本文へスキップ

当センターの研究者を中心に、研究者間の情報交換を主な目的として、毎月セミナーを開催しています。
セミナー終了後に要旨を掲載しています。

月例セミナーに関するお問い合わせはこちらまで  セミナー係 

4月13日(木)10:00~

真核ピコプランクトンの多様性解析への凍結保存の適用

Application of cryopreservation to genetic analyses of a photosynthetic picoeukaryote community
河地 正伸(生物多様性資源保全研究推進室)

熱帯林断片化に対する種多様性応答のタイムラグ

Time-lag in responses of tree species diversity to forest fragmentation in a Southeast tropical region
竹内 やよい(生物多様性評価・予測研究室)

房総半島におけるイノシシによる農業被害リスクの推定

Estimation of agricultural damage level caused by wild boars Sus scrofa in Chiba prefecture
横溝 裕行(リスク・健康C リスク管理戦略研究室)

5月11日(木)10:00~

温暖化影響下の藻場・サンゴ群集の分布推移における海流輸送と植食圧の影響

Ocean currents and increased herbivory drive community shifts from macroalgae to corals under climate warming
熊谷 直喜(センター長室)

小笠原諸島のユスリカ相と生息環境の現況

Chironomid fauna and the present state of their habitats in Bonin Islands
上野 隆平(生物多様性資源保全研究推進室)

6月8日(木)10:00~

ブナにおける稚樹と成木のハビタットの違いに基づく更新適域の時空間変動予測

Projecting spatiotemporal changes in suitable climate conditions to regenerate trees using niche differences between adult and juvenile trees
小出 大 (センター長室)

生物センターの広報・アウトリーチ活動

Public Relations in CEBES
二宮 英美(センター長室)

変動する気候と生物の分布の反応

Response of species distribution to fluctuation climate
竹中 明夫(生物多様性評価・予測研究室)

7月6日(木)10:00~

外来種はどこから来るのか?-農業雑草の起源と伝播を例として-

Of the Origin of Alien Species: origin, migration, and adaptation of arable weeds as a model system to study species invasions
池上 真木彦(生態リスク評価・対策研究室)

微細緑藻ヘマトコッカスとクロレラの環境ストレス対する応答

Response to environmental stresses of microalgae Haematococcus and Chlorella
大田 修平(生物多様性資源保全研究推進室)

8月

セミナーはお休みです。

9月7日(木)10:00~

ウミガメ・クジラに付くフジツボたちのはなし

Life on the back of turtles: Ecology and Evolution of turtle barnacles
林 亮太(日本工営株式会社中央研究所)

日本の自然水域のコイ:その正体と現状

Common carps in Japanese natural waters: its origins and current status
馬渕 浩司(琵琶湖分室)

10月5日(木)10:00~

餌はどこ?自動車騒音で狩りの能力が低下するフクロウ

Traffic noise reduces foraging efficiency in wild owls
先崎 理之(生物多様性評価・予測研究室)

遺伝子組換え植物を用いた低線量放射線による線量依存的なDNA損傷の評価

Evaluation of radiation dose dependent DNA damage in Fukushima using transgenic plants
玉置 雅紀(福島支部)

福島県避難指示区域の昆虫モニタリング~より自動化されたモニタリングに向けて

Monitoring insects inside the evacuation zone of Fukushima:towards more automated monitoring
吉岡 明良(福島支部)

バナースペース

国立研究開発法人
国立環境研究所
生物・生態系環境研究センター

〒305-8506
 茨城県つくば市小野川16-2

E-mail: