本文へスキップ

1月

数値モデルを用いた気候変動に対する亜寒帯汽水湖の低次生態系の脆弱性評価

阿部 博哉(センター長室)

気候システムの温暖化は疑う余地のない現象であり、海洋の外洋域では水温上昇や酸性化、溶存酸素濃度の低下などが報告されている。しかしながら、将来想定される気候変動に対して浅海域生態系がどのような応答を示すかは気候モデルの結果のみでは評価できず、地域規模の特性を踏まえた上で評価を行う必要がある。
そこで本研究では、北海道東部の厚岸湖を対象とし、物質循環に基づく低次生態系モデルを用いて現況及び将来を想定したシナリオでの窒素、炭素、溶存酸素の動態をシミュレーションした。脆弱性の指標として、一次・二次生産量、溶存酸素濃度、炭酸系パラメータを挙げ、環境変化に対する応答を見積もった。

気候変動下における高山生態系の植生動態の解明

雨谷 教弘(生物多様性保全計画研究室)

気候変動が自然生態系へ及ぼす影響は特に高山帯で顕著であるといわれ、森林帯の上昇や植物の分布変化が多数報告されている。高山帯では様々な気象要因が微地形に対応して植物の生育と密接に対応しているが、特に多雪な日本の高山は植物群落が積雪環境を反映し、主に風衝地群落・ハイマツ低木群落・湿性草原群落へ大別される。風衝地群落では、冬季、強風により雪が吹き飛ばされることで土壌が凍結や著しい低温に晒され、植物は高い耐寒・耐凍性が要求される。湿性草原群落では、冬季は積雪による断熱、夏季は雪解け水により湿潤な環境が保たれるが、夏季の中頃まで雪が残り生育期間は短くなる。また、ハイマツ群落は風衝地群落と雪田群落の中間(冬季の積雪が約30cm~300cm)に位置する。従って、気候変動による高山植物の変化は特に積雪傾度を反映するハイマツ群落と湿性草原群落において顕著であると考えられる。
本セミナーでは、各群落の主要構成種であるハイマツとチシマザサの分布変化と気候への応答、湿性草原群落の植物種と群集の変化について報告する。