本シンポジウムは終了しました。多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

National Institute for Environmental Studies, Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies Symposium
Unraveling Biodiversity from DNA
- From the Management of Databases to the Use of Next Generation Sequencers -

国立環境研究所生物・生態系環境研究センター シンポジウム
DNAから生物多様性を紐解く~データベース整備から次世代シーケンサー活用まで~

Time & Date: 9:10-18:00, Sept. 19th, 2014
Koryu Meeting Room, Climate Change Research Hall, NIES.
Language: English

日時:2014年9月19日(金)9:10~18:00
場所:国立環境研究所 地球温暖化棟交流会議室
参加無料・事前登録制(当日参加も可)
言語:英語

この度国立環境研究所生物・生態系環境研究センターでは、標記の国際シンポジウムを開催します。

国内外の研究者をお招きし、DNAを用いた生物多様性研究にまつわる話題を提供をしていただきます。
また、20件以上のポスター講演も予定しております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

シンポジウム開催趣旨

 生物多様性を研究する上で、DNAは重要な情報源の1つです。近年、環境DNAや次世代シーケンサーの活用によって取得できる塩基配列の情報量も飛躍的に増し、研究の幅も大きく広がりました。
 本シンポジウムでは、DNAを情報源とした生物多様性研究として、情報データベースの整備から、DNA情報を活用した生物のタイピングと多様性の記述、さらに次世代シーケンサーを用いた新たな生物多様性の研究例について話題提供していただきます。DNAを用いた生物多様性研究について、国内外における実際と克服すべき問題点を明かにし、多様性の記述にとどまらないその先にある研究について議論することが目的です。

Flyer/ チラシ

Abstract/ 要旨集 new! Sept.8th

参加登録

準備の都合上、事前に登録していただけますと幸いです。(当日参加も歓迎)
下記のお申込みフォームからご登録ください。

button.pngbutton.png
終了しました。

Program/プログラム

Opening remarks

9:10- 9:20 Akimasa Sumi (President, NIES)

Session I. Wildlife

9:20- 10:00 Oliver A. Ryder (San Diego Zoo Institute for Conservation Research, USA)
"Genetic Rescue of small populations: an emerging role for genetic resource collections"

10:00-10:40 Rob Ogden (Royal Zoological Society of Scotland, Edinburgh, UK)
"The role of genomics in wildlife conservation: real solutions or academic exercise?"

10:40-10:50 Break

10:50-11:20 Miho Murayama (Kyoto University; NIES, Japan)
"Application of DNA/cell database for wildlife conservation"

11:20-11:50 Nobuyoshi Nakajima, Manabu Onuma (NIES, Japan), Daiji Endo (Rakuno Gakuen University, Japan)
"Establishment of genome databases for the protection of endangered species"

11:50-13:50 Lunch and Poster

Twenty-three poster presentations

(Please refer to the flyer above for the poster titles)

Session II. DNA barcoding and Databases

13:50-14:20 Manabu Onuma (NIES, Japan)
"Establishing a genetic resource bank for Asian endangered species and its application for conservation"

14:20-15:00 Torbjørn Ekrem (NTNU University Museum, Norway)
"NorBOL - the Norwegian Barcode of Life Initiative"

15:00-15:30 Natsuko I. Kondo, Ryuhei Ueno, Kenzi Takamura (NIES, Japan)
"DNA barcoding of Japanese Chironomids"

15:30-16:00 Keiko Kishimoto-Yamada, Motomi Ito (University of Tokyo, Japan)
"DNA barcoding plant-insect interactions and activities of Japanese Barcode of Life Initiative (JBOLI)"

16:00-16:10 Break

Session III. Biodiversity and Next Generation Sequencing

16:10-16:50 Todd C. LaJeunesse (Penn State Univ., USA)
"The expanding role of next generation sequencing in the research of coral-dinoflagellate symbioses"

16:50-17:20 Shosei Kubota (Nihon University, Japan)
"Dynamics of local adaptation from standing genetic variation in a wild Arabidopsis species"

17:20-17:50 Atsushi J. Nagano (Kyoto University, Japan)
"Deciphering and Prediction of Transcriptome Dynamics in a Real World"

Closing remarks

17:50 Noriko Takamura (Director of Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, NIES, Japan)

Reception Party

18:30- NIES Canteen (Pre-registration required)

Reception/ 懇親会のご案内

All participants are welcome to join the reception party after the symposium. If you wish to attend, please register by e-mail before Sept. 5th., and make payment at the symposium reception desk.

Time: 18:30-20:30
Venue: NIES Canteen (map available on the flyer)
Fee: 4,000JPY (Students: 2,000JPY)
Pre-registration deadline: 5PM, Sept. 5th.
registration has been closed

当日18:30より研究所内の食堂にて講演者の皆様を囲んで懇親会を行います。
参加ご希望の方は事前にお申し込みください。会費はシンポジウム受付時にお支払いください。

時間: 18:30-20:30
会場: 国立環境研究所内 食堂 (チラシ裏面の地図参照)
会費: 一般 4,000円、 学生 2,000円
お申込み期限: 9月5日(金) 17:00
受付終了しました

Access/ 会場案内

Click here to see the routes to NIES
(独)国立環境研究所へのアクセスの詳細はこちらから

Map of the "Koryu"meeting room
地球温暖化棟 交流会議室へのマップ
NIES_seminar_rooms_KoryuMtRm.jpgNIES_seminar_rooms_KoryuMtRm.jpg
(Click to enlarge/クリックすると拡大します)

*昼食について*  9/10掲載
国立環境研究所内には食堂および売店がございますが、昼食時は大変混雑いたします。予めご了承いただきますようお願いいたします。
当日は、お弁当等をご持参いただき会場内でお召し上がりいただいても結構です。
また、当日受付にて研究所周辺のお食事処マップを配布いたします。ぜひご利用ください。

Contact/ お問い合わせ

Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, NIES
Natsuko Kondo & Kiyono Katsumata

(独)国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター
担当: 今藤夏子・勝又聖乃

E-mail: cebes_dnasympo (add"@nies.go.jp")

主催:(独)国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター