侵入生物データベース / 生物多様性イベント情報 / 国際生物多様性の日シンポジウム2009

2009年5月18日掲載

U N I T E D N A T I O N S unep logo N A T I O N S U N I E S

国際連合総会議長 ミゲル・デスコト・ブロクマン

国際生物多様性の日によせて

ニューヨーク 2009年5月22日


 国際生物多様性の日を期に、2002年の持続可能な開発に関する世界首脳会議で、われわれが世界の人々と、母なる自然に示した約束、すなわち、2010年までに生物多様性の減少をくいとめ、その後も速度をへらすこと、これを、今一度思い起こそうではありませんか。われらの日々の必需と生計を、持続可能とする自然界のシステムが、嘆きの声を発し続けている時、ひとりひとりが、また集団が、行動を起こすに、遅すぎるということはありません。

 貴重な生物の多様性が、今もって減少することは、この問題が、もはや環境だけの問題ではなくなりつつある、ということです。生物多様性は地球上の生命の基盤としてだけでなく、われらの経済の礎でもあるのです。

 つい先ごろまで、われわれは自然の資源は無尽蔵で、母なる地球は、現代の生活様式を永遠に支えてくれると、信じてきました。われわれの行き過ぎた消費主義や、無謀な工業生産と、驚くほど生物多様性を軽視したために、永遠のはずの繁栄は幻と化しました。今まさに、決意し、行動しなければ、この惑星への人的影響は、未来の世代が生態系から得るはずのものを、重篤に、おそらく取り返しのつかない程、危機に陥れることになります。人類史上かつてない生物多様性の減少は気候変動によって悪化します。気候変動は、昨今の食糧・水・エネルギーの危機や、弱者の生命を奪う自然災害の高頻度な発生となって、人類に襲いかかっています。

 われらの約束、生物多様性の減少をくいとめること、このことは、貧困を減らし、われらの世界の、すべての生活を支える、さまざまな基盤を強化することになります。30億人以上の人々が、海洋と沿岸の生物多様性の恩恵にあずかり、16億人以上の人々が、森林と非用材林の恵みに依存しているのです。生息環境の破壊と生物多様性の減少は、乾燥・半湿潤地域に住む10億人もの人々の生計を危うくしているのです。

 推計によれば、生物多様性の減少による経済損失は3兆ドル近くにのぼります。このことに照らしてみれは、生物多様性の減少を逆転させ、保全と持続的な利用をすすめることが、貧困の撲滅、持続的発展そしてミレニアム開発目標の、直接実現となることは明らかです。

 われらはみな、空気を吸い、水を飲み、川や海で泳ぎ、生活し、働き、化学物質の害毒のない大地に遊び、騒音や汚染のない、そんな環境で生きてゆきたいのです。これは戦い守るべき人権なのです。

 その実現にはパラダイムシフトが必要です。衝動的に自然を搾取するやり方からは距離を置いて、数百万もの生物種のうち、ただ一種である人類が、自然保護者としての役割をとりもどさなければなりません。母なる地球は、まさに人類がいなくても、存在します。一方、われわれ人類は、地球なしでは生存できません。

 国連生物多様性条約によって設けられた、グリーンウェイブ・イニシアティブは、未来の市民である子供たちが、自然と調和した生き方を学ぶことを目的としています。このような活動を通して、世界の人々の感性と理性を呼び覚まし、子供たちは自然を愛する心を育んでゆくのです。われわれは日々の習慣や生活様式を見直し、それぞれの国で、ゴミや二酸化炭素排出を減らし(Reduce)、資源を再活用し(Reuse)、リサイクル(Recycle)する、3Rの倫理を呼び起こさなければなりません。

 それゆえ、地球規模でのキャンペーンが、世界に活発な変化をよびおこし、地球上のすべてのいのちが、安心して生きられるよう、共に声を挙げようではありませんか。人類が、自分たちの生きる、いのちの星の脅威でなくなるかどうかは、一人一人の努力にかかっています。

 2010年10月、国際生物多様性年には、国連総会の生物多様性に関する高級会合が予定されています。日本で開催される名古屋生物多様性サミットが、われらの約束を行動へと動かし、人々を地球保護者として生まれ変わらせると確信しています。各国・政府代表が、このサミットに積極的に参加し、自らの約束を、われらすべての信奉する実施へとすべく、集うことを、要請します。


英語原文

MESSAGE OF H.E. MIGUEL D’ESCOTO BROCKMANN,
PRESIDENT OF THE UNITED NATIONS GENERAL ASSEMBLY,
ON THE OCCASION OF
THE INTERNATIONAL DAY FOR BIOLOGICAL DIVERSITY

NEW YORK   22 MAY 2009


On the occasion of the International Day of Biodiversity, let us recommit ourselves to the promises we have made to the people of world at the World Summit on Sustainable Development in 2002 and to Mother Nature to significantly reduce the rate of loss of biodiversity by 2010 and beyond. I believe it is not too late to act, individually and collectively, in response to the ever-growing distress signals from the natural systems that sustain our daily needs and livelihoods.

The ongoing loss of precious biodiversity can no longer be considered as simply an environmental issue. Biodiversity must be seen not only as the foundation of life on Earth, but the foundation of our world economy as well.

Until recently, we believed that the natural resources were infinite and Mother Earth would sustain our modern life style forever. Our hyper-consumerism, reckless industrial production and disregard for our planet’s miraculous biological diversity have ended that illusion. Indeed, human pressures on the planet have reached such a level that the ability of ecosystems to meet the needs of future generations is now seriously, and perhaps irretrievably, compromised if we do not take decisive action. The unprecedented loss of biodiversity is being compounded by climate change. It is reflected in the recent food, water and energy crises and the natural disasters that disrupt the lives of our vulnerable human populations and other species with accelerating frequency.

Keeping our promises to stem the loss of biodiversity will help reduce poverty and enhance our world for all living things. Over three billion people depend on marine and coastal biodiversity, while more than 1.6 billion people rely on forests and non-timber forest products for their livelihoods. The degradation of our habitat and the loss of biodiversity threaten the livelihoods of more than one billion people living in dry and sub-humid lands.

Estimates suggest that the cost implications of lost biodiversity are close to three trillion dollars. Seen in this light, the reversal of biodiversity loss, conservation and sustainable use of biodiversity contribute directly to poverty eradication, sustainable development and the achievement of the Millennium Development Goals.

We all want to live in an environment in which we can breathe the air, drink the water, swim in our rivers and sea, live, work and play on land which has not been poisoned by chemicals, and are protected from excessive noise pollution. These are human rights that we must fight to protect.

To achieve this will require a paradigm shift. We will need to move away from our compulsive drive to exploit nature and reassume our roles as stewards of our environment, one among millions of species on this Earth. Mother Earth will do very without us. We, on the other hand, cannot survive without her.

Initiatives such as Greenwave, established by the Secretariat of the United Nations Convention on Biological Diversity, aims at preparing the citizens of tomorrow to live in harmony with nature. Through such efforts, we must win the hearts and minds of the citizens of the world and inspire every child with a love of nature. We must transform our daily habits and lifestyles and persuade consumers in every country to internalize the ethic of reduce, re-use and recycle.

Let us therefore join our voices and our efforts in a global campaign to achieve the changes vital to the well-being of all life on Earth. It is up to each of us to ensure that humankind is no longer a threat to ourselves and to the biosphere in which we live.

In October 2010 on the occasion of the celebration of the International Year on Biodiversity, there will be a high-level event of United Nations General Assembly on biodiversity. I believe that the Nagoya Biodiversity Summit in Japan will offer an important opportunity for us to turn our promises into action and begin the transformation of people into stewards of the Earth. I call on all Heads of State and government to participate actively and ensure that their promises set an example for all of us to embrace.