本文へスキップ


概要
  • 日時:2017年11月10日(金) 13:30 - 17:30
  • 会場:国立環境研究所 地球温暖化研究棟交流会議室(茨城県つくば市小野川16-2)
  • 使用言語:英語
  • 申込:不要。直接会場にお越しください。



プログラム

開会

13:30 開会挨拶(国立環境研究所生物・生態系環境研究センター長)
13:40 基調講演(サラワク森林公社(SFC) CEO)
意見交換

セッション1:生物多様性モニタリングプラットフォームの活用

14:00 「サラワクにおける植物多様性評価」:矢原徹一(九州大学)
14:25 「サラワクにおける生物多様性保全」:Mr. Oswald Braken Tisen(SFC)
14:50 「セメンゴーにおける再導入後のオランウータンの個体群動態」:大沼学(国立環境研究所)
15:15 「RIMBA保全インターンシッププログラムを通じたステークホルダーの森林管理認証のキャパシティービルディング」:Mr. Nickson Joseph Robi(SFC)
15:40 Q&A /休憩

セッション2:パーマネントサンプリングプロットネットワーク(PSP)による持続可能な森林資源管理

16:00 「森林炭素蓄積と種多様性のモニタリングのためのPSPの役割」:佐藤保(森林研究・整備機構)
16:25 「地域の社会経済・生態系を考慮した木質利用の促進に関する空間分析」(仮):大場真(国立環境研究所)
16:50 「天然林における木材資源の持続可能な管理に向けた恒久的なPSP」:Ms. Bibian Diway(SFC)
17:15-17:30 Q &A


交通アクセス

国立環境研究所へのアクセスはこちら
会場案内図はこちら


お問合せ

生物・生態系環境研究センター生物多様性評価・予測研究室
竹内 やよい
 Mail:takeuchi.yayoi (末尾に@nies.go.jpをつけてください)