発表者 : 村上義孝, 梅田珠美, 橋本修二
    掲載誌 : 平成15年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業「HIV感染症の動向と予防モデルの開発・普及に関する社会疫学的研究」(473p.), 30-42 (2004)
  • 大気中におけるハロゲン化アセトンの光分解過程
    発表者 : 島田博文, 猪俣敏, 飛田成史, 今村隆史
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 274-277 (2004)
  • Secondary organic aerosol formation during the photo-oxidation of toluene: dependence on initial hydrocarbon concentration
    発表者 : 今村隆史, Sato K.(佐藤圭)
    掲載誌 : Bull.Chem.Soc.Jpn., 77:667-671 (2004)
  • A combined time series of ozone profiles from SBUV and SBUV/2
    発表者 : Wild J.D.(*1), Miller A.J.(*2), Nagatani R.N.(*2), Flynn L.(*2), McCormick M.P.(*3), Froidevaux L.(*4), De la Noe J.(*5), Godin-Beekman S.(*6), Kampfer N.(*7), Nakane H.(中根英昭)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 2:641-642 (2004)
  • 奥日光山岳域における夏季および秋季のオゾン濃度変動
    発表者 : 畠山史郎, 片平菊野, 高見昭憲, 菅田誠治, 劉発華, 北和之
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 39(3):158-170 (2004)
  • Comparison of modeled and observed stratospheric ozone springtime maxima
    発表者 : Andersen S.B.(*1), Weatherhead E.C.(*2), Austin J.(*3), Bruhl C.(*4), Fleming E.L.(*5), de Grandpre J.(*6), Grewe V.(*7), Isaksen I.(*8), Pitari G.(*9), Nagashima T.(永島達也)
    掲載誌 : Ozone 1, 155-156 (2004)
  • Process-oriented validation of coupled chemistry-climate models
    発表者 : Eyring V.(*1), Harris N.R.P.(*2), Rex M.(*3), Shepherd T.G.(*4), Fahey D.W.(*5), Amanatidis G.(*6), Austin J.(*5), Dameris M.(*1), Graf H.F.(*7), Nagashima T.(永島達也)
    掲載誌 : Ozone 2, 744-745 (2004)
  • Short-term variations of the stratospheric ozone measured with the ground-based millimeter-wave radiometer at Rikubetsu,Japan
    発表者 : Nagahama T.(長濱智生), Nakane H.(中根英昭), Fujinuma Y.(藤沼康実), Morihira A.(*1), Ogawa H.(*2), Mizuno A.(*3), Fukui Y.(*4)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 408-409 (2004)
  • Lidar and millimeter-wave observation of vertical profiles of ozone at Tsukuba(36(0)N,140(0)E)and seasonal variations
    発表者 : 杉本伸夫, 中根英昭, 松井一郎
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 47-48 (2004)
  • Ozone loss rates over the Arctic 2002/03 and Antarctic 2003 measured with the Match approach
    発表者 : Streibel M.(*1), Gathen P.von der(*1), Rex M.(*1), Deckelmann H.(*1), Harris N.R.P.(*2), Braathen G.O.(*3), Chipperfield M.P.(*4), Reimer E.(*5), Alfier R.(*5), Nakane H.(中根英昭)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 55 (2004)
  • 3-D trajectory analysis for wintertime wind and circulation in the polar stratosphere on the 'Equivalent Latitude-potential temperatuer'coordinate
    発表者 : Yahagi T.(*1), Nakane H.(中根英昭), Murata I.(*1), Fukunishi H.(*1), Ikeuchi I.(*2)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 805 (2004)
  • Validation of the ozone profile derived from ground-based infrared spectra with SFIT2 by comparing with ozonesonde measurements
    発表者 : Murata I.(*1), Nakane H.(中根英昭), Nakajima H.(中島英彰), Fukunishi H.(*1)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 585-586 (2004)
  • Climatology and origin of small-scale vertical structures in stratospheric ozone
    発表者 : Noguchi K.(*1), Imamura T.(*1), Oyama K.-I.(*1), Murata I.(*2), Tomikawa Y.(*3), Sato K.(*3), Nakane H.(中根英昭), Bodeker G.(*4)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 412-413 (2004)
  • Column ozone losses in the Arctic vortex derived from balloon sounding at Salekhard during winters 1999/2000 and 2002/2003
    発表者 : Tsvetkova N.(*1), Nakane H.(中根英昭), Yushkov V.(*1), Lukyanov A.(*1), Dorokhov V.(*1)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 445 (2004)
  • Measurements of stratospheric water vapor isotopomers by using a millimeter-wave radiometer with a superconductive receiver
    発表者 : Mizuno A.(*1), Nagahama T.(*1), Maezawa H.(*1), Fukui Y.(*2), Mizuno N.(*2), Nakane H.(中根英昭), Ogawa H.(*3), Yonekura Y.(*3), Asayama S.(*4), Morihira A.(*5)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 583-584 (2004)
  • 「みらい」ACE-Asia航海(MR01-K02)におけるエアロゾルと雲のライダー観測
    発表者 : 杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚, 岡本創, 西澤智明, 亀井秋秀, 黒岩博司, 熊谷博
    掲載誌 : エアロゾル研究, 19(2):97-102 (2004)
  • 「みらい」航海におけるエアロゾルの物理的特性
    発表者 : 三浦和彦, 児島紘, 加藤俊吾, 杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚, 鵜野伊津志, 新村典子, 植松光夫
    掲載誌 : エアロゾル研究, 19(2):108-116 (2004)
  • Metabolic quotient measured by free-water method in six enclosures with different silver carp densities
    発表者 : Fukushima T.(*1), Matsushige K.(松重一夫), Takamura N.(高村典子), Fukushima M.(福島路生)
    掲載誌 : Hydrobiology, 511:201-213 (2004)
  • Suspension feeding and growth of juvenile Manila clam Ruditapes philippinarum reared in the laboratory
    発表者 : Nakamura Y.(中村泰男)
    掲載誌 : Fish.Sci., 70:215-222 (2004)
  • フェリーによる海水計測データと水中画像によるサンゴ礁時系列データのGIS化
    発表者 : 原島省, 顔小洋, 陶衛峰
    掲載誌 : 月刊海洋, 36(5):370-375 (2004)
  • Aerobic degradation of trichloroacetic acid by soil bacterium strain SS1 of the Bradyrhizobium group
    発表者 : 向井哲, 岩崎一弘
    掲載誌 : J.Environ.Biotechnol., 3(2):101-106 (2004)
  • Effects of mefenacet and pretilachlor applications on phospholipid fatty acid profiles of soil microbial communities in rice paddy soil
    発表者 : 村田智吉
    掲載誌 : Soil Sci.Plant Nutr., 50(3):349-356 (2004)
  • 尾瀬沼生態系における水質・底質環境と水生植物の動態(2002-2003年)
    発表者 : 野原精一
    掲載誌 : 尾瀬の保護と復元, 26:31-41 (2004)
  • 発表者 : Hirota M.(*1), Tang Y.(唐艶鴻), Hu Q.(*2), Hirata S.(*3), Kato T.(*1), Mo W.(*4), Cao G.(*2), Mariko S.(*4)
    掲載誌 : Soil Biol.Biochem., 36:737-748 (2004)
  • 美幌町のトビケラ相(第1報)
    発表者 : 倉西良一, 佐竹潔
    掲載誌 : 美幌博物館研究報告, (11):31-44 (2004)
  • 一般廃棄物焼却残渣リサイクルの行方
    発表者 : 大迫政浩
    掲載誌 : 財団だより, (59):8-12 (2004)
  • バイオマスとしての未利用資源を活用した水素発酵(1)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (83):40-41 (2004)
  • バイオマスとしての未利用資源を活用した水素発酵(2)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (84):36-37 (2004)
  • 発表者 : Miyoshi K.(*1), Nishio T.(*2), Yasuhara A.(安原昭夫), Morita M.(森田昌敏), Shibamoto T.(*3)
    掲載誌 : Chemosphere, 55:1439-1446 (2004)
  • Determination of volatile fatty acids in landfill leachates by ion-exclusive chromatography
    発表者 : Yamamoto A.(*1), Yasuhara A.(安原昭夫), Kodama S.(*1), Matsunaga A.(*1), Suzuki S.(鈴木茂), Mohri S.(毛利紫乃), Yamada M.(山田正人)
    掲載誌 : J.Sep.Sci., 27:325-329 (2004)
  • Particle size effects on the deposition ratios of airborne particle in the respiratory tract
    発表者 : 中島大介
    掲載誌 : J.Health Sci., 50(2):185-188 (2004)
  • III-1 microsuspension法を用いた空気中浮遊粒子の変異原性試験法
    発表者 : 後藤純雄, 遠藤治
    掲載誌 : 生活環境中の汚染物質測定マニュアル 改訂版, 149-177 (2004)
  • Promoter and mutagenic activity of particulate matter collected from urban air
    発表者 :
    掲載誌 : J.Health Sci., 50(2):181-184 (2004)
  • 廃棄物系バイオマスの循環利用の動向と今後-家庭系・事業系生ごみを中心にして-
    発表者 : 大迫政浩
    掲載誌 : 給排水設備研究, 21(1):10-16 (2004)
  • 廃棄物の海洋投入処分等の新たな規制(1)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (85):72-73 (2004)
  • Measurements of water solubilities and 1-octanol/water partition coefficients and estimations of Henry's Law constants for brominated benzenes
    発表者 : 倉持秀敏, 川本克也
    掲載誌 : J.Chem.Eng.Data, 49(3):720-724 (2004)
  • 大気浮遊粒子,河川水および土砂の変異原性モニタリング-7年間(1996-2003)の結果-
    発表者 : 遠藤治, 後藤純雄, 松本寛, 酒井茂克, 芥川智子, 麻野間正晴, 平山晃久, 渡辺徹志, 塚谷裕子, 世良暢之
    掲載誌 : Environ.Mutagen Res., 26:9-22 (2004)
  • 廃棄物の海洋投入処分等の新たな規制(2)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (86):66-67 (2004)
  • Salinity decreases nitrite reductase gene diversity in denitrifying bacteria of wastewater treatment systems
    発表者 : Yoshie S.(*1), Noda N.(*2), Tsuneda S.(*1), Hirata A.(*1), Inamori Y.(稲森悠平)
    掲載誌 : Appl.Environ.Microbiol., 70(5):3152-3157 (2004)
  • Water solubility and partitioning behavior of brominated phenols
    発表者 : 倉持秀敏, 川本克也
    掲載誌 : Environ.Toxicol.Chem., 23(6):1386-1393 (2004)
  • 水生植物の物理的存在が透明度向上に果たす役割
    発表者 : 林紀男, 浅枝隆, 稲森悠平
    掲載誌 : 四万潤E流域圏学会誌, 3(1):19-23 (2004)
  • Comparative analysis of genetic diversity and expression of amoA in wastewater treatment processes
    発表者 : Ebie Y.(*1)(蛯江美孝), Noda N.(*2), Miura H.(*3), Matsumura M.(*1), Tsuneda S.(*3), Hirata A.(*3), Inamori Y.(稲森悠平)
    掲載誌 : Appl.Microbiol.Biotechnol., 64:740-744 (2004)
  • ILASで観測されたClONO2に基づくNOy,Cly分配推定
    発表者 : 林田佐智子, 池田奈生, 戸田庸子, 中島英彰
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 103-105 (2004)
  • ILAS-IIから導出された成層圏オゾン・水蒸気のデータ質評価
    発表者 : 杉田考史, 齋藤尚子, 寺尾有希夫, 神沢博, 中島英彰, 横田達也, 小林博和, 笹野泰弘
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 223-226 (2004)
  • ILAS-II可視消散係数データ質評価と2003年冬季南極のPSCs発生状況について
    発表者 : 齋藤尚子, 中島英彰, 横田達也, 杉田考史, 笹野泰弘, 小林博和, 林田佐智子
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 227-230 (2004)
  • ILASで得られたClONO2とHALOEで得られたHClの比率-オゾン・メタンとの関係-
    発表者 : 戸田庸子, 池田奈生, 林田佐智子, 中島英彰
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 231-234 (2004)
  • N2O distributions in the early and late breakup years
    発表者 : Zhou L.B.(Zhou Libo), Akiyoshi H.(秋吉英治)
    掲載誌 : Proc.14th Atmos.Chem.Symp.(STE Lab.Univ.Nagoya,299p.), 112-115 (2004)
  • 臭素化合物のオゾン破壊に及ぼす影響と北極渦の状態
    発表者 : 秋吉英治, 今村隆史, 菅田誠治, 中根英昭, 黒川純一, 滝川雅之
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 116-119 (2004)
  • 第23回国際測地学・地球物理学連合総会(IUGG2003・札幌)の報告(1) 16.大気及び海洋過程のデータ同化 (3)大気化学に関するデータ同化
    発表者 : 秋吉英治, 関山剛
    掲載誌 : 天気, 51(3):32-33 (2004)
  • 「対流圏から見た成層圏・成層圏から見た対流圏」セッション 成層圏化学のフィルターを通してみた対流圏プロセス
    発表者 : 今村隆史
    掲載誌 : 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.), 78-80 (2004)
  • Product study of the gas-phase reactions of O3,OH and NO3 radicals with methyl vinyl ether
    発表者 : 今村隆史
    掲載誌 : Phys.Chem.Chem.Phys., 2004(6):1725-1734 (2004)
  • 第23回国際測地学・地球物理学連合総会(IUGG2003・札幌)の報告(2) 6.火山活動と地球大気
    発表者 : 秋吉英治
    掲載誌 : 天気, 51(4):24-25 (2004)
  • ADEOS-II搭載ILAS-IIによる解析結果
    発表者 : 中島英彰, 杉田考史, 横田達也, 入江仁士, 江尻省, 寺尾有希夫, 斉藤尚子, 笹野泰弘
    掲載誌 : 第18回大気圏シンポジウム, 9-11 (2004)
  • Monthly averaged ozone and nitrous oxide from the Improved Limb Atmospheric Spectrometer (ILAS) in the Northern and Southern Hemisphere polar regions
    発表者 : 中島英彰
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D10):D10301 (2004)
  • Observation of ozone depletion and related minor species from the ILAS-II onboard the ADEOS-II satellite
    発表者 : Yokota T.(横田達也), 笹野泰弘, 杉田考史, 中島英彰, 寺尾有希夫
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 145-146 (2004)
  • Validation of ILAS-II aerosol extinction coefficient data and the observed PSCs over the Antarctica in 2003
    発表者 : Yokota T.(横田達也), 笹野泰弘, 杉田考史, 中島英彰, Kanzawa H.(神沢博)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 601-602 (2004)
  • Assessment of the version 1.3 ILAS-II ozone data quality in the high latitude lower stratosphere
    発表者 : Sugita T.(杉田考史), Kanzawa H.(神沢博), Nakajima H.(中島英彰), Yokota T.(横田達也), Gernandt H.(*2), Herber A.(*2), Gathen P.(*2), Koenig-Langlo G.(*2), Murayama Y.(*3), Yamamori M.(*3)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 614-615 (2004)
  • Inter-comparison and validation of ILAS-II target species with MIPAS-B measurements
    発表者 : Wetzel G.(*1), Oelhaf H.(*1), Friedl-Vallon F.(*1), Kleinert A.(*1), Lengel A.(*1), Maucher G.(*1), Ruhnke R.(*1), Nakajima H.(中島英彰)
    掲載誌 : Proc.20th Quadrenn.Ozone Symp., 639-640 (2004)
  • ADEOS-II搭載ILAS-IIの検証と初期結果
    発表者 : 中島英彰
    掲載誌 : 電子情報通信学会技術研究報告 SANE,宇宙・航行エレクトロニクス, 104(137):25-28 (2004)
  • 難解処理により古紙から発生するビスフェノールA等の化学物質の分析とエストロゲン活性
    発表者 : 渡邊雅之, 深澤均, 白石不二雄, 白石寛明, 塩澤竜志, 寺尾良保
    掲載誌 : 環境化学, 14(1):65-71 (2004)
  • Nitrogen dioxide air pollution near ambient levels is an atherogenic risk primarily in obese subjects: a brief communication
    発表者 : Takano H.(高野裕久), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Inoue K.(井上研一郎), Shimada A.(*1), Ichinose T.(*2), Sadakane K.(*2), Yoshino S.(*3), Yamaki K.(*3), Morita M.(森田昌敏), Yoshikawa T.(*4)
    掲載誌 : Exp.Biol.Med., 229:361-364 (2004)
  • Improvement of the spectral resolution for glutamate and glutamine in the human brain at 4.7 T by using a localized 2D Constant Time COSY
    発表者 : Watanabe H.(渡邉英宏), Takaya N.(高屋展宏), Mitsumori F.(三森文行)
    掲載誌 : Proc.Intl.Soc.Mag.Reson.Med., 11:113 (2004)
  • HMQC
    発表者 : 渡邉英宏
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):68 (2004)
  • Polarization transfer
    発表者 : 渡邉英宏
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):115 (2004)
  • HSQC
    発表者 : 渡邉英宏
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):68 (2004)
  • 査読付き 原著論文
    多様性変動のコンピュータシミュレーション:従来の研究と展望
    発表者 : 吉田勝彦
    掲載誌 : 化石, 75:30-37 (2004)
  • Changes in microcystin production by Microcystis aeruginosa exposed to phytoplanktivorous and omnivorous fish
    発表者 : 高村典子
    掲載誌 : Aquatic Toxicol., 68:51-59 (2004)
  • Analysis of gene expression in yeast protoplasts using DNA microarrays and their application for efficient productoin of invertase and alpha-glucosidase
    発表者 : Mera N.(*1), Aoyagi H.(*1), Nakasono S.(*2), Iwasaki K.(岩崎一弘), Saiki H.(*2), Tanaka H.(*1)
    掲載誌 : J.Biosci.Bioeng., 97(3):169-183 (2004)
  • バードウォッチャーのための鳥類保全生物学入門(最終回) 生態系の多様性と保全すべき生息地の優先度の決め方
    発表者 : 永田尚志
    掲載誌 : BIRDER, 18(3):79-81 (2004)
  • バードウォッチャーのための鳥類保全生物学入門特別版 1 地球環境問題と鳥類への影響
    発表者 : 永田尚志
    掲載誌 : BIRDER, 18(4):69-71 (2004)
  • バードウォッチャーのための鳥類保全生物学入門特別版 2 野生生物を保全するためにできること
    発表者 : 永田尚志
    掲載誌 : BIRDER, 18(5):69-71 (2004)
  • バイオレメディエーション技術を活用した土壌・地下水の浄化
    発表者 : 岩崎一弘
    掲載誌 : ケミカルエンジニヤリング, 49(5):53-57 (2004)
  • Compensation for lack of a cytosolic ascorbate peroxidase in an Arabidopsis mutant by activation of multiple antioxidative systems
    発表者 : 久保明弘, 青野光子, 玉置雅紀, 中嶋信美
    掲載誌 : Plant Sci., 166:1547-1554 (2004)
  • Estimation of river discharge from non-trapezoidal open channel using QuickBird-2 satellite imagery
    発表者 :
    掲載誌 : Hydrol.Sci.J., 49(2):247-260 (2004)
  • Investigation of vasodilatory substances in diesel exhaust particles(DEP): isolation and identification of nitrophenol derivatives
    発表者 : Taneda S.(種田晋二), Kamata K.(*1), Hayashi H.(*1), Toda N., Seki K.(*2), Sakushima A.(*3), Yoshino S.(*4), Yamaki K.(*4), Sakata M.(*1), Suzuki A.K.(鈴木明)
    掲載誌 : J.Health Sci., 50(2):133-141 (2004)
  • VOCと大気汚染の最新動向-光化学オキシダントおよびSPMとの関係を中心に-
    発表者 : 若松伸司
    掲載誌 : 資源環境対策, 40(6):39-44 (2004)
  • Hepatocyte growth factor inhibits the formation of the basement membrane of alveolar epithelial cells in vitro
    発表者 : Furuyama A.(古山昭子), Mochitate K.(持立克身)
    掲載誌 : Am.J.Physiol.Lung Cell.Mol.Physiol., 286:L939-L946 (2004)
  • 環境政策における予防原則と疫学
    発表者 : 新田裕史
    掲載誌 : 生活と環境, 49(5):7 (2004)
  • 12.臨床医に必要なアレルギーの基礎的知識 2)疫学 (3)寄生虫とアレルギー
    発表者 : 遠藤朝彦, 今井透, 渡辺直煕, 名和行文, 本田靖, 新田裕史
    掲載誌 : 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 76(5):213-220 (2004)
  • Estrogenic and anti-androgenic activity of nitrophenols in diesel exhaust particles(DEP)
    発表者 : Taneda S.(種田晋二), Mori Y.(*1), Kamata K.(*1), Hayashi H.(*1), Furuta C.(*2), Li C.(*2)(*3), Seki K.(*4), Sakushima A.(*5), Yoshino S.(*6), Suzuki A.K.(鈴木明)
    掲載誌 : Biol.Pharm.Bull., 27(6):835-837 (2004)
  • Estrogenic activities of nitrophenols in diesel exhaust particles
    発表者 : Furuta C.(*1), Suzuki A.K.(鈴木明), Taneda S.(種田晋二), Kamata K.(*2), Hayashi H.(*2), Mori Y.(*2), Li C.(*1)(*3), Watanabe G.(*1)(*3), Taya K.(*1)(*3)
    掲載誌 : Biol.Reprod., 70:1527-1533 (2004)
  • Growth and nitrogen availability of red pine seedlings under high nitrogen load and elevated ozone
    発表者 : Nakaji T.(中路達郎), Kobayashi T.(*1), Kuroha M.(*2), Omori K.(*2), Matsumoto Y.(*2), Yonekura T.(*2), Watanabe K.(*2), Utriainen J.(*2), Izuta T.(*2)
    掲載誌 : Water,Air,Soil Pollut.Focus, 4:277-287 (2004)
  • Mineralogical variation of Sr-Nd isotopic and elemental compositions in loess and desert sand from the central Loess Plateau in China as a provenance tracer of wet and dry deposition in the northwestern Pacific
    発表者 : Yokoo Y.(*1), Nakano T.(*2), Nishikawa M.(西川雅高), Quan H.(*3)
    掲載誌 : Chem.Geol., 204:45-62 (2004)
  • Regional Sr-Nd isotopic ratios of soil minerals in northern China as Asian dust fingerprints
    発表者 : Nakano T.(*1), Yokoo Y.(*2), Nishikawa M.(西川雅高), Koyanagi H.(*3)
    掲載誌 : Atmos.Environ., 38:3061-3067 (2004)
  • 第1章 化学物質とわたしたちの健康
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : 考えよう地球環境 7 化学物質と健康の本, 6-9 (2004)
  • 低炭素社会への根拠-温暖化の危険なレベル-
    発表者 : 西岡秀三
    掲載誌 : 環境研究, (133):3-10 (2004)
  • Germination responses of Caragana Korshinskii Kom. to light,temperature and water stress
    発表者 : Zheng Y.(*1), Xie Z.(*2), Gao Y.(*3), Jiang L.(*4), Shimizu H.(清水英幸), Tobe K.(戸部和夫)
    掲載誌 : Ecol.Res., 19:553-558 (2004)
  • Development of a headspace GC/MS analysis for carbonyl compounds(aldehydes and ketones)in household products after derivatization with o-(2,3,4,5,6-pentafluorobenzyl)-hydroxylamine
    発表者 : Sugaya N.(*1), Sakurai K.(*1), Nakagawa T.(*1), Onda N.(*2), Onodera S.(*3), Morita M.(森田昌敏), Tezuka M.(*4)
    掲載誌 : Anal.Sci., 20:865-870 (2004)
  • 第3章 くらしの中の化学物質 化学物質に対する世界の取り組み
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : 考えよう地球環境 7 化学物質と健康の本, 40-41 (2004)
  • わたしたちにできること
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : 考えよう地球環境 7 化学物質と健康の本, 42-44 (2004)
  • Reducing bisphenol a contamination from analytical procedures to determine ultralow levels in environmental samples using automated HPLC microanalysis
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : Anal.Chem., 76(1):105-109 (2004)
  • 化学物質管理の現状と課題
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : 創立50周年記念 身近な環境から地球環境まで-50年間の活動と今後の展望-, 46-51 (2004)
  • Novel surface-modified molecularly inprinted polymer focused on the removal of interference in environmental water samples
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : Chem.Lett., 33(7):806-807 (2004)
  • P-Nitrotoluene causes hyperactivity in the rat
    発表者 : Ishido M.(石堂正美), Masuo Y.(*1), Oka S.(*1), Niki E.(*1), Morita M.(森田昌敏)
    掲載誌 : Neurosci.Lett., 366(1):1-5 (2004)
  • 土壌・地下水汚染とくらしへの影響
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : くらしの豆知識,05, 220-221 (2004)
  • 内分泌かく乱化学物質学会会長に就任して
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : Endcr.Disrupter Newsl., 7(2):1 (2004)
  • 気候変動と健康影響 (Health effects of climate change by Haines A.,Patz J.A.の訳)
    発表者 : 兜眞徳
    掲載誌 : JAMA(日本語版), 25(7):113-118 (2004)
  • 第3編 地球環境への影響 第1章地球温暖化 1.3 排出シナリオと気候予測
    発表者 : 増井利彦
    掲載誌 : 環境工学公式・モデル・数値集, 539-546 (2004)
  • -
    発表者 : Ott H.E.(*1), Winkler H.(*2), Brouns B.(*1), Kartha S.(*3), Mace M.J.(*4), Huq S.(*5), Kameyama Y.(亀山康子), Sari A.P.(*6), Pan J.(*7), Sokoma Y.(*8)
    掲載誌 : South-North dialogue on equity in the greenhouse: a proposal for an adequate and equitable global climate agreement (2004)
  • Appreciation of Japanese landscapes by the Western visitors arrived until 1900
    発表者 :
    掲載誌 : Conference Proceedings: Gloobalization and Tourism Research: East Meets West(CD-ROM), 135-146 (2004)
  • Changing consumption patterns in Japan
    発表者 : Aoyagi-Usui M.(青柳みどり)
    掲載誌 : Encyclopedia of Life Support Systems(EOLSS)(e-Book) (2004)
  • 第6章 グローバル・ガヴァナンスの模索 23.食糧危機と人口爆発
    発表者 : 亀山康子
    掲載誌 : 新・国際政治経済の基礎知識, 279-280 (2004)
  • サンゴ礁の分布
    発表者 : 茅根創, 本郷宙軌, 山野博哉
    掲載誌 : 日本のサンゴ礁, 15-21 (2004)
  • サンゴ礁のリモートセンシング
    発表者 : 灘岡和夫, Paringit E.C., 山野博哉
    掲載誌 : 日本のサンゴ礁, 95-106 (2004)
  • 石垣島
    発表者 : 長谷川均, 山野博哉
    掲載誌 : 日本のサンゴ礁, 220-226 (2004)
  • 壱岐
    発表者 : 山野博哉, 杉原薫, 中井達郎, 山川修
    掲載誌 : 日本のサンゴ礁, 250-252 (2004)
  • 対馬
    発表者 : 杉原薫, 山野博哉
    掲載誌 : 日本のサンゴ礁, 253-256 (2004)
  • 隠岐・五島列島
    発表者 : 山野博哉
    掲載誌 : 日本のサンゴ礁, 256 (2004)
  • グレートバリアーリーフ
    発表者 : 山野博哉
    掲載誌 : Newton, (5):42-43 (2004)
  • 第6章 グローバル・ガヴァナンスの模索 24.地球環境問題
    発表者 : 亀山康子
    掲載誌 : 新・国際政治経済の基礎知識, 281-282 (2004)
  • 第6章 グローバル・ガヴァナンスの模索 25.京都議定書
    発表者 : 亀山康子
    掲載誌 : 新・国際政治経済の基礎知識, 283 (2004)
  • Landscape experiences of mountain visitors in the South Japan Alps
    発表者 :
    掲載誌 : Soc.Roles Forests Urban Popul., 81-93 (2004)
  • Comparison of "Eight Scenery" between Taiwan and Japan
    発表者 :
    掲載誌 : 41st IFLA World Congr.Proc., 617-624 (2004)
  • Remote sensing of coral reefs in Japan
    発表者 : Nadaoka,K.(*1), Paringit,E.C.(*1), Yamano,H.(山野博哉)
    掲載誌 : Coral Reefs of Japan, 89-102 (2004)
  • Coral reef landforms in Japan
    発表者 : Yamano,H.(山野博哉), Hongo,C.(*1), Kayanne,H.(*1)
    掲載誌 : Coral Reefs of Japan, 14-19 (2004)
  • Ishigaki Island
    発表者 : Hasegawa,H.(*1), Yamano,H.(山野博哉)
    掲載誌 : Coral Reefs of Japan, 212-218 (2004)
  • Iki Islands
    発表者 : Yamano,H.(山野博哉), Sugihara,K.(*1), Nakai,T.(*2), Yamagawa,O.(*3)
    掲載誌 : Coral Reefs of Japan, 242-244 (2004)
  • Tsushima Archipelago
    発表者 : Sugihara,K.(*1), Yamano H.(山野博哉)
    掲載誌 : Coral Reefs of Japan, 245-247 (2004)
  • Oki Islands and Goto Archipelago
    発表者 : Yamano,H.(山野博哉)
    掲載誌 : Coral Reefs of Japan, 248-248 (2004)
  • X-ray photoelectron microscopic imaging of the chemical bonding state of Si in a rock sample
    発表者 : Seyama H.(瀬山春彦), Wang D.(*1), Soma M.(*2)
    掲載誌 : Surf.Interface Anal., 36:609-612 (2004)
  • 自動車関連粒子に含まれる元素の化学種形態分析に関するマイクロXAFS研究
    発表者 : 平林幹啓, 松尾基之, 小林伸治, 寺田靖子, 早川慎二郎, 田邊潔
    掲載誌 : 文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトSpring-8研究成果報告書, 2:133-135 (2004)
  • 加速器質量分析法による環境試料の分析
    発表者 : 米田穣, 内田昌男, 柴田康行, 廣田正史
    掲載誌 : ぶんせき, (8):473-478 (2004)
  • 10.環境保全と応用生態学 10・4.豊かな地球は誰のもの? 内分泌撹乱物質
    発表者 : 堀口敏宏
    掲載誌 : 生態学入門(日本生態学会編,東京化学同人,273p.), 234 (2004)
  • 環境ホルモンが生態系に及ぼす影響(3)-研究の基本的な考え方-
    発表者 : 堀口敏宏
    掲載誌 : 環境ホルモン 文明・社会・生命, 4:193-204 (2004)
  • Episodic methane release events from Last Glacial marginal sediments in the western North Pacific
    発表者 : Uchida M.(*1), Shibata Y.(柴田康行), Ohkushi K.(*2), Ahagon N.(*1), Hoshiba M.(*1)
    掲載誌 : Geochem.Geophys.Geosyst., 5(Q08005):1-14 (2004)
  • Compound-specific radiocarbon analysis of polycyclic aromatic hydrocarbons(PAHs) in sediments from an urban reservoir
    発表者 : 森田昌敏, 柴田康行, 奥田敏統
    掲載誌 : Nucl.Instr.Methods Phys.Res.B, 223/224:545-554 (2004)
  • AMS 14C measurement and preparative techniques at NIES-TERRA
    発表者 : 森田昌敏, 植弘崇嗣, 柴田康行, 田中敦, 小林隆弘
    掲載誌 : Nucl.Instr.Methods Phys.Res.B, 223/224:116-123 (2004)
  • Radiocarbon variability of fatty acids in semi-urban aerosol samples
    発表者 : Matsumoto K.(*1), Uchida M.(*1), Kawamura K.(*2), Shibata Y.(柴田康行), Shibata Y.(森田昌敏)
    掲載誌 : Nucl.Instr.Methods Phys.Res.B, 223/224:842-847 (2004)
  • Technical progress in AMS microscale radiocarbon analysis
    発表者 : 森田昌敏, Shibata Y.(柴田康行), 小林隆弘, Uchida M.(*1)
    掲載誌 : Nucl.Instr.Methods Phys.Res.B, 223/224:313-317 (2004)
  • Environmental specimen banking and time capsule project at the National Institute for Environmental Studies,Japan
    発表者 : 森田昌敏, 柴田康行, 田中敦, 堀口敏宏
    掲載誌 : Proc.1st Int.Symp.Environ.Behav.Ecol.Impacts Persistent Toxic Subst., 13-18 (2004)
  • Sorption of Co(2),Ni(2),and Zn(2) on biogenic manganese oxides produced by a Mn-oxidizing fungus,Strain KR21-2
    発表者 : Tani Y.(*1), Ohashi M.(*1), Miyata N.(*1), Seyama H.(瀬山春彦), Iwahori K.(*1), Soma M.(*1)
    掲載誌 : J.Environ.Sci.Health,A, 39(10):2641-2660 (2004)
  • A constitutively active arylhydrocarbon receptor induces growth inhibition of Jurkat T cells through changes in the expression of genes related to apoptosis and cell cycle arrest
    発表者 : 遠山千春, 野原恵子, 山元恵, 鈴木規之, Ito T.(伊藤智彦)
    掲載誌 : J.Biol.Chem., 279(24):25204-25210 (2004)
  • Diesel exhaust-associated gas components enhance chemokine production by cervical lymph-node cells from mice immunized with sugi basic proteins
    発表者 : Fujimaki H.(藤巻秀和), Kurokawa Y.(黒河佳香)
    掲載誌 : Inhal.Toxicol., 16:61-65 (2004)
  • 発表者 : Fujimaki H.(藤巻秀和), Kurokawa Y.(黒河佳香), Kunugita N.(*1), Kikuchi M.(*1), Sato F.(*1), Arashidani K.(*1)
    掲載誌 : Toxicology, 197:1-13 (2004)
  • Long-term exposure to low levels of formaldehyde increases the number of tyrosine hydroxylase-immunopositive periglomerular cells in mouse main olfactory bulb
    発表者 : Hayashi H.(*1), Kunugita N.(*2), Arashidani K.(*2), Fujimaki H.(藤巻秀和), Ichikawa M.(*1)
    掲載誌 : Brain Res., 1007:192-197 (2004)
  • Effect of prolonged exposure to low concentrations of formaldehyde on the corticotropin releasing hormone neurons in the hypothalamus and adrenocorticotropic hormone cells in the pituitary gland in female mice
    発表者 : Sari dwi.k.(*1), Kuwahara S.(*1), Tsukamoto Y.(*1), Hori H.(*2), Kunugita N.(*2), Arashidani K.(*2), Fujimaki H.(藤巻秀和), Sasaki F.(*1)
    掲載誌 : Brain Res., 1013:107-116 (2004)
  • Selective Intra-Arterial 3-Dimensional Computed Tomography Angiography for Preoperative Evaluation of Nephron-Sparing Surgery
    発表者 : Ueda T.(*1), Tobe T.(*1), Yamamoto S.(*1), Motoori K.(*1), Igarashi T.(*1), Murakami Y.(村上義孝), Ito H.(*1)
    掲載誌 : J.Comput.Assist.Tomogr., 28(4):496-504 (2004)
  • Subvisual cirrus cloud observations using a 1064-nm lidar,a 95 GHz cloud radar,and radiosondes in the warm pool region
    発表者 : Iwasaki S.(*1), Tsushima Y.(*2), Shirooka R.(*1), Katsumata M.(*3), Yoneyama K.(*3), Matsui I.(松井一郎), Shimizu A.(清水厚), Sugimoto N.(杉本伸夫), Kamei A.(*4), Kuroiwa H.(*4)
    掲載誌 : Geophys.Res.Lett., 31(9):L09103-1-L09103-5 (2004)
  • 観測船「みらい」で測定した海洋大気エアロゾルの物理,化学特性
    発表者 : 三浦和彦, 児島紘, 加藤俊吾, 新村典子, 杉本伸夫, 鵜野伊津志, 植松光夫
    掲載誌 : 海洋, 36(2):154-158 (2004)
  • Kinetic measurements for the reactions of ozone with crotonaldehyde and its methyl derivatives and calculations of transition-state theory
    発表者 : Sato K.(佐藤圭)
    掲載誌 : Phys.Chem.Chem.Phys., 6:3969-3976 (2004)
  • ライダー計測
    発表者 : 杉本伸夫
    掲載誌 : エアロゾル用語集, 94-95 (2004)
  • 有機エアロゾルの生成過程
    発表者 : 佐藤圭
    掲載誌 : エアロゾル用語集, 62-63 (2004)
  • Yellow sand dust events over Nagasaki in Japan in spring 2003
    発表者 : Nishikawa M.(西川雅高), Sugimoto N.(杉本伸夫), 松井一郎, 森育子, Shimizu A.(清水厚)
    掲載誌 : Nucleation Atmos.Aerosols 2004, 776-780 (2004)
  • Numerical study of Asian dust transport during the springtime of 2001 simulated with the Chemical Weather Forecasting System(CFORS) model
    発表者 : Uno I.(*1), Satake S.(*1), Gregory R.C.(*2), Youhua T.(*2), Zifa W.(*3), Takemura T.(*1), Murayama T.(*4),, Sugimoto N.(杉本伸夫), Shimizu A.(清水厚), Thomas A.C.(*5)
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D19):D19S24 (2004)
  • 定期航路船舶による海の健康診断
    発表者 : 原島省
    掲載誌 : 船員ほけん, (612):4-7 (2004)
  • Voltammetric determination of dissolved iron and its speciation in freshwater
    発表者 : 松重一夫, Imai A.(今井章雄)
    掲載誌 : Limnology, 5:87-94 (2004)
  • Extraction condition and efficiency of some hazardous organic chemicals from aqueous solutions using a thermoresponsive polymer system
    発表者 : 稲葉一穂, 土井妙子, 山本貴士
    掲載誌 : J.Environ.Chem., 14(3):625-632 (2004)
  • Seasonal patterns of gross primary production and ecosystem respiration in an alpine meadow ecosystem on the Qinghai-Tibetan Plateau
    発表者 : 唐艶鴻
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D12):D12109 (2004)
  • 発表者 : Cao G.(*1), Tang Y.(唐艶鴻), Mo W.(*2), Wang Y.(*3), Li Y.(*1), Zhao X.(*1)
    掲載誌 : Soil Biol.Biochem., 36:237-243 (2004)
  • Carbon dioxide exchange between the atmosphere and an alpine meadow ecosystem on the Qinghai-Tibetan Plateau,China
    発表者 : 唐艶鴻
    掲載誌 : Agric.Forest Meteorol., 124:121-134 (2004)
  • Photosynthesis of Saussurea superba and Gentiana straminea is not reduced after long-term enhancement of UV-B radiation
    発表者 : Shi S.(*1), Zhu W.(*1), Li H.(*1), Zhou D.(*1), Han F.(*1), Zhao X.(*1), Tang Y.(唐艶鴻)
    掲載誌 : Environ.Exp.Bot., 51:75-83 (2004)
  • 渓流-森林系の物質移動と鮭の遡上
    発表者 : 野原精一, 佐竹研一
    掲載誌 : 地球環境, 9(1):61-74 (2004)
  • Over-expression of ascorbate peroxidase in tobacco chloroplasts enhances the tolerance to salt stress and water deficit
    発表者 : Badawi G.H.(*1), Kawano N.(*1), Yamauchi Y.(*1), Shimada E.(*1), Sasaki R.(*1), Kubo A.(久保明弘), Tanaka K.(*1)
    掲載誌 : Physiol.Plant., 121:231-238 (2004)
  • 世界をリードする日本型ゼロエミッション・システムの動向-素材型産業を中核とする循環の形成-
    発表者 : 大迫政浩, 吉川邦夫, 浦島邦子
    掲載誌 : 科学技術動向, 39:31-39 (2004)
  • 溶融スラグの有効利用における環境安全管理の考え方について
    発表者 : 大迫政浩, 田崎智宏
    掲載誌 : 都市清掃, 57(260):18-23 (2004)
  • 循環資源・廃棄物の循環利用技術の動向と今後-廃棄物系バイオマスを意識して-
    発表者 : 大迫政浩
    掲載誌 : 都市清掃, 57(260):75-82 (2004)
  • 焼却飛灰を用いた加熱実験からのダイオキシン類生成
    発表者 : 鈴木和将, 川本克也
    掲載誌 : 環境化学, 14(2):239-251 (2004)
  • Inhibition of intercellular communication in BALB/3T3 fibroblasts by cigarette smoke condensates
    発表者 :
    掲載誌 : J.Environ.Chem., 14(2):307-315 (2004)
  • Waste wood recycling as animal bedding and development of bio-monitoring tool using the CALUX assay
    発表者 : Asari M.(*1), Takatsuki H.(*1), Yamazaki M.(*2), Azuma T.(*2), Takigami H.(滝上英孝), Sakai S.(酒井伸一)
    掲載誌 : Environ.Int., 30:639-649 (2004)
  • 環境浚渫工法の汚濁発生調査事例と水質モニタリング手法の提案
    発表者 : 佐藤昌宏, 車田佳範, 守屋典昭, 上原大摩, 滝上英孝, 酒井伸一
    掲載誌 : 海洋開発論文集, 20:1127-1132 (2004)
  • -
    発表者 : 川本克也
    掲載誌 : 環境プランナー基礎コース・第5巻 環境配慮設計2 化学物質のリスクを考慮した環境配慮製品設計のために (2004)
  • 焼却炉およびガス化溶融炉における排ガス処理技術の動向
    発表者 : 川本克也
    掲載誌 : 粉体と工業, 36(7):40-48 (2004)
  • Effect of adsorption capacity of dissolved humic matter on leachability of dioxins from raw and treated fly ashes of municipal solid waste incinerators
    発表者 : 大迫政浩
    掲載誌 : Arch.Environ.Contam.Toxicol., 46(1):8-16 (2004)
  • 不法投棄等衛生監視システムの開発 不法投棄の早期発見のために
    発表者 : 大迫政浩, 田崎智宏, 川畑隆常
    掲載誌 : かんきょう, 29(8):42-43 (2004)
  • Measurement of polynuclear aromatic hydrocarbons in canine lung after alkaline decomposition
    発表者 :
    掲載誌 : J.Vet.Med.Sci., 66(7):793-796 (2004)
  • 高度リン回収および余剰汚泥減容化を志向した排水処理プロセスの開発および評価
    発表者 : 稲森悠平, 中川和哉, 鈴木康之, 近藤貴志, 常田聡, 平田彰
    掲載誌 : 用水と廃水, 46:671-677 (2004)
  • 有機性廃棄物を主原料とする堆肥抽出物の変異原性
    発表者 : 西村和之, 中島大介, 高木敬彦, 大河内由美子, 井上雄三, 後藤純雄, 川本克也
    掲載誌 : 環境化学, 14(3):605-611 (2004)
  • Detection and sequencing of the microcystin LR-degrading gene,mlrA,from new bacteria isolated from Japanese lakes
    発表者 : 稲森悠平, 板山朋聡
    掲載誌 : FEMS Microbiol.Lett., 229:271-276 (2004)
  • Design of 16S rRNA-targeted oligonucleotide probes and microbial community analysis in the denitrification process of a saline industrial wastewater treatment system
    発表者 : Yoshie S.(*1), Noda N.(*2), Tsuneda S.(*1), Hirata A.(*1), Inamori Y.(稲森悠平)
    掲載誌 : FEMS Microbiol.Lett., 235:183-189 (2004)
  • 食品事業場における界面活性剤の適正使用とPRTR法
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (89):62-63 (2004)
  • Rate coefficients for the gas-phase reactions of OH radicals with methylbutenols at 298k
    発表者 : Imamura T.(今村隆史), Iida Y.(*1), Obi K.(*1), Nagatani I.(*2), Nakagawa K.(*2), Patroescu-Klotz I.
    掲載誌 : Int.J.Chem.Kinet., 36:379-385 (2004)
  • Measurements of the line parameters in the nu4 band of CH4 and nu1 band of N2O
    発表者 : Tanaka T.(田中智章), Fukabori M.(*1), Nakajima H.(中島英彰), Yokota T.(横田達也), Watanabe T.(*2)
    掲載誌 : Int.Workshop Crit.Eval.mm-/submm-wave Spectrosc.Data Atmos.Obs.: Proc., 100-103 (2004)
  • Investigation of polar stratospheric cloud solid particle formation mechanisms using ILAS and AVHRR observations in the Arctic
    発表者 : Irie H.(*1), Pagan K.L.(*2,3), Tabazadeh A.(*3), Sugita T.(杉田考史)
    掲載誌 : Geophys.Res.Lett., 31(15):L15107-1-L15107-4 (2004)
  • 統計学的手法によるダイオキシン類の発生源推定のための基礎検討
    発表者 : 橋本俊次
    掲載誌 : 環境化学, 14(2):263-285 (2004)
  • ラベンダーオイルの抗不安作用とその有効成分の同定
    発表者 : 梅津豊司
    掲載誌 : Aroma Res., 5(2):136-143 (2004)
  • Optimization of a method for determining dioxin in whole blood samples based on solvent extraction and simplified cleanup
    発表者 : 森田昌敏, 伊藤裕康, 高澤嘉一, Hashimoto S.(橋本俊次)
    掲載誌 : Analyst, 129(4):315-322 (2004)
  • 内分泌かく乱化学物質に曝露されたチカイエカにおけるエンドポイントの検索:p-オクチルフェノールに関する検討
    発表者 : 掛川洋次, 渡邉泉, 久野勝治, 多田満
    掲載誌 : 環境毒性学会誌, 7(1):1-10 (2004)
  • 発表者 : 森田昌敏, Kamata R.(鎌田亮)
    掲載誌 : Gen.Comp.Endocrinol., 138(2):148-156 (2004)
  • A method for interleave measurements of 1H,1H-{13C},and 31P spectra from the same localized area at 4.7T wholebody system.
    発表者 : Mitsumori F.(三森文行), Takaya N.(高屋展宏), Watanabe H.(渡邉英宏)
    掲載誌 : Proc.Intl.Soc.Mag.Reson.Med., 11:2461 (2004)
  • Elongated T1 values in human brain and the optimization of MDEFT measurements at 4.7T
    発表者 : Takaya N.(高屋展宏), Watanabe H.(渡邉英宏), Mitsumori F.(三森文行)
    掲載誌 : Proc.Intl.Soc.Mag.Reson.Med., 11:2339 (2004)
  • In vivo localized 1H MR spectroscopy of the rat testis: Usefulness of lipid suppression technique by inversion pulse
    発表者 : Yamaguchi M.(山口雅之), Mitsumori F.,(三森文行), Watanabe H.(渡邉英宏), Takaya N.(高屋展宏)
    掲載誌 : Proc.Intl.Soc.Mag.Reson.Med., 11:926 (2004)
  • MRI装置撤去時の爆発事故に関する調査経過報告
    発表者 : 三森文行, 上野照剛
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(2):92-94 (2004)
  • Coherence
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):22-24 (2004)
  • Density matrix
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):34-35 (2004)
  • Diffusion
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):38 (2004)
  • Product operator formalism
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):116-118 (2004)
  • Stimulated echo
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : 日磁医誌, 24(Suppl.):157-158 (2004)
  • A method for diagnosis of plant environmental stresses by gene expression profiling using a cDNA macroarray
    発表者 : Tamaoki M.(玉置雅紀), Matsuyama T.(*1), Nakajima N.(中嶋信美), Aono M.(青野光子), Kubo A.(久保明弘), Saji H.(佐治光)
    掲載誌 : Environ.Pollut., 131(1):137-145 (2004)
  • Spermidine synthase genes are essential for survival of Arabidopsis
    発表者 : 佐治光, 玉置雅紀
    掲載誌 : Plant Physiol., 135(3):1565-1573 (2004)
  • The effects of Filter-Feeding planktivorous fish on production of protozoa and carbon flow from protozoa to zooplankton in a Eutrophic Lake
    発表者 : Sun L.(*1)(*2), Takamura N.(高村典子), Kim B.(*3), Fukushima M.(福島路生), Nakagawa M.(*4), Otsuki A.(*1)
    掲載誌 : J.Freshwater Ecol., 19(3):363-373 (2004)
  • The picophytoplankton in three chinese lakes of different trophic status and its relationship to fish populations
    発表者 : Wang J.(*1), Xie P.(*1), Takamura N.(高村典子), Xie L.(*1), Shao Z.(*1), Tang H.(*1)
    掲載誌 : J.Freshwater Ecol., 19(2):285-293 (2004)
  • 環境保全と経済発展の統合について議論した「国連持続可能な開発委員会 第12回会合(CSD12)」
    発表者 : 徐開欽
    掲載誌 : 用水と廃水, 46(7):529-531 (2004)
  • Estimating river discharge from very high-resolution satellite data: a case study in the Yangtze River,China
    発表者 :
    掲載誌 : Hydrol.Processes, 18(10):1927-1939 (2004)
  • Estimation of regional net primary productivity (NPP) using a process-based ecosystem model: How important is the accuracy of climate data?
    発表者 : Matsushita B.(*1), Xu M.(*2), Chen J.(*3), Kameyama S.(亀山哲), Tamura M.(田村正行)
    掲載誌 : Ecol.Modelling, 178:371-388 (2004)
  • 「重大化する中国の環境問題」IV.水資源問題と三峡ダム
    発表者 : 徐開欽
    掲載誌 : 中国年鑑2004(中国研究所編著,創土社,515p.), 71-74 (2004)
  • 流域圏環境管理のためのGISの活用-河川構造物による流域の分断化と河川生態への影響-
    発表者 : 亀山哲, 福島路生, 島崎彦人, 高田雅之, 金子正美
    掲載誌 : 資源環境対策, 40(11):41-49 (2004)
  • The watershed fragmentation by dams and its impacts on freshwater fishes
    発表者 : 福島路生, 亀山哲, 島崎彦人
    掲載誌 : ESRI Map Book(Sappington N.ed,ESRI Press,120p.), 89 (2004)
  • 3.3 環境の汚染 1.大気汚染
    発表者 : 上原清
    掲載誌 : シリーズ地球環境建築・専門編1−地域環境デザインと継承, 64-66 (2004)
  • Protective role of interleukin-6 in coagulatory and hemostatic disturbance induced by lipopolysaccharide in mice
    発表者 : 森田恒幸, 遠山千春, Takano H.(高野裕久), Inoue K.(井上健一郎), Yanagisawa R.(柳澤利枝)
    掲載誌 : Thromb.Haemost., 91(6):1194-1201 (2004)
  • 暑熱環境における無効発汗を考慮した人体平均皮膚表面温度の予測
    発表者 : 窪田英樹, 山越健弘, 鎌田紀彦, 朝比奈亮, 浜田博之, 若松伸司
    掲載誌 : 日本建築学会環境系論文集, (575):83-89 (2004)
  • Separation and characterization of alkyltrimethylbenzene derivatives in diesel exhaust particles(DEP)
    発表者 : Taneda S.(種田晋二), Mori Y.(*1), Sakushima A.(*2), Kamata K.(*1), Hayashi H.(*1), Seki K.(*3), Sakata M.(*1), Yoshino S.(*4), Yamaki K.(*4), Suzuki A.K.(鈴木明)
    掲載誌 : Environ.Sci., 11(3):171-178 (2004)
  • 自動車から排出される微小粒子の排出特性-排気中および道路沿道大気中における粒径分布の比較-
    発表者 : 小林伸治, 近藤美則, 田邊潔, 長谷川就一, 森口祐一, 若松伸司
    掲載誌 : 自動車技術会論文集, 35(3):71-76 (2004)
  • 車載型機器による走行動態調査と走行動態の燃費及び排出ガスに及ぼす影響の解析
    発表者 : 近藤美則, 小林伸治, 森口祐一, 田邊潔
    掲載誌 : 自動車技術会論文集, 35(3):77-83 (2004)
  • Statin,inflammation,and sepsis
    発表者 : Takano H.(高野裕久), Inoue K.(井上健一郎), Yanagisawa R.(柳澤利枝)
    掲載誌 : Chest, 125(6):2365 (2004)
  • Residential proximity to high-voltage power lines and risk of childhood hematological malignancies
    発表者 : Mizoue T.(*1), Onoe Y.(*2), Moritake H.(*3), Okamura J.(*4), Sokejima S.(*5), Nitta H.(新田裕史)
    掲載誌 : J.Epidemiol., 14(4):118-123 (2004)
  • 東アジアにおける硫黄化合物のソース・リセプター解析-地域気象モデルと結合した物質輸送モデルによるシミュレーション-
    発表者 : 片山学, 大原利眞, 村野健太郎
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 39(4):200-217 (2004)
  • Size distribution and characterization of ultrafine particles in roadside atmosphere
    発表者 : 森口祐一, 田邊潔, 若松伸司
    掲載誌 : J.Environ.Sci.Health,A, 39(10):2671-2690 (2004)
  • SPM年平均濃度と2%除外値の関係の近年の変遷
    発表者 : 神成陽容, 若松伸司
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 39(5):246-255 (2004)
  • 地理=旅行ガイド?GEOメーリングリストから 地理でサバイバル
    発表者 : 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 地理, 49(7):8-9 (2004)
  • 農業土木分野におけるフィールド計測技術(その11・最終講)-大気中の環境濃度計測技術-
    発表者 : 井上元
    掲載誌 : 農業土木学会誌, 72(6):495-500 (2004)
  • 2 概論「大気中の動態」
    発表者 : 西川雅高
    掲載誌 : エアロゾル用語集, 24-25 (2004)
  • 11 気象・地球環境「黄砂,土壌,鉱物エアロゾル」
    発表者 : 森育子, 西川雅高
    掲載誌 : エアロゾル用語集, 156-157 (2004)
  • 液体クロマトグラフ質量分析法を用いた総ミクロシスチンの定量法の開発
    発表者 : 高木博夫, 白井美幸, 佐野友春, 彼谷邦光
    掲載誌 : 環境化学, 14(3):587-596 (2004)
  • 巻頭言 未来世代のためのエネルギーにむけての社会インフラ改革
    発表者 : 西岡秀三
    掲載誌 : 環境情報科学, 33(3):1-1 (2004)
  • Inproved detectability with a polymer-based trapping device in rapid HPLC analysis for ultra-law levels of bispfhenol A(BPA) in environmental samples
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : Anal.Sci., 20:133-137 (2004)
  • Interspecies comparison of marine reservoir ages at the Kitakogane shell midden,Hokkaido,Japan
    発表者 : 森田昌敏, 柴田康行
    掲載誌 : Nucl.Instr.Methods Phys.Res.B, 376-381 (2004)
  • Intracisternal administration of p-n-Octyphenol into neonatal rats causes hyperactivity with the terminal deoxynucleotidyl transferase-mediated dUTP nick end-labelling(TUNEL)-positive cells in the mesencephalon where immunoreactivity for tyrosine hydroxylase is reduced by the chemical
    発表者 : Ishido M.(石堂正美), Masuo Y.(*1), Oka S.(*1), Niki E.(*2), Morita M.(森田昌敏)
    掲載誌 : J.Health Sci., 50(4):407-412 (2004)
  • Bisphenol A causes hyperactivity in the rat concomitantly with impairment of tyrosine hydroxylase immunoreactivity
    発表者 : Ishido M.(石堂正美), Masuo Y.(*1), Kunimoto M.(*2), Oka S.(*1), Morita M.(森田昌敏)
    掲載誌 : J.Neurosci.Res., 76:423-433 (2004)
  • 環境ホルモン-主要な内分泌攪乱物質とその測定法-
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : 日本臨床, 62(増刊号12):491-494 (2004)
  • Environmental risks and developing countries(An Asian perspective)
    発表者 : 兜眞徳
    掲載誌 : Risk Anal.Soc., 420-447 (2004)
  • (Non)Voluntarism for green house gas reduction by electric utilities: An assessment of ISO14001 and evaluation of the climate challenge program
    発表者 : Welch E.W.(*1), Hibiki A.(日引聡)
    掲載誌 : EAERE 2004(CD-ROM), 1-27 (2004)
  • Determinants of adoption of ISO14001 by a Japanese publicly-held manufacturer and the market valuation of a certified firm
    発表者 : Hibiki A.(日引聡), Higashi M.(*1), Matsuda A.(*2)
    掲載誌 : EAERE 2004 (CD-ROM), 1-20 (2004)
  • Post-2012 Climate policy regime: Divergent views,trends,and the importance of incentive mechanisms
    発表者 : 亀山康子
    掲載誌 : Reinf.Asia-Europe Co-Operat.Clim.Change, 212-229 (2004)
  • 経済の視点から持続可能な社会を
    発表者 : 藤野純一
    掲載誌 : 環境と文明, 12(11):7-8 (2004)
  • Evaluation and future of the Kyoto Protocol: Japan's perspective
    発表者 : 亀山康子
    掲載誌 : Int.Rev.Environ.Strategies, 5(1):71-82 (2004)
  • ILAS/ILAS-IIによるオゾンホールの定量観測
    発表者 : 横田達也
    掲載誌 : 計測と制御, 43(11):879-883 (2004)
  • A nadir looking SWIR sensor to monitor CO2 column density for Japanese GOSAT project
    発表者 : Yokota T.(横田達也), Morino I.(森野勇), Oguma H.(小熊宏之), Inoue G.
    掲載誌 : Proc.24th Int.Symp.Space Technol.Sci.(Selected Papers), 887-889 (2004)
  • サンゴ礁の広域モニタリング-現地観測と衛星観測の協調に向けて
    発表者 : 山野博哉
    掲載誌 : かんきょう, (12):42-43 (2004)
  • Lead in playground soil:exposure estimation of children via ingestion and contamination source
    発表者 : Aung N.N.(*1), Yoshinaga J.(*1), Tanaka A.(田中敦)
    掲載誌 : J.Environ.Chem., 14(3):545-553 (2004)
  • ミジンコを用いた甲殻類に対する内分泌攪乱化学物質のスクリーニング法開発
    発表者 : 鑪迫典久, 小田重人, 阿部良子, 森田昌敏, 井口泰泉
    掲載誌 : 環境科学会誌, 17(6):439-449 (2004)
  • Seasonal changes in sex ratio,maturation,and size composition of fresh water snail,sinotaia quadrata histrica,in Lake Kasumigaura
    発表者 : 森田昌敏, 鑪迫典久, 白石不二雄, Koshio M.(小塩正朗)
    掲載誌 : Environ.Sci., 11(5):243-257 (2004)
  • Involvement of the retinoid X receptor in the development of imposex caused by organotins in gastroponds
    発表者 : Nishikawa J.(*1), Mamiya S.(*1), Kanayama T.(*1), Nishikawa T.(西川智浩), Shiraishi F.(白石不二雄), Horiguchi T.(堀口敏宏)
    掲載誌 : Environ.Sci.Technol., 38(23):6271-6276 (2004)
  • Determination of four quinones in diesel exhaust particles,SRM 1649a,and atmospheric PM2.5
    発表者 : 小林隆弘
    掲載誌 : Aerosol Sci.Technol., 38(S1):68-81 (2004)
  • Bioassay-directed fractionation and salmonella mutagenicity of automobile and forklift diesel exhaust particles
    発表者 : Demarini D.M.(*1), Brooks L.R.(*1), Warren S.H.(*1), Glimour M.I.(*1), Kobayashi T.(小林隆弘), Singh P.(*1)
    掲載誌 : Environ.Health Parspect., 112(8):814-819 (2004)
  • Sample characterization of automobile and forklift diesel exhaust particles and comparative pulmonary toxicity in mice
    発表者 : 小林隆弘
    掲載誌 : Environ.Health Parspect., 112(8):820-825 (2004)
  • 地球温暖化と熱中症
    発表者 : 安藤満, 山元昭二, 浅沼信治
    掲載誌 : 日本生気象学会雑誌, 41(1):45-49 (2004)
  • Inhalation of low-level formaldehyde enhances nerve growth factor production in the hippocampus of mice
    発表者 : Fujimaki H.(藤巻秀和), Kurokawa Y.(黒河佳香), Kakeyama M.(掛山正心), Kunugita N.(*1), Fueta Y.(*1), Fukuda T.(*2), Hori H.(*1), Arashidani K.(*1)
    掲載誌 : Neuroimmunomodulation, 11:373-375 (2004)
  • Ultrastructural demonstration of mercury granules in the placenta of Metallothionein-Null pregnant mice after exposure to mercury vapor
    発表者 : 遠山千春, Suzuki J.(鈴木純子), Shimada A.(*1), Yamamoto E.(*1), Morita T.(*1), Yoshida M.(*2)
    掲載誌 : Toxicol.Pathol., 32:519-526 (2004)
  • The numbers of people with HIV/AIDS reported and not reported to the surveillance in Japan
    発表者 : Hashimoto S.(*1), Kawado M.(*1), Murakami Y.(村上義孝), Ichikawa S.(*2), Kimura H.(*3), Nakamura Y.(*4), Kihara M.(*5), Fukutomi K.(*6)
    掲載誌 : J.Epidemiol., 14(6):182-186 (2004)
  • ヒ素
    発表者 : 平野靖史郎, 小林弥生
    掲載誌 : 日本臨床, 62(増刊号12):522-525 (2004)
  • Characteristics of Asian aerosol transport simulated with a regional-scale chemical transport model during the ACE-Asia observation
    発表者 : 杉本伸夫, Shimizu A.(清水厚)
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109((D109)):D19S22 (2004)
  • 第22回レーザレーダ国際会議報告
    発表者 : 杉本伸夫, 長澤親生, 村山利幸, 水谷耕平, 椎名達雄, 久世宏明
    掲載誌 : O plus E, 26(10):1177-1181 (2004)
  • オゾン層の現状とオゾン層研究
    発表者 : 中根英昭
    掲載誌 : 科学技術動向, (43):21-31 (2004)
  • 有機エアロゾルの地域規模・地球規模の気候影響に関する研究
    発表者 : 畠山史郎
    掲載誌 : 地球温暖化研究イニシャティブシンポジム「気候変動研究の現在と将来戦略」講演概要集及び研究成果報告集, 159-160 (2004)
  • 山の木はなぜ枯れるのか?
    発表者 : 畠山史郎
    掲載誌 : めぐみ, (188):44-52 (2004)
  • 第5節 大気環境分析
    発表者 : 畠山史郎, 谷本浩志, 高見昭憲
    掲載誌 : 先端の分析法, 896-905 (2004)
  • 河川水中の溶存有機物分画データと流域特性の関係
    発表者 : 天野耕二, 松本邦治, 今井章雄, 松重一夫
    掲載誌 : 水環境学会誌, 27(10):659-664 (2004)
  • 土壌-河川-湖沼系におけるアルミニウムの動態と化学
    発表者 : 越川昌美, 高松武次郎
    掲載誌 : 地球環境, 9(1):83-91 (2004)
  • 第5節 河口域・干潟の生物調査 5-5植物(藻場・塩生湿地を含む)調査
    発表者 : 矢部徹, 國井秀伸
    掲載誌 : 地球環境調査計測事典 第2巻 陸域編2(竹内均監修,フジテクノシステム,1166p.), 300-304 (2004)
  • 環境保全と応用生態学
    発表者 : 矢部徹, 椿宜高, 竹中明夫, 永田尚志, 五箇公一, 中嶋信美, 福島路生, 高村典子, 奥田敏統, 野原精一, 堀口敏宏, 吉田勝彦
    掲載誌 : 生態学入門, 211-239 (2004)
  • 小笠原のトビケラ目
    発表者 : 佐竹潔, 倉西良一, 上野隆平
    掲載誌 : 東洋のガラパゴス小笠原−固有生物の魅力とその危機−, 74-75 (2004)
  • 小笠原の川のエビたち
    発表者 : 佐竹潔, 上野隆平
    掲載誌 : 東洋のガラパゴス小笠原−固有生物の魅力とその危機−, 63-65 (2004)
  • 小笠原のユスリカ
    発表者 : 上野隆平, 五箇公一, 佐竹潔
    掲載誌 : 東洋のガラパゴス小笠原−固有生物の魅力とその危機−, 76-77 (2004)
  • トビケラって知ってる?
    発表者 : 佐竹潔, 倉西良一
    掲載誌 : 季刊誌i-Bo, 12:16-17 (2004)
  • Polycyclic aromatic hydrocarbon concentrations of airborne particles in urban air over the past twenty Years
    発表者 : 田邊潔
    掲載誌 : Polycyclic Aromat.Compd., 24(4/5):635-646 (2004)
  • Gas/Particle and size distributions of polycyclic aromatic hydrocarbons in ambient air in Tokyo 2001-2002
    発表者 : 中島大介
    掲載誌 : Polycyclic Aromat.Compd., 24:647-656 (2004)
  • Determining sources of atmospheric polychlorinated biphenyls based on their fracturing concentrations and congener compositions
    発表者 : Uraki Y.(*1), Suzuki S.(鈴木茂), Yasuhara A.(安原昭夫), Shibamoto T.(*2)
    掲載誌 : J.Environ.Sci.Health, A39(11/12):2755-2772 (2004)
  • 高負荷型し尿処理施設における亜酸化窒素排出係数に関する考察
    発表者 : 大村友章, 河窪義男, 山田正人
    掲載誌 : 都市清掃, (260):400-406 (2004)
  • 廃棄物に関する研究の現状と課題
    発表者 : 山田正人
    掲載誌 : 全国環境研会誌, 29(3):142-145 (2004)
  • 発表者 : Osako M.(大迫政浩), Kim Y.-J.(*1), Sakai S.(酒井伸一)
    掲載誌 : Chemosphere, 57:1571-1579 (2004)
  • Trends in Japanese zero emission systems that lead world -Creation of recycling systems centering on materials industries-
    発表者 : Osako M.(大迫政浩), Yoshikawa K.(*1), Urashima K.(*1)
    掲載誌 : Sci.Tecnol.Trends, (13):85-95 (2004)
  • ごみ分別に関する行政施策の市民参加への影響予測に関する研究
    発表者 : 松井康弘, 大迫政浩, 田中勝
    掲載誌 : 廃棄物学会論文誌, 15(5):1-11 (2004)
  • 超高速・高効率型キャビテーション加圧式バイオリアクターによる水処理の高度化技術(2)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (91):54-55 (2004)
  • 超高速・高効率型キャビテーション加圧式バイオリアクターによる水処理の高度化技術(1)
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (90):56-57 (2004)
  • スピルリナの生育環境と有価物回収のための大量培養特性
    発表者 : 稲森悠平, 孔海南, 稲森隆平
    掲載誌 : 月刊食品工場長, (92):74-75 (2004)
  • Congener-specific composition of polychlorinated naphthalenes,coplanar PCBs,dibenzo-p-dioxins,and dibenzofurans in the Halowax series
    発表者 : Noma Y.(野馬幸生), Yamamoto T.(山本貴士), Sakai S.(酒井伸一)
    掲載誌 : Environ.Sci.Technol., 38:1675-1680 (2004)
  • By-side impurities in chloronaphthalene mixtures of the Halowax series: all 12 chlorobenzenes
    発表者 : Noma Y.(野馬幸生), Yamamoto T.(山本貴士), Falandysz J.(*1), Lukaszewicz E.(*1), Gutfranska A.(*1), Sakai S.(酒井伸一)
    掲載誌 : J.Environ.Sci.Health, A39(8):2011-2022 (2004)
  • By-side impurities in chloronaphthalene mixtures of the Halowax series: all 19 chlorophenols
    発表者 : Noma Y.(野馬幸生), Yamamoto T.(山本貴士), Falandysz J.(*1), Gutfranska A.(*1), Lukaszewicz E.(*1), Sakai S.(酒井伸一)
    掲載誌 : J.Environ.Sci.Health, A39(8):2023-2034 (2004)
  • By-side impurities in chloronaphthalene mixtures of the Halowax series: all 209 chlorobiphenyls
    発表者 : Noma Y.(野馬幸生), 酒井伸一, Ishikawa Y., Falandysz J.(*1), Jecek L.(*1), Gulkowska A.(*1)
    掲載誌 : J.Environ.Sci.Health, A39(8):2035-2058 (2004)
  • 保管PCB廃棄物のPCBsおよびダイオキシン類
    発表者 : 野馬幸生, 石川紫, 能勢和聡, 峯戸松勝秀, 滝上英孝, 酒井伸一, 泉澤秀一, 鏑木儀郎
    掲載誌 : 環境化学, 14(3):501-518 (2004)
  • PCB保管の現状とその処理技術
    発表者 : 野馬幸生
    掲載誌 : 化学と教育, 14(51):536-539 (2004)
  • Studies on interaction between dissoolved humic matter and heavy metals present in MSW incineration residue
    発表者 : 大迫政浩
    掲載誌 : Mod.Landfill Technol.Manage., 283-289 (2004)
  • 固形廃棄物の溶出試料の有害性評価法の検討
    発表者 : 毛利紫乃, 山田正人, 庄司良, 酒井康行
    掲載誌 : 環境科学会誌, 17(6):479-491 (2004)
  • 最終処分場浸出水が生態系に及ぼす影響評価
    発表者 : 岡村秀雄, 毛利紫乃, 山田正人, 井上雄三, 三重野紘央, 井藤悠貴, 藤田あい, 国本学
    掲載誌 : 環境科学会誌, 17:451-460 (2004)
  • 植物に及ぼす汚染土壌・廃棄物溶出試料の有害性評価
    発表者 : 中山秀謹, 庄司良, 毛利紫乃, 山田正人, 井上雄三, 滝上英孝, 別府敏夫, 酒井康行, 迫田章義
    掲載誌 : 環境科学会誌, 17(6):469-478 (2004)
  • 熱分解ガス化溶融灰からのダイオキシン類生成
    発表者 : 鈴木和将, 山崎均, 神田伸靖, 川本克也
    掲載誌 : 廃棄物学会論文誌, 15(6):456-464 (2004)
  • 熱分解ガス化-改質によるバイオマス・廃棄物からの水素製造技術の現状と課題
    発表者 : 川本克也, 倉持秀敏, 呉畏
    掲載誌 : 廃棄物学会論文誌, 15(6):443-455 (2004)
  • ごみ固形燃料(RDF)の火災危険性と事故原因について
    発表者 : 安原昭夫
    掲載誌 : 安全工学, 43(6):392-399 (2004)
  • Relationship between size and shape in the sexually dimorphic beetle prosopocoilus inclinatus(Coleoptera: Lucanidae)
    発表者 : Tatsuta H.(立田晴記), Mizota K.(*1), Akimoto S.(*2)
    掲載誌 : Biol.J.Linn.Soc, 81:219-233 (2004)
  • 相対成長解析-ミヤマクワガタ形態の変異と進化-
    発表者 : 立田晴記
    掲載誌 : 実践生物統計学−分子から生態まで, 25-35 (2004)
  • LC/MSの環境分析への適用
    発表者 : 白石寛明
    掲載誌 : Chromatography, 25(Suppl.2):67-68 (2004)
  • 発表者 : Maruyama W.(丸山若重), Yoshida K.(*1), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Toxicol.Pharmacol., 18:21-37 (2004)
  • 大気中の化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 松本幸雄, 中杉修身
    掲載誌 : 日本リスク研究学会誌, 15(1):55-67 (2004)
  • 遺伝子導入ゼブラフィッシュを用いた変異原物質のバイオアッセイ
    発表者 : 青木康展, 天沼喜美子
    掲載誌 : 用水と廃水, 46(12):3-8 (2004)
  • 環境法
    発表者 : 井上秀典, 奥真美, 岡松暁子
    掲載誌 : 法律時報, 76(13):127-131 (2004)
  • MOX工場事件
    発表者 : 岡松暁子
    掲載誌 : 環境法研究, (29):113-121 (2004)
  • 発表者 : Tanaka T.(田中智章), Nakajima H.(中島英彰), Yokota T.(横田達也), Sasano Y.(笹野泰弘), Fukabori M.(*1), Aoki T.(青木忠生), Watanabe T.(*2)
    掲載誌 : J.Mol.Spectrosc., 228:213-215 (2004)
  • Laser-induced fluorescence of cyclohexadienyl(C6H7) radical in the gas phase
    発表者 : 今村隆史
    掲載誌 : J.Chem.Phys., 121(14):6861-6867 (2004)
  • オゾンホールを予測する手立て
    発表者 : 秋吉英治
    掲載誌 : オゾンのゆくえ 気象変動とのかかわりをさぐる, 152-159 (2004)
  • Geo-referenced multimedia environmental fate model(G-CIEMS): Model formulation and comparison to the generic model and monitoring approaches
    発表者 : 森田昌敏, 森口祐一, 田邊潔, 鈴木規之, 櫻井健郎, 松橋啓介, 中杉修身
    掲載誌 : Environ.Sci.Technol., 38(21):5682-5693 (2004)
  • 有害化学物質対策とGIS-現状と今後の展望-
    発表者 : 鈴木規之
    掲載誌 : 資源環境対策, 40(11):57-64 (2004)
  • Stage I.comparison of descriptions of main processes determining POP behavior in viarious environmental compartments
    発表者 : Shatalov V.(*1), Mantseva E.(*1), Baart A.(*2), Bartlett P.(*3), Breivik K.(*4), Christensen J.(*5), Dutchak S.(*1), Kallweit D.(*6), Suzuki N.(鈴木規之)
    掲載誌 : POP Model Intercomparison Stud.(MSC-E Technical Rep.1/2004)(Meteorological Synthesizing Centre-East,167p.) (2004)
  • 小笠原のミツバチ
    発表者 : 五箇公一
    掲載誌 : 東洋のガラパゴス小笠原−固有生物の魅力とその危機−, 114-116 (2004)
  • Changes in morphological characteristics of an introduced population of the threespine stickleback Gasterosteus aculeatus in Lake Towada,Northern Japan
    発表者 : Mori S.(*1), Takamura N.(高村典子)
    掲載誌 : Ichthyol.Res., 51:295-300 (2004)
  • 光を受ける植物のかたち
    発表者 : 竹中明夫
    掲載誌 : 植物生態学, 81-113 (2004)
  • Simulation of drying phenomena associated with vegetation change caused by invasion of alder(Alnus japonica) in Kushiro Mire
    発表者 : Nakayama T.(中山忠暢)
    掲載誌 : Water Resour.Res., 40(8):W08402 (2004)
  • 長江の流域管理をさまざまな角度から議論した「第2回IAG長江河川学術会議」に参加して
    発表者 : 徐開欽
    掲載誌 : 用水と廃水, 46(9):728-729 (2004)
  • 第4章 生物膜法
    発表者 : 徐開欽, 稲森悠平
    掲載誌 : 水環境保全のための生物膜, 101-139 (2004)
  • Anomalous current recorded at lower low water off the Changjiang River mouth,China
    発表者 : Wang Z.(*1), Chen Z.(*1), Okamura K.(*2), Gao J.(*3), Koshikawa H.(越川海)
    掲載誌 : Geo-Mar.Lett., 24(4):252-258 (2004)
  • 大気中二次粒子の濃度予測手法の開発
    発表者 : 速水洋, 小林伸治
    掲載誌 : 電力中央研究所報告, (T03037):1-17 (2004)
  • Current ststus of actual fuel-consumptions of petrol-fuelled passenger vehicles in Japan
    発表者 : 森口祐一, 松橋啓介
    掲載誌 : Appl.Energ., 79:291-308 (2004)
  • 市区町村の運輸部門CO2排出量の推計手法に関する比較研究
    発表者 : 松橋啓介, 工藤祐揮, 上岡直見, 森口祐一
    掲載誌 : 環境システム研究論文集, 32:235-242 (2004)
  • 大気中粒子状物質の健康影響
    発表者 : 新田裕史
    掲載誌 : 混相流, 18(2):96-103 (2004)
  • cDNA microarray analysis of rat alveolar epithelial cells following exposure to organic extract of diesel exhaust particles
    発表者 : 平野靖史郎, 小林隆弘, 古山昭子, Koike E.(小池英子)
    掲載誌 : Toxicol.Appl.Pharmacol., 201(2):178-185 (2004)
  • 大規模市民参加型まちづくりワークショップの事例報告-西オーストラリア州パース都市圏におけるフォーラム「都市との対話」の取り組み-
    発表者 : 松橋啓介
    掲載誌 : 都市計画論文集, 39(3):331-336 (2004)
  • 自動車に起因する大気汚染物質排出量推計手法の開発(I) 重量区分別走行量を考慮したマクロ推計
    発表者 : 松橋啓介, 田邊潔, 森口祐一, 小林伸治
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 39(6):280-293 (2004)
  • 自動車に起因する大気汚染物質排出量推計手法の開発(II) 地域分布推計と沿道曝露人口の試算
    発表者 : 松橋啓介, 田邊潔, 森口祐一, 小林伸治
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 39(6):294-303 (2004)
  • Immunization against endogenous inhibin increases normal Oocyte/Embryo production in adult mice
    発表者 : Medan M.S.(*1)(*2), Wang H.(*1)(*3), Watanabe G.(*1)(*4), Suzuki A.K.(鈴木明), Taya K.(*1)(*4)
    掲載誌 : Endocrinology, 24(2):115-119 (2004)
  • 衛星リモートセンシングとメソスケール気象モデルを用いた都市緑地のヒートアイランド緩和効果の評価
    発表者 : 平野勇二郎, 安岡善文, 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 環境科学会誌, 17(5):343-358 (2004)
  • ソウルの大規模な清流復活事業「清渓川復元」
    発表者 : 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : Nelsis, 5:39-42 (2004)
  • 研究者に必要な語学とは
    発表者 : 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 総合政策研究(関西学院大学), (17):48-49 (2004)
  • 黄河流域における地下水利用の現状把握と将来予測手法の開発
    発表者 : 一ノ瀬俊明, 大坪國順, 王勤学, 張祖陸, 衣笠聡史
    掲載誌 : 環境システム研究論文発表会講演集, 32:551-556 (2004)
  • 食糧需給関係及び経済力格差にもとづく中国国内食糧輸送モデルの構築
    発表者 : 一ノ瀬俊明, 王勤学, 大坪國順
    掲載誌 : 環境システム研究論文集, 32:213-223 (2004)
  • 世界遺産・九寨溝にかいま見たチベット文化
    発表者 : 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 地理, 49(11):102-108 (2004)
  • 高アルベド塗料を塗布したコンクリート面の表面温度と熱収支の観測
    発表者 : 平野勇二郎, 新津潔, 大橋唯太, 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 環境情報科学論文集, (18):247-252 (2004)
  • セダムを植栽した屋上緑化面における放射収支,地中熱貫流および地中温度長期観測
    発表者 : 新津潔, 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 環境システム研究論文発表会講演集, 32:177-182 (2004)
  • 高アルベド塗料の塗布によるコンクリート表面の温度および熱収支特性の変化
    発表者 : 平野勇二郎, 新津潔, 大橋唯太, 一ノ瀬俊明
    掲載誌 : 環境システム研究論文発表会講演集, 32:183-188 (2004)
  • 大気から見た二酸化炭素収支
    発表者 : 井上元
    掲載誌 : 地球環境, 9(2):221-230 (2004)
  • 二酸化炭素を宇宙から測る-温室効果ガスの全球観測をめざして-
    発表者 : 井上元
    掲載誌 : パリティ, 20(1):58-60 (2004)
  • Interval immobilization technique for recognition toward a highly hydrophilic cyanobacterium toxin
    発表者 : 佐野友春, 高木博夫
    掲載誌 : J.Chromatogr.B, 806:229-235 (2004)
  • Polymer-based adsorption medium prepared using a fragment imprint technique for homologues of chlorinated bisphenol A produced in the environment
    発表者 : 佐野友春
    掲載誌 : J.Chromatogr.A, 1029:37-41 (2004)
  • Novel surface-modification techniques for polymer-based separation media -Stimulas-responsive phenomena based on double polymeric selectors
    発表者 : Hosoya K.(*1), Watabe Y.(*1), Kubo T.(*2), Hoshino N.(*1), Tanaka N.(*1), Sano T.(佐野友春), Kaya K.(*2)
    掲載誌 : J.Chromatogr.A, 1030:237-246 (2004)
  • A Dhb-microcystin from the filamentous cyanobacterium Planktothrix rubescens.
    発表者 : 佐野友春
    掲載誌 : Phytochemistry, 65:2159-2162 (2004)
  • Effects of five different salts on seed germination and seedling growth of Haloxylon ammodendron(Chenopodiaceae)
    発表者 : Tobe K.(戸部和夫), Li X.(*1), Omasa K.(*2)
    掲載誌 : Seed Sci.Res., 14:345-353 (2004)
  • Scientific prospect of a certified reference material for study on the urban dust in china
    発表者 : Sun Z.(*1), Nishikawa M.(西川雅高), Wu Z.(*1), Mori I.(森育子), Matoba S.(的場澄人)
    掲載誌 : Proc.China-Jpn.Symp.Environ.Chem., 170-172 (2004)
  • Comparison of atmospheric particulate pretreatment methods for ICP-AES analysis
    発表者 : Mori I.(森育子), Matoba S.(的場澄人), Sano T.(佐野友春), Di Y.(*1), Quan H.(*1), Nishikawa M.(西川雅高)
    掲載誌 : Proc.China-Jpn.Symp.Environ.Chem., 207-208 (2004)
  • Parallel testing of continuous monitoring equipment for PM2.5 and annual variation in PM2.5/SPM ratio
    発表者 : Nishikawa M.(西川雅高), Tanabe K.(田邊潔), Mori I.(森育子), Hasegawa S.(長谷川就一)
    掲載誌 : Proc.China-Jpn.Symp.Environ.Chem., 310-311 (2004)
  • Frullania neosheana,a new record to the hepatic flora of Borneo
    発表者 : Haerida I.(*1), Yamaguchi T.(*2), Windadri F.I.(*1), Shimizu H.(清水英幸), Simbolon H.(*1)
    掲載誌 : Hikobia, 14:185-186 (2004)
  • Ameliorating effect of calcium on primary root elongation of soybean under sodium stress
    発表者 : 清水英幸
    掲載誌 : Biologia, 59/Suppl.(13):129-135 (2004)
  • Motor hyperactivity caused by the deficit in dopaminergic neurons and effects of endocrine disruptors
    発表者 : Masuo Y.(*1), Morita M.(森田昌敏), Oka S.(*1), Ishido M.(石堂正美)
    掲載誌 : Regul.Peptides, 123:225-234 (2004)
  • 日本を対象とした経済モデルによる炭素税導入の影響分析
    発表者 : 増井利彦, 松岡譲, 甲斐沼美紀子
    掲載誌 : 環境経済・政策学会年報 第9号 環境税, 57-67 (2004)
  • 技術選択モデルによる京都議定書達成に要する炭素税率と政策分析
    発表者 : 日比野剛, 松岡譲, 甲斐沼美紀子
    掲載誌 : 環境経済・政策学会年報 第9号 環境税, 68-79 (2004)
  • Municipal waste and emissions in Asia and the Pacific
    発表者 : 増井利彦
    掲載誌 : The GEC-3 Scenarios 2002-2032 Quantification and Analysis of Environmental Impacts, 101-118 (2004)
  • 自然風景地における混雑感の測定
    発表者 : 青木陽二, 青木宏一郎, 岡田一天, 奥田直久
    掲載誌 : 日本観光研究会 第19回全国大会論文集, 329-330 (2004)
  • 環境保全のインセンティブと環境政策・ステークホルダーの影響 環境管理に関するOECD事業所サーベイから
    発表者 : 日引聡, 有村俊秀
    掲載誌 : 東京工業大学社会工学専攻ディスカッションペーパー, (04/05):1-45 (2004)
  • EST case studies and perspectives in Japan
    発表者 : Moriguchi Y.(森口祐一), Kato H.(*1)
    掲載誌 : Eur.J.Transp.Infrastructure Res., 4(1):121-145 (2004)
  • 欧州におけるVOCの規制と削減動向
    発表者 : 寺園淳, ユッタ・ゲルダーマン
    掲載誌 : 生活と環境, 49(4):51-58 (2004)
  • PRTR情報から自動車排ガス対策を考える
    発表者 : 森口祐一
    掲載誌 : 化学物質と環境, 65:8-10 (2004)
  • Marine reservoir correction in the south of Vietnam estimated from an annually-banded coral
    発表者 : 柴田康行, 小林隆弘
    掲載誌 : Radiocarbon, 46(2):657-660 (2004)
  • High-resolution (14)C analyses of annually-banded coral skeletons from Ishigaki Island, Japan: implications for oceanography
    発表者 : 柴田康行, 小林隆弘
    掲載誌 : Nucl.Instr.Methods Phys.Res.B, 223-224:455-459 (2004)
  • サンゴ骨格年輪の(14)C分析による海洋環境研究
    発表者 : 三ツ口丈裕
    掲載誌 : 地球化学, 38(4):287-301 (2004)
  • Interaction of inorganic arsenic with biogenic manganese oxide produced by a Mn-Oxidizing fungus, strain KR21-2
    発表者 : Tani Y.(*1), Miyata N.(*1), Ohashi M.(*1), Ohnuki T.(*2), Seyama H.(瀬山春彦), Iwahori K.(*1), Soma M.(*1)
    掲載誌 : Environ.Sci.Technol., 38(24):6618-6624 (2004)
  • Characterization of nickel in airborne particulate matter by XANES technique
    発表者 : Hirabayashi M.(*1), Matsuo M.(*1), Tanabe K.(田邊潔), Kobayashi S.(小林伸治), Nomura M.(*2)
    掲載誌 : Photon Fact.Act.Rep.2003, 21B:29 (2004)
  • The reaction of bisphenol A 3,4-quinone with DNA
    発表者 :
    掲載誌 : Biochem.Biophys.Res.Commun., 319:556-561 (2004)
  • フェリーを利用する海洋観測プラットフォームの開発及び日本近海における有害化学物質による海洋汚染観測
    発表者 : 功刀正行, 藤森一男, 中野武, 原島省
    掲載誌 : 分析化学, 53(12):1375-1387 (2004)
  • 曝露期間の異なる性転換メダカの繁殖能力と生殖腺組織学に関する検討
    発表者 : 平井慈恵, 難波亜由美, 小塩正朗, 森田昌敏, 鑪迫典久, Koshio M.(小塩正朗)
    掲載誌 : 環境毒性学会誌, 7(2):49-53 (2004)
  • Stock structure of Australian herring(Arripis georgiana) in southwestern Australia
    発表者 :
    掲載誌 : Fish.Res., 67(1):39-53 (2004)
  • Bacterial degradation of arsenobetaine via dimethylarsinoylacetate
    発表者 :
    掲載誌 : Arch.Microbiol., 180(2):142-150 (2004)
  • An origin for arsenobetaine involving bacterial formation of an arsenic-carbon bond
    発表者 :
    掲載誌 : FEMS Microbiol.Lett., 235(1):95-99 (2004)
  • 2.1 メダカを使用した試験方法の開発-日韓のメダカを用いたフィールド調査のための基礎的研究-
    発表者 : 鑪迫典久
    掲載誌 : 平成15年度内分泌攪乱化学物質問題に関する日韓共同研究報告書((独)国立環境研究所,環境省受託報告書,171p.), 8-14 (2004)
  • Protective role of metallothionein acute lung injury induced by bacterial endotoxin
    発表者 : Takano H.(高野裕久), Inoue K.(井上研一郎), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Sato M.(*1), Shimada A.(*2), Morita T.(森田恒幸), Sawada M.(*2), Nakamura K.(*2), Sanbongi C.(*3), Yoshikawa T.(*4)
    掲載誌 : Thorax, 59:1057-1062 (2004)
  • Mouse strain differences in eosinophilic airway inflammation caused by intratracheal instillation of mite allergen and diesel exhaust particles
    発表者 :
    掲載誌 : J.Appl.Toxicol., 24(1):69-76 (2004)
  • A novel water-soluble vitamin e derivative prevents acute lung injury by bacterial endotoxin
    発表者 : Uchiyama K.(*1), Takano H.(高野裕久), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Inoue K.(井上研一郎), Naito Y.(*1), Yoshida N.(*1), Yoshino S.(*2), Murase H.(*3), Ichinose T.(*4), Yoshikawa T.(*1)
    掲載誌 : Clin.Exp.Pharmacol.Physiol, 31:226-230 (2004)
  • Rosmarinic acid in perilla extract inhibits allergic inflammation induced by mite allergen,in a mouse model
    発表者 : Sanbongi C.(*1), Takano H.(高野裕久), Osakabe N.(*1), Sasa N.(*1), Natsume M(*1), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Inoue K,.(*2), Sadakane K.(*3), Ichinose T.(*3), Yoshikawa T.(*2)
    掲載誌 : Clin.Exp.Allergy, 34:971-977 (2004)
  • Effects of the phosphodiesterase IV inhibitor rolipram on Th1 and Th2 immune responses in mice
    発表者 : Yamaki K.(*1), Li X.(*1), Uchida H.(*1), Alam A.H.M.(*2), Hossain H.(*2), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Takano H.(高野裕久), Hayashi H.(*3), Taneda S., Mori Y.(*3), Yoshino S.(*1)
    掲載誌 : J.Pharm.Pharmacol., 56:877-882 (2004)
  • Prenatal exposure to bisphenol A upregulates immune responses,including T helper 1 and T helper 2 responses,in mice
    発表者 : Yoshino S.(*1)(*2), Yamaki K.(*1), Xiaojuan Li.(*1), Sai T.(*2), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Takano H.(高野裕久), Hayashi H.(*3)(*4), Mori Y.(*3)
    掲載誌 : Immunology, 112:489-495 (2004)
  • Liver carcinogenesis and formation of 8-hydroxy-deoxyguanosine in C3H/HeN mice by oxidized dietary oils containing carcinogenic dicarbonyl compounds
    発表者 : Ichinose T.(*1), Sera N.(*2), Takano H.(高野裕久), Abe M.(*1), Sadakane K.(*1), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Ochi H.(*3), Fujioka K.(*4), Leee K-G.(*4), Shibamoto T.(*4)
    掲載誌 : Food Chem.Toxicol., 42:1795-1803 (2004)
  • Complementary DNA microarray analysis in acute lung injury induced by lipopolysaccharide and diesel exhaust particles
    発表者 : Yanagisawa R.(柳澤利枝), Takano H.(高野裕久), Inoue K.(井上健一郎), Ichinose T.(*1), Sadakane K.(*1), Yoshida S.(*1), Takeda K.(*2), Yoshino S.(*3), Yamaki K.(*3), Kumagai Y.(*4), Yoshikawa T.(*5)
    掲載誌 : Exp.Biol.Med., 229:1081-1087 (2004)
  • Effect of varying types of anti-arthritic drugs on Th1 and Th2 immune responses in mice
    発表者 : Yamaki K(*1), Uchida H(*1), Li X(*1), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Takano H.(高野裕久), Hayashi H.(*2), Mori Y.(*2), Yoshino S.(*1)
    掲載誌 : Int.J.Immunopathol.Pharmacol., 18:133-144 (2004)
  • アレルギー相談室Q and A 環境ホルモンとアレルギー疾患の関連
    発表者 : 高野裕久
    掲載誌 : アレルギーの臨床, 24:177 (2004)
  • Arsenic speciation in bile and urine following oral and intravenous exposure to inorganic arsenic in rat
    発表者 : 平野靖史郎
    掲載誌 : Toxicol.Sci., 82(2):478-487 (2004)
  • Aberrant expressions of pRb and p16INK4a,alone and in combination,indicates poor outcome after resection in patients with colorectal carcinoma
    発表者 :
    掲載誌 : Human Pathol., 35(10):1189-1195 (2004)
  • Determination of atmospheric nitrobenzanthrones by high-performance liquid chromatography with chemiluminescence detection
    発表者 : Tang N.(*1), Taga R.(*1), Hattori,T.(*2), Tamura K.(田村憲治), Toriba,A.(*2), Kizu R.(*1)(*2), Hayakawa K.(*1)(*2)
    掲載誌 : Anal.Sci., 20:119-123 (2004)
  • 大気中亜硝酸ガスの発生源に関する新しい知見
    発表者 : 佐藤啓市
    掲載誌 : 化学と工業, 57(11):1217 (2004)
  • 第1回SOLAS International summer school参加報告
    発表者 : 谷本浩志, 藤井賢彦, 大木敦之
    掲載誌 : 地球化学, 38(2):24-25 (2004)
  • A quantitative assessment of the 1998 carbon monoxide emission anomaly in the Northern Hemisphere based on total column and surface concentration measurements
    発表者 : Yurganov L.N.(*1), Blumenstock T.(*2), Grechko E.I.(*3), Hase F.(*2), Hyer E.J.(*4), Kasischke E.S.(*4), Koike M.(*5), Kondo Y.(*5), Kramer I.(*2), Tanimoto H.(谷本浩志)
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109(D15):D15305 (2004)
  • Long-range transport of Siberian biomass burning emissions and impact on surface ozone in western North America
    発表者 : Jaffe D.(*1), Bertschi I.(*1), Jaegl L.(*1), Novelli P.(*2), Reid J.S.(*3), Tanimoto H.(谷本浩志), Vingarzan R.(*4), Westphal D.L.(*3)
    掲載誌 : Geophys.Res.Lett., 31:L16106 (2004)
  • 「大気化学研究の今後を考える会」のお知らせ
    発表者 : 谷本浩志, 高橋けんし, 金谷有剛
    掲載誌 : 大気化学研究会ニュースレター, (11):4 (2004)
  • 2.3 乾性沈着に関する調査
    発表者 : 谷本浩志
    掲載誌 : 酸性雨対策調査総合とりまとめ報告書, 20-23 (2004)
  • Increased Northern Hemispheric carbon monoxide burden in the troposphere in 2002 and 2003 detected from the ground and from space
    発表者 : Yurganov L.N.(*1), Duchatelet P.(*2), Dzhola A.V.(*3), Edwards D.P.(*4), Hase F.(*5), Kramer I.(*5), Mahieu E.(*2), Mellqvist J.(*6), Notholt J.(*7), Tanimoto H.(谷本浩志)
    掲載誌 : Atmos.Chem.Phys.Discuss., (4):4999-5017 (2004)
  • ガスクロマトグラフ法による大気中酸素/窒素比の精密測定
    発表者 : 遠嶋康徳
    掲載誌 : 分析化学, 53(12):1389-1398 (2004)
  • Continuos observations of Asian dust and other aerosols by polarization lidars in China and Japan during ACE-Asia
    発表者 : Shimizu A.(清水厚), Sugimoto N.(杉本伸夫), Matsui I.(松井一郎), Arao K.(*1), Uno I.(*2), Murayama T.(*3), Kagawa N.(*4), Aoki K.(*5), Uchiyama A.(*6), Yamazaki A.(*6)
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109:D19S17 (2004)
  • Ground state spectrum of methylcyanide
    発表者 : Simeckova M.(*1), Urban S.(*1)(*2), Fuchs U.(*3), Lewen F.(*3), Winnewisser G.(*3), Morino I.(森野勇), Yamada K.M.T.(*4)
    掲載誌 : J.Mol.Spectrosc., 226:123-136 (2004)
  • スターチとプロテインを炭素源とする高温メタン発酵槽における有機酸分解特性及び微生物生態の評価
    発表者 : 谷川大輔, 山口隆司, 市坪誠, 荒木信夫, 高橋康晴, 珠坪一晃, 宮晶子, 長屋由亀, 原田秀樹
    掲載誌 : 環境工学研究論文集, 41:87-95 (2004)
  • Production and reduction of intermediary metabolite in thermophilic anaerobic digestion
    発表者 : Tanikawa D.(*1), Yamaguchi T.(*1), Syutsubo K.(珠坪一晃), Miya A.(*2), Nagaya Y.(*2), Harada H.(*3)
    掲載誌 : Anaerobic digestion 2004 proc.(Guiot S.R.ed.,International Water Association,1867p.), 1599-1600 (2004)
  • 東北地方の赤雪
    発表者 : 山本鎔子, 大高明史, 林卓史, 福原晴夫, 野原精一, 落合正宏, 尾瀬アカシボ研究グループ
    掲載誌 : 陸水学雑誌, 65(3):181-191 (2004)
  • Leaf orientation,incident sunlight,and photosyntesis in the alpine species suassurea superba and gentiana straminea on the Qinghai-Tibet Plateau
    発表者 : 唐艶鴻
    掲載誌 : Arct.Antaractic Alp.Res., 36(2):219-228 (2004)
  • Characteristics of humic acids exitracted from municipal solid waste incineration residues
    発表者 : 大迫政浩
    掲載誌 : J.Korea Soc.Waste Manage., 21(8):816-825 (2004)
  • Evaluation of mixture effects in a crude extract of compost using the CALUX bioassay and HPLC fractionation
    発表者 : Suzuki G.(*1), Takigami H.(滝上英孝), Kushi Y.(*2), Sakai S.(酒井伸一)
    掲載誌 : Environ.Int., 30:1055-1066 (2004)
  • 保管PCB廃棄物試料中のPCBs,ダイオキシン類のバイオアッセイ評価
    発表者 : 滝上英孝, 鈴木剛, 野馬幸生, 酒井伸一
    掲載誌 : 環境化学, 14(4):791-803 (2004)
  • 合併処理浄化槽の整備におけるライフサイクルアセスメント的評価の応用
    発表者 : 西村和之, 渡辺孝雄, 木曽祥秋
    掲載誌 : 浄化槽研究, 16(5):1-9 (2004)
  • Development of a genotoxicity detection system using a biosensor
    発表者 : Taguchi K.(*1), Tanaka Y.(*1), Imada T.(*2), Hirai M.(*2), Mohri S.(毛利紫乃), Yamada M.(山田正人), Inoue Y.(井上雄三)
    掲載誌 : Environ.Sci., 11(5):293-302 (2004)
  • Simultaneous nitrification and denitrification in a membrane bioreactor and isolation of heterotrophic nitrifying bacteria
    発表者 : 稲森悠平
    掲載誌 : Jpn.J.Water Treat.Biol., 40(3):105-114 (2004)
  • 廃棄物の有害性評価と廃棄物由来資源の安全性評価
    発表者 : 貴田晶子
    掲載誌 : J.Soc.Inorg.Mater.Jpn, 11:232-243 (2004)
  • 防菌防黴材を含む廃棄物の環境に与える影響(2) 重金属類
    発表者 : 貴田晶子
    掲載誌 : 防菌防黴, 32:609-613 (2004)
  • 循環型社会の形成におけるLCAの役割:LCAの考え方と電化製品への適用例の紹介
    発表者 : 東野達, 南齋規介
    掲載誌 : 電気評論, 89(6):13-20 (2004)
  • 地域マテリアルフロー推計に用いる都市構造物の資材投入原単位と耐久年数の推計
    発表者 : 坂本辰徳, 谷川寛樹, 橋本征二, 森口祐一
    掲載誌 : 環境情報科学論文集, (18):271-276 (2004)
  • Tumor-promoting activity and mutagenicity of 5 termiticide compounds
    発表者 : 中島大介
    掲載誌 : J.UOEH, 26(4):423-430 (2004)
  • 粒径別に分級した土砂の変異原性測定
    発表者 : 高木敬彦, 木谷良平, 加藤行男, 光崎研一, 遠藤治, 峯木茂, 中島大介, 影山志保, 後藤純雄
    掲載誌 : 環境化学, 14(2):327-333 (2004)
  • 廃木材を利用した建築部材(パーティクルボード)製造プロセスにおける化学物質の挙動
    発表者 : 浅利美鈴, 高月紘, 酒井伸一
    掲載誌 : 廃棄物学会論文誌, 15(2):139-148 (2004)
  • 有害物質汚染と環境修復
    発表者 : 酒井伸一
    掲載誌 : 現代化学, (402):67-72 (2004)
  • 廃棄物の溶融分解に求められること
    発表者 : 酒井伸一
    掲載誌 : 地球環境, 35(9):94-95 (2004)
  • バイオ資源・廃棄物の賦存量分布と水素利用システム
    発表者 : 酒井伸一, 平井康宏, 川本克也, 稲森悠平
    掲載誌 : 環境研究, 133:11-18 (2004)
  • Repetition property of chemical compound adsorption by charcoal board adhered with superfine natural fibers
    発表者 :
    掲載誌 : Trans.Mater.Res.Soc.Jpn., 29(5):2459-2462 (2004)
  • Bioassay-based evaluation of toxicity of suspended particulate matter in humans: integrated uses of alveolar cells(A549) in air-liquid interface culture and hepatocarcinoma cells(Hep G2)
    発表者 :
    掲載誌 : Biochem.Eng.J., 22:1-9 (2004)
  • Temporal variation of radiocarbon concentration in airborne particulate matter in Tokyo
    発表者 : 森田昌敏, 柴田康行
    掲載誌 : Radiocarbon, 46(1):485-490 (2004)
  • 廃棄物処分場から発生する揮発性有機化合物の簡易測定法の検討
    発表者 : 山口貴史, 山口安宣, 林治稔, 井上雄三, 山田正人, Bulent Inanc, 中島大介, 後藤純雄, 佐藤正光, 佐野昌之, 本田富義, 冨田孝子
    掲載誌 : 全国環境研会誌, 29(4):190-195 (2004)
  • 発表者 : 森田昌敏, 柴田康行
    掲載誌 : Atmos.Environ., 38:6263-6267 (2004)
  • Development of a new CO2 sequestration process utilization the carbonation of waste cement
    発表者 : Iizuka A.(*1), Fujii M.(藤井実), Yamasaki A.(*2), Yanagisawa Y.(*1)
    掲載誌 : Ind.Eng.Chem.Res., 43(24):7880-7887 (2004)
  • 摂取量段階でのPCB廃棄物処理事業の費用効率性評価
    発表者 : 平井康宏, 酒井伸一
    掲載誌 : 廃棄物学会論文誌, 15(4):237-245 (2004)
  • Congener-specific intake fractions for PCDDs/DFs and Co-PCBs: modeling and validation
    発表者 : 酒井伸一
    掲載誌 : Chemosphere, 54(10):1383-1400 (2004)
  • 2.4.1 廃棄物をいかに適正に処理するか
    発表者 : 井上雄三
    掲載誌 : ゴミゼロ社会への挑戦−環境の世紀の知と技術2004, 72-78 (2004)
  • 2.4.2 処分場の再生はいかにすれば可能か
    発表者 : 井上雄三
    掲載誌 : ゴミゼロ社会への挑戦−環境の世紀の知と技術2004, 78-86 (2004)
  • Material Cycles in Asia: especially recycling loop between Japan and China
    発表者 : Terazono A.(寺園淳), Yoshida A.(*1), Yang J.(*2), Moriguchi Y.(森口祐一), Sakai S.(酒井伸一)
    掲載誌 : J.Mater.Cycles Waste Manag., 6(2):82-96 (2004)
  • Secondary materials transfer from Japan to China: destination analysis
    発表者 : Yoshida A.(*1), Terazono A.(寺園淳), Aramaki T.(*1), Hanaki K.(*1)
    掲載誌 : J.Mater.Cycles Waste Manag., 7(1):8-15 (2004)
  • Overview of waste disposal and landfills/dumps in Asian countries
    発表者 : Idris A.(*1), Inanc B.(Bulent Inanc), Hassan M.N.(*1)
    掲載誌 : J.Mater.Cycles Waste Manage., 6(2):104-110 (2004)
  • コンシステンシー限界を視点にした土質遮水材料の難透水性領域に関わる研究
    発表者 : 水野克巳, 藤原照幸, 遠藤和人, 西垣誠, 嘉門雅史
    掲載誌 : 都市清掃, 57(259):77-81 (2004)
  • 供用開始後の最終処分場における底部遮水工の環境ストレス調査
    発表者 : 遠藤和人, 岡田朋子, 水野克己, 本郷隆夫, 西垣誠, 嘉門雅史
    掲載誌 : ジオシンセティック論文集, 19:127-132 (2004)
  • 廃棄物最終処分場における比抵抗分布の時間変化
    発表者 : 遠藤和人, 山田直之, 杉本芳博, 石垣智基, Bulent Inanc, 山田正人, 井上雄三
    掲載誌 : 第49回地盤工学シンポジウム論文集, 331-336 (2004)
  • コンシステンシー限界を視点にした土質遮水材料の難透水性予測に関わる研究
    発表者 : 遠藤和人, 水野克巳, 藤原照幸, 西垣誠, 嘉門雅史
    掲載誌 : 第49回地盤工学シンポジウム論文集, 63-68 (2004)
  • -
    発表者 : 菅谷芳雄
    掲載誌 : 平成15年度底生生物等生態影響試験法検討調査報告書(菅谷芳雄著,(独)国立環境研究所,環境省受託報告書,161p.) (2004)
  • Distribution of Populations of Chironomus yoshimatsui(Diptera: Chironomidae) Susceptible or Resistant to Fenitrothion,an Organophosphorus Insecticide
    発表者 : Sugaya Y.(菅谷芳雄)
    掲載誌 : 環境毒性学会誌, 7(2):97-104 (2004)
  • Verification of carbon sink assessment: can we exclude natural sinks?
    発表者 : Alexandrov G.(Alexandrov A. Georgii), Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Clim.Change, 67(2/3):437-447 (2004)
  • Atmospheric environment monitoring by the ILAS-II onboard the ADEOS-II satellite
    発表者 : Nakajima H.(中島英彰), Sugita T.(杉田考史), Yokota T.(横田達也), Sasano Y.(笹野泰弘)
    掲載誌 : Proc.SPIE, 5571:293-300 (2004)
  • Dicyclohexylphthalate causes hyperactivity in the rat concomitantly with impairment of tyrosine hydroxylase immunoreactivity
    発表者 : Morita M.(森田昌敏), Ishido M.(石堂正美), Suzuki J.(鈴木純子)
    掲載誌 : J.Neurochem., 91:69-76 (2004)
  • MHC class IIB gene sequences and expression in quail(Coturnix Japanica) selected for high and low antibody responses
    発表者 :
    掲載誌 : Immunogenetics, 56:280-291 (2004)
  • Gene expression of sex-determining factors and stero idogenic enzymes in the chicken embryo: influence of xenoestrogens
    発表者 : 森田昌敏
    掲載誌 : Gen.Comp.Endocrinol., 138:148-156 (2004)
  • Selective breeding for autibody production to Newcastle disease virus vaccine in Japanese quail
    発表者 :
    掲載誌 : 2nd Symp.Intl.Cong.Brasilia(Bertechini A.G.ed.,Lavras Univ.,238p.), 165-174 (2004)
  • Recent trend of quail husbandry and process in Japan
    発表者 :
    掲載誌 : 2nd Symp.Intl.Cong.Brasilia(Bertechini A.G.ed.,Lavras Univ.,238p.), 175-178 (2004)
  • Using a customized DNA microarray for expression profiling of the estrogen-responsive genes to evaluate estrogen activity among natural estrogens and industrial chemicals
    発表者 : Terasaka S.(*1)(*2), Aita Y.(*1), Inoue A.(*1)(*3), Hayashi S.(*3), Nishigaki M.(*4), Aoyagi K.(*4), Sasaki H.(*4), Wada-Kiyama Y.(*5), Tanaka J., Sone H.(曽根秀子)
    掲載誌 : Environ.Health Parspect., 112(7):773 (2004)
  • Cytokines participate in neuronal death induced by trimethyltin in the rat hippocampus via type II glucocorticoid receptors.
    発表者 :
    掲載誌 : Neurosci.Res., 50:209-217 (2004)
  • 尿中代謝産物排泄量から推定した日本人妊婦のビスフェノールA摂取量
    発表者 : 藤巻可弓, 荒川千夏子, 吉永淳, 渡辺知保, 芹澤滋子, 今井秀樹, 白石寛明, 水本賀文
    掲載誌 : 日衛誌, 59:403-408 (2004)
  • Gene interaction network suggests dioxin induces a significant linkage between aryl hydrocarbon receptor and retinoic acid receptor beta
    発表者 : Toyoshiba H.(*1), Yamanaka T.(*1), Sone H.(曽根秀子), Parham F.M.(*1), Walker N.J.(*1), Martinez J.(*1), Portier C.J.(*1)
    掲載誌 : Environ.Health Parspect., 112(12):1217-1224 (2004)
  • The TAO-gen algorithm for identifying gene interaction networks with application to SOS repair in E.coli
    発表者 : Yamanaka T.(*1), Toyoshiba H.(*1), Sone H.(曽根秀子), Parham F.M.(*1), Portier C.J.(*1)
    掲載誌 : Environ.Health Parspect., 112(16):1614-1621 (2004)
  • Metallothionein (I/II) suppresses genotoxicity caused by dimethylarsinic acid
    発表者 : 遠山千春, 西村典子, 曽根秀子
    掲載誌 : Int.J.Oncol., 25:325-333 (2004)
  • MRI
    発表者 : 三森文行
    掲載誌 : 先端の分析法, 830-840 (2004)
  • Role of bcl-2 in cadmium cytotoxicity
    発表者 : Ishido M.(石堂正美)
    掲載誌 : Recent Res.Dev.LifeSci., 2:57-67 (2004)
  • Transient inhibition by melatonin of synergistically insulin-like growth factor-1 and bisphenol A-induced proliferation of estrogen receptor alpha-positive human breast cancer MCF-7 cells by melatonin.
    発表者 : Ishido M.(石堂正美)
    掲載誌 : Environ.Sci., 11:163-170 (2004)
  • Effects of neonatal treatment with 6-hydroxydopamine and endocrine disruptors on motor activity and gene expressiion in the rats
    発表者 : Masuo Y.(*1), Ishido M.(石堂正美), Morita M.(森田昌敏), Oka S.(*1)
    掲載誌 : Neural Plast., 11(1):59-76 (2004)
  • p-Nitrotoluene causes hyperactivity in the rat
    発表者 : Ishido M.(石堂正美), Masuo Y.(*1), Oka S.(*1), Niki E.(*1), Morita M.(森田昌敏)
    掲載誌 : Neurosci.Lett., 366:1-5 (2004)
  • Motor hyperactivity and gene expression in dopamine-depleted rats with neonatal 6-hydroxydopamine lesions
    発表者 : 森田昌敏, 石堂正美
    掲載誌 : J.Neurochem., 91:9-19 (2004)
  • Transcriptome of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide(PACAP)-differentiated PC12 cells
    発表者 : Ishido M.(石堂正美), Masuo Y.(*1)
    掲載誌 : Regul.Peptides, 123:15-21 (2004)
  • 超低周波電磁界とホルモン情報伝達機構
    発表者 : 石堂正美
     (2004)
  • 多動症モデル実験と内分泌攪乱物質の評価
    発表者 : 石堂正美
    掲載誌 : 環境ホルモン学会 第13回講演会テキスト, 58-93 (2004)
  • Effects of eugregarine parasites on adult longevity in the polymorphic damselfly Mnais costalis Selys
    発表者 : Tsubaki Y.(椿宜高), Hooper R.(*1)
    掲載誌 : Ecol.Entomol., 29:361-366 (2004)
  • Three new algorithms to calculate the irreplaceability index for presence/absence data
    発表者 : Tsuji N.(辻宣行), Tsubaki Y.(椿宜高)
    掲載誌 : Biol.Conserv., 119:487-494 (2004)
  • 2003年度日本生態学会関東地区会公開シンポジウム「生物多様性を測る」
    発表者 : 椿宜高
    掲載誌 : 日本生態学会関東地区会会報, 52:1-2 (2004)
  • 種数による保全の優先度
    発表者 : 辻宣行, 椿宜高
    掲載誌 : 日本生態学会関東地区会会報, 52:10-16 (2004)
  • 生態モデリングと順応的管理
    発表者 : 高村典子
    掲載誌 : 生態学入門, 225-227 (2004)
  • 新・生物多様性国家戦略
    発表者 : 高村典子
    掲載誌 : 生態学入門, 236-237 (2004)
  • Regional and local predicion of wildlife habitat in real landscape
    発表者 : Tsubaki Y.(椿宜高)
    掲載誌 : Kyoto Mechanism and the Conservation of Tropical Forest Ecosystem(Toshinori Okuda,Yoosuke Matsumoto eds.,Workshop on the Kyoto Mechanism,191p.), 107-108 (2004)
  • 米国における大気中微小粒子・ナノ粒子の健康影響に関する研究戦略-我が国との比較
    発表者 : 新田裕史, 浦島邦子
    掲載誌 : 科学技術動向, (45):38-46 (2004)
  • Effects of 15-Deoxy-Delta-12,14-prostaglandin J2 on the Cyclooxygenase-2 expression in the murine lung in the presence of lipopolysaccharide
    発表者 : 森田昌敏, 高野裕久
    掲載誌 : Arzneim.Forsch.Drug Res., 54(11):711-714 (2004)
  • Expression of nrve gowth fctor(NGF),and its rceptores trkA and p75 in ovaries of the cyclic golden hamster (Mesocricetus auratus) and the regulation of their production by luteinizing hormone
    発表者 : 鈴木明
    掲載誌 : J.Reprod.Dev., 50(6):605-611 (2004)
  • Surgical stress in ARDS open-lung biopsy
    発表者 : Takano H.(高野裕久), Inoue K.(井上健一郎), Yanagisawa R.(柳澤利枝)
    掲載誌 : Chest, 126(4):1383 (2004)
  • Adverse effects of environmental toxicants octylphenol and bisphenol A,on male reproductive functions in pubertal rats
    発表者 : Herath C.B.(*1)(*3), Jin W.(*1)(*2), Watanabe G.(*1)(*2), Arai K.(*1), Suzuki A.K.(鈴木明), Taya K.(*1)(*2)
    掲載誌 : Endocrine, 25(2):163-172 (2004)
  • Anti-inflammatory effect of pentoxifylline
    発表者 : 高野裕久
    掲載誌 : Chest, 126:321 (2004)
  • Components of diesel exhaust particles differently affect lung expression of cyclooxygenase-2 related to bacterial endotoxin
    発表者 : Inoue K.(井上健一郎), Takano H.(高野裕久), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Ichinose T.(*1), Sadakane K.(*1), Yoshino S.(*2), Yamaki K.(*2), Uchiyama K.(*3), Yoshikawa T.(*3)
    掲載誌 : J.Appl.Toxicol., 24:415-418 (2004)
  • 可溶化betaグルカンよる催気道炎症効果
    発表者 : 井上健一郎, 高野裕久, 柳澤利枝, 桜井美穂, 田村弘志, 小田俊男, 大野尚仁, 安達禎之, 吉川敏一
    掲載誌 : 「エンドトキシン研究」7, 129-132 (2004)
  • 緩和渦集積法(REA法)における基礎方程式の統計的導出と係数bの性質
    発表者 : 松本幸雄, 内山政弘
    掲載誌 : エアロゾル研究, 19(4):266-272 (2004)
  • Urban climate simulation by incorporating satellite-derived vegetation cover distribution into a mesoscale meteorological model
    発表者 : Hirano Y.(*1), Yasuoka Y.(*2)(安岡善文), Ichinose T.(Toshiaki)(一ノ瀬俊明)
    掲載誌 : Theor.Appl.Climatol., 79:175-184 (2004)
  • TEMコイルの試作
    発表者 : 吉留英二, 中島巌, 池平博夫, 三森文行, 棚田修二, 佐々木康人
    掲載誌 : 臨床放射線, 49:1050-1056 (2004)
  • 衛星データによるバイカル湖とハンカ湖の解氷日の特徴
    発表者 : 野中崇志, 松永恒雄, 梅干野晁
    掲載誌 : 雪氷, 66(5):581-590 (2004)
  • 複数の作業者によるクレータ手導抽出結果とクレータ自動抽出への展望
    発表者 : 沢辺頼子, 松永恒雄, 梅干野晁
    掲載誌 : 遊星人, 13(2):87-93 (2004)
  • サロマ湖における現場データ及びMODISデータによる水温トレンドを利用した解氷日推定
    発表者 : 野中崇志, 松永恒雄, 梅干野晁
    掲載誌 : 水文・水資源学会誌, 17(3):241-251 (2004)
  • 宇宙からの観測技術-海洋リモートセンシングとサンゴ礁
    発表者 : 松永恒雄
    掲載誌 : 日本海水学会誌, 58(4):355-360 (2004)
  • 京都議定書が世界経済及び日本経済に及ぼす影響の評価
    発表者 : 西本裕美, 松岡譲, 藤野純一, 甲斐沼美紀子
    掲載誌 : 環境経済・政策学会年報 第9号 環境税, 80-92 (2004)
  • Environmental snapshots form ACE-Asia
    発表者 : 杉本伸夫
    掲載誌 : J.Geophys.Res., 109:D19S14 (2004)
  • Development a multilayered integrated numerical model of suface physics-growing plants interaction,MINoSGI
    発表者 : Watanabe T.(*1), Yokozawa M.(*2), Emori S.(江守正多), Takata K.(*3), Hara T.(*4)
    掲載誌 : Global Change Biol., 10:963-982 (2004)
  • Rainfall amount,intensity,duration,and frequency relationships in a mountainous region in Southeast Asia
    発表者 : Dairaku K., Emori S.(江守正多), Oki T.(*1)
    掲載誌 : J.Hydrometeorol., 5:458-470 (2004)
  • 地球温暖化と異常気象 スーパーコンピュータが予測する未来の気候
    発表者 : 江守正多, 住明正, 木本昌秀, 野沢徹
    掲載誌 : 21世紀の環境とエネルギーを考える, 26:33-46 (2004)
  • Photoalteration of dissolved organic matter(DOM) released from Microcystis aeruginosa in different growth phases: DOM-fraction distribution and biodegradability
    発表者 : Imai A.(今井章雄)
    掲載誌 : Arch.Hydrobiol., 159(2):271-286 (2004)
  • 石西礁湖における流動数値シミュレーション
    発表者 : 中田聡史, 石原靖文, 原島省
    掲載誌 : 海洋理工学会誌, 10(2):35-49 (2004)
  • Molecular phylogeny of Zygomicota based on EF-1alpha and RPB1 sequences: Limitations and utility of alternative markers to rDNA
    発表者 :
    掲載誌 : Mol.Phylogenet.Evol., 30:438-449 (2004)
  • Evidence for recombination in the microcystins synthetase(mcy)genes of the toxic cyanobacteria Microcystis spp.
    発表者 :
    掲載誌 : J.Mol.Evol., 58:633-641 (2004)
  • Electron microscopy of sexual reproduction in Nephroselmis olivacea Prasinophyceae,Chlorophyta)
    発表者 :
    掲載誌 : Phycol.Res, 52:273-283 (2004)
  • Germination characteristics of Agriophyllum squarrosum
    発表者 : Zheng Y.R.(*1), Gao Y.(*2), An P., Shimizu H.(清水英幸), Rimmigton G.M.(*3)
    掲載誌 : Can.J.Bot., 82:1662-1670 (2004)
  • Global water stresses and toxic cyanobacteril blooms.In Innovative Roles of Biological Resource Centers
    発表者 :
    掲載誌 : Proc.10th Int.Cong.Cult.Collect.(Watanabe M.M.,Suzuki K.,Seki T. eds.,JSCC/WFCC,671p.), 209-215 (2004)
  • 21世紀型バイオリソースセンター
    発表者 : 渡邉信
    掲載誌 : 学術月報, 57(12):39-43 (2004)
  • アジアの水問題は対岸の火事ではない
    発表者 : 渡邉信
    掲載誌 : 用水と廃水, 46(4):253 (2004)
  • 発表者 : 稲森悠平
    掲載誌 : Resour.Conserv.Recycl., 43:21-33 (2004)
  • Monitoring the microbial population dynamics at the start-up stage of wastewater treatment reactor by terminal restriction fragment length polymorphism analysis based on 16S rDNA and rRNA gene sequences
    発表者 : Terahara T.(*1), Hoshino T.(*1), Tsuneda S.(*1), Hirata A.(*1), Inamori Y.(稲森悠平)
    掲載誌 : J.Biosci.Bioeng., 98(6):425-428 (2004)
  • 巻貝類 生物濃縮現象と化学物質による環境汚染の生物モニタリング
    発表者 : 堀口敏宏
    掲載誌 : 水産学シリーズ140 微量人工化学物質の生物モニタリング, 37-67 (2004)
  • 昆虫における近縁種交雑による遺伝的攪乱
    発表者 : 五箇公一
    掲載誌 : 環境情報科学, 33(1):8-13 (2004)
  • Biological invasion caused by commercialization of stag beetles in Japan
    発表者 : Goka K.(五箇公一), Kojima H.(*1), Okabe K.(*2)
    掲載誌 : Global Environ.Res., 8(1):67-74 (2004)
  • A methodology of integrated environmental monitoring: A review on researches of APEIS project (in Chinese)
    発表者 : 林誠二, 村上正吾
    掲載誌 : Acta Geogr.Sin., 59(1):3-12 (2004)
  • Monitoring and simulation of water,heat and CO2 fluxes in various terrestrial ecosystems (in Chinese)
    発表者 : Hayashi S.(林誠二), Murakami S.(村上正吾), Wang Q.-X.(王勤学)
    掲載誌 : Acta Geogr.Sin., 59(1):13-24 (2004)
  • Water,heat and CO2 transfer over a salinized desert in the arid area (in Chinese)
    発表者 :
    掲載誌 : Acta Geogr.Sin., 59(1):33-39 (2004)
  • Analysis on vegetation productivity of alpine meadow ecosystem (in Chinese)
    発表者 : Li Y.-N.(*1), Zhao X.-Q.(*1),, Cao G.-M.(*1), Zhao L.(*1), Wang Q.-X.(王勤学)
    掲載誌 : Plateau Meteorol., 23(4):558-567 (2004)
  • Validation of the feasibility of MOD16 algorithm for estimating crop field vapor flux in North China Plain (in Chinese).
    発表者 : Sun Z.-G.(*1), Wang Q.-X.(王勤学), Ouyang Z.(*1), Watanabe M.
    掲載誌 : Acta Geogr.Sin., 59(1):49-55 (2004)
  • Estimation of net primary productivity in Tibetan Plateau (in Chinese)
    発表者 :
    掲載誌 : Acta Geogr.Sin., 59(1):74-79 (2004)
  • Scaling transformation of remote sensing digital image with multiple resolutions from different sensors (in Chinese)
    発表者 : Buhe A.(*1), Ma J.(*2), Wang Q.-X.(王勤学), Kaneko M.(*3), Fukuyama R.(*1)
    掲載誌 : Acta Geogr.Sin., 59(1):101-110 (2004)
  • Adverse effects of environmental toxicants,octylphenol and bisphenol A,on male reproductive functions in pubertal rats
    発表者 : Herath C.B.(*1), Jin W.(*1)(*2), Watanabe G.(*1)(*2), Arai K.(*1), Suzuki A.K.(鈴木明), Taya K.(*1)(*2)
    掲載誌 : Endocrine, 25(2):163-172 (2004)
  • 3'-azido-3'-deoxythymidine(AZT)投与ラットにおける酸化ストレスならびに心機能低下に対するタマネギとイチョウ葉エキスの効果
    発表者 : 井澤弘美, 細谷順子, 井関恭子, 鈴木明, 菅沼大行, 稲熊隆博, 嵯峨井勝
    掲載誌 : 青森県保健大雑誌, 6(2):109-118 (2004)
  • Future scenarios: Predicting our environmental future
    発表者 : Ichinose T.(Toshiaki)(一ノ瀬俊明), Yasui I.(*1)
    掲載誌 : Encyclopedia of Life Support Systems(Web)(UNESCO,Eolss Publishers) (2004)
  • Evaluation of accelerated stabilization of landfill by monitoring functional microbes
    発表者 : Sei K.(*1), Ike M.(*1), Fujita M.(*1), Inanc B.(Bulent Inanc), Inoue Y.(井上雄三), Matsufuji Y.(*2), Tanaka A.(*2), Maeda S.(*3), Mitsui K.(*3), Suzuki M.(*4), Oba T.(*4)
    掲載誌 : Proc.5th Gen.Seminar Core Univ.Program, 259-264 (2004)
  • メントールのマウス移所運動活性増加作用及びニコチンとの相互作用に関する行動薬理学的研究
    発表者 : 梅津豊司
    掲載誌 : 平成16年度喫煙科学研究財団研究年報(喫煙科学研究財団編,喫煙科学研究財団,1018p.), 720-725 (2004)
  • 人工光による生理影響
    発表者 : 大谷義彦, 植田俊彦, 兜眞徳, 河本康太郎, 小松原仁, 小山敦夫, 小山恵美, 近藤久男, 齋藤一朗, 佐川賢
    掲載誌 : 照明関連国際規格委員会技術報告 LED光源の生体安全性規格化WG報告(大谷義彦,植田俊彦,兜眞徳 他著,日本照明委員会,79p.), 27-32 (2004)
  • Evaluation of residential exposure to intermediate frequency magnetic fields
    発表者 : 兜眞徳, Kurokawa Y.(黒河佳香), 新田裕史
    掲載誌 : Arch.Environ.Health, 59(12):693-699 (2004)
  • A comparative study of stratospheric temperatures between ILAS-II and other data
    発表者 : Sugita T.(杉田考史), Yokota T.(横田達也), Nakajima H.(中島英彰), Kobayashi H.(*1), Saitoh N., Kawasaki H.(*2), Usami M.(*2), Saeki H.(*2), Horikawa M.(*2), Sasano Y.(笹野泰弘)
    掲載誌 : Proc.SPIE, 5652:279-289 (2004)
  • Motor hyperactivity and gene expression in dopamine-depleted rats with neonatal 6-hydroxydopamine lesions
    発表者 : Masuo Y.(*1), Ishido M.(石堂正美), Morita M.(森田昌敏), Oka S.(*1), Niki E.(*1)
    掲載誌 : J.Neurochem., 91:9-19 (2004)