本文へスキップ

当センターの研究者を中心に、研究者間の情報交換を主な目的として、
毎月セミナーを開催しています。

月例セミナーに関するお問い合わせはこちらまで セミナー係 生物・生態系環境研究センターメールアドレス

4月12日(木)10:00~

10:00~10:30 大型類人猿ボノボの生息地利用: 遊動・採食・寝床利用における植生選択

Habitat use of bonobos: selection of vegetation types for ranging, feeding, and night-sleeping
寺田 佐恵子(生物多様性評価・予測研究室)

10:30~11:00 鳥類の多様な生態系機能

Ecosystem functions of birds
吉川 徹朗(生物多様性評価・予測研究室)

4月セミナー要旨

5月10日(木)10:00~

10:00~10:30 DNAメタバーコーディングを用いた水鳥の食性解析:手法確立から保全の現場まで

Diet analyses of waterbirds based on DNA metabarcoding: from optimization of the method to conservation activities
安藤 温子(環境ゲノム科学研究推進室)

10:30~11:00
Measuring ecosystem values and climate change: Applications of digital technologies

久保 雄広(生物多様性保全計画研究室)

11:00~11:30 地盤沈下とその後の護岸工事がアラメ海中林に与えた影響

Effects of the subsidence and following the breakwater restoration work on the Eisenia bicyclis kelp bed after the 2011 Tohoku Earthquake
鈴木 はるか(センター長室)

5月セミナー要旨

6月7日(木)10:30~

10:30~11:00 広域の種個体数分布と生物多様性の進化的基盤

The macroscale species abundance distribution and evolutionary underpinnings of biodiversity
深谷 肇一(生物多様性評価・予測研究室)

11:00~11:30
日本の維管束植物の遺伝構造類型化―遺伝的多様性に配慮した保護区設計を目標としてー

Grouping genetic structure of vascular plants in Japan – for conservation area design with consideration to genetic diversity-
石濱 史子(生物多様性評価・予測研究室)

6月セミナー要旨

7月5日(木)10:30~

10:30~11:00 感染症管理の生態学的アプローチ〜カエルツボカビからダニ媒介感染症SFTSまで

Ecological Approach to Infectious Disease Risk Management – from the Chytridiomycosis to Tick Borne Disease SFTS
五箇 公一(生態リスク評価・対策研究室)

11:00~11:30
漁獲物の多様性がもたらすベネフィット

Catch diversification provides multiple benefits in inland fisheries
松崎 慎一郎(生物多様性資源保全研究推進室)

7月セミナー要旨

バナースペース

国立研究開発法人
国立環境研究所
生物・生態系環境研究センター

〒305-8506
 茨城県つくば市小野川16-2

E-mail: