<はじめに>地球上の生物種の半数以上が生息するといわれる熱帯林地域は、世界でもっとも多様な動植物を含む生態系が作り 上げられている「種の宝庫」です。しかし近年、熱帯林は急速な減少を続けています。無秩序な森林伐採はかなり抑えられたものの、プランテーション、農牧畜地域などへの土地利用の改変は現在も盛んに行われていて、熱帯林の減少に歯止めが かかりません。この背景には急速な人口増加、貧困など社会的な問題があり、解決への道は容易ではありません。国立環境研究所では、森林総合研究所やマレーシアの研究機関、大学と共同で1990年よりパソ保護林を中心として 熱帯林の研究に取り組んできました。本共同研究では、その基礎研究を元に、これ以上の熱帯林の破壊を食い止める手法としての「持続可能な森林管理」の研究を進めています。 Last updated on February 21, 2013

Pasoh Primary Forest
Pasoh Introduction(Nov.2011)

NEW : 25-26, September 2012, Tokyo, International Symposium on Southeast Asian Tropical Rain Forest Research related with Climate Change and Biodiversity

●共同研究の内容
●これまでの成果
●調査地
●トピックス
動物
植物
コラム
報告書
書籍
シンポジウム
その他
●データベース
●リンク
更新情報
[2013.02.21] 2012年9月の国際シンポジウムの報告を掲載しました。
[2011.11.04] パソの紹介を掲載しました。
[2011.01.12] 2010年12月のパソでの活動報告を掲載しました。
[2010.11.26] パソの25周年シンポジウムおよびパソでの記念式典行事を掲載しました。
[2010.09.17] 2010年9月のワークショップのプログラムを掲載しました。
[2010.06.16] ホームページの体裁を整えました。
[2010.03.03] 会議およびシンポジウム情報を追加しました。
[2010.03.01] トピックス:書籍を2冊追加しました。
[2010.02.26] 誌上発表:論文を5件追加しました。
[2009.03.06] 改訂版ホームページを公開しました。
[2009.02.10] ホームページのタイトルを変更しました。
[2009.02.10] 実施体制のページを追加しました。
[2009.01.19] データベース:パソのデータを更新しました。
[2009.01.15] 誌上発表:論文を9件追加しました。
[2008.12.10] 共同研究の内容を更新しました。
[2008.11.21] これまでの成果についてリンクを整理しました。
[2008.11.10] 2008年8月のワークショップの報告を掲載しました。
[2008.11.05] 共同研究の内容を更新しました。
[2006.06.23] マレーシア「季節の植物」の写真(2005/01-2006-3)を掲載しました。

過去の更新記録>

実施体制
サイトマップ
共同研究関係者のページ
(パスワードエリア)

国立環境研究所ホームページへ (独) 国立環境研究所 〒305-8506 茨城県つくば市小野川16−2
お問い合わせはこちらまで。