本文へスキップ

生物多様性ウェブマッピングシステム(BioWM:バイオーム)の公開について

生物多様性保全に取り組むためには、蓄積された生物多様性情報を整備し、データから得られた科学的知見に基づいて意思決定を行う必要があります。生物多様性情報は複雑で多岐にわたるため、誰もがデータの中身を理解できる形式でデータを共有する情報基盤が不可欠です。

GBIF(地球規模生物多様性情報機構 ※読み方は「ジービフ」 )は国際的な生物多様性情報基盤として誰でも自由にデータを閲覧・ダウンロードできる仕組みを提供しています。国立環境研究所生物・生態系環境研究センターはGBIFの日本ノードであるJBIF(地球規模生物多様性情報機構日本ノード ※読み方は「ジェイビフ」 )に運営委員ならびにワーキンググループメンバーとして平成26年度から参画しており、GBIFへのデータ提供を行うとともに生物多様性情報のオープン化を支援しています。

生物多様性ウェブマッピングシステム(BioWM)は、GBIFでのデータ公開とその活用、生物多様性情報のオープン化の促進を目的として、国立環境研究所生物・生態系環境研究センターが制作・開発した生物多様性データの可視化ツールです。BioWMの開発において、JBIFメンバーには貴重なご意見とご支援をいただきました。

BioWMでは、GBIFに登録されたオカレンスデータ(観察記録、採集記録など)を抽出してマッピングするシステム(図1)、ローカルデータを読込しマッピングするシステム(図2)、国立環境研究所 生物・生態系環境研究センターの研究データをマッピングするシステム(図3)が利用できます。全てのコンテンツを日本語および英語で提供しています。



図1. 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センターがGBIFに提供したデータの分布(2015年12月17日現在),
GBIFオカレンスデータマッピング, BioWM (国立環境研究所, JBIF 2015)を用いて作図.



図2. ファイル読込マップ, BioWM (国立環境研究所, JBIF 2015)を用いて作図.



図3. 2014年の福島県東部で撮影されたニホンイノシシの日当たりの頭数(のべ撮影個体数÷撮影日数),
福島県東部の野生動物, BioWM (国立環境研究所, JBIF 2015)を用いて作図.


BioWMウェブサイトへ

引用文献

NIES (2015) Chironomid Specimen records in the Chironomid DNA Barcode Database. 396 records, Contributed by Takamura K, Ueno R, Kondo N, Online:http://www.gbif.jp/ipt/archive.do?r=nies_cdbd, released on 21/01/2015.

NIES (2015) Fish data in Lake Kasumigaura Database. 875 records, Contributed by Matsuzaki S.S., Online:http://www.gbif.jp/ipt/archive.do?r=kasumi_fish, released on 21/08/2015.

NIES (2015) Microbial Culture Collection, National Institute for Environmental Studies. 185 records, Contributed by Kawachi M, Yamaguchi H, Ishimoto M, Online:http://www.gbif.jp/ipt/archive.do?r=nies_mcc, released on 09/03/2015.

NIES (2014) Migratory shorebirds in Hokkaido. 282 records, Contributed by Onuma M, Saito K, and Totsu K, Online:http://www.gbif.jp/ipt/archive.do?r=nies_hbirds, released on 13/11/2014.

国立環境研究所, JBIF (2015) GBIFオカレンスデータマッピング, 生物多様性ウェブマッピングシステム (BioWM), 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター制作, CC BY 4.0. マップタイル, CartoDB, CC BY 3.0. 地図情報, OpenStreetMap, ODbL.

国立環境研究所, JBIF (2015) ファイル読込マップ, 生物多様性ウェブマッピングシステム (BioWM), 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター制作, CC BY 4.0. マップタイル, CartoDB, CC BY 3.0. 地図情報, OpenStreetMap, ODbL.

国立環境研究所, JBIF (2015) 福島県東部の野生動物, 生物多様性ウェブマッピングシステム (BioWM), 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター制作, CC BY 4.0. マップタイル, CartoDB, CC BY 3.0および国土地理院の地理院タイル(白地図). 地図情報, OpenStreetMap, ODbL.

(担当:戸津 久美子)

Last updated Jan. 16, 2017