本文へスキップ

10月

餌はどこ?自動車騒音で狩りの能力が低下するフクロウ

先崎 理之(生物多様性評価・予測研究室)

近年、自動車騒音が野生生物に及ぼす影響が懸念されている。生態系の頂上種である聴覚捕食者―フクロウ類―の採食効率の低下は、騒音の悪影響が憂慮される生態学的過程の一つである。しかし、騒音による聴覚捕食者の採食効率の低下は、室内実験で示されただけで、野外では実証されていなかった。
そこで本研究では、騒音の大きさが野生のフクロウ類の採食効率に与える影響を調べた。まず、特定の周波数の音を頼りに餌を探すフクロウ類の習性を利用し、野生のフクロウ類を誘引する人工音声を開発した。そして、北日本の103調査地点で、この音声と様々な音量の騒音を同時に拡声器で再生するプレイバック実験を行うことで、騒音とフクロウ類の採食効率の関係を調べた。
その結果、騒音の増加に伴いフクロウ類の採食効率が低下し、道路から120m以内の範囲でフクロウ類の採食効率が低下することが分かった。この影響範囲はコウモリの室内実験結果の2倍以上の値だった。これらの結果は、野生の聴覚捕食者への騒音の影響が従来考えられていたものよりも広域に及ぶことを示唆する。

遺伝子組換え植物を用いた低線量放射線による線量依存的なDNA損傷の評価

玉置 雅紀(福島支部)

福島第一原発事故に伴い、福島県は浜通りを中心に放射線量が高い地域を抱えることとなった。これまでにいくつかの生物では低線量放射線の長期ばく露が原因と考えられる形態異常が報告されている。しかしながら、これらの研究ではこのような形質発現の引き金となるDNA変異の有無について調べられていない。
そこで本研究では、DNA変異を引き起こすDNA損傷を検出できる植物を開発し、低線量放射線の長期ばく露によるDNA損傷を定量的に評価することが可能かどうか検証を行った。また、開発した植物由来の培養細胞を用いて、現場でのDNA損傷頻度の評価が可能かどうかも合わせて行なったので報告する。

福島県避難指示区域の昆虫モニタリング~より自動化されたモニタリングに向けて

吉岡 明良(福島支部)

2011年の東日本大震災に伴う原発事故は、大規模な住民の避難をもたらした。広域・長期の避難の影響を把握すべく、演者らは2014年より避難指示区域とその周辺で昆虫の調査を行ってきた。立ち入り制限のある避難指示区域においてなるべく幅広い昆虫類を対象として継続的に調査を行うためには、より省力的な調査方法をとる必要がある。
本発表では、比較的省力的な方法としてトラップを用いた送粉昆虫等の調査の現状や、赤トンボ類の自動撮影装置の開発・応用について紹介する。