外来種に関するアンケート 集計結果(続き)

アンケート結果トップへ戻る

9. 今回のシンポジウムを通じて、感じたことを自由に書いてください。

(一部抜粋)

厳密性を追求すると何も出来ないという発言に力をもらいました.


食料の多くも外来種に頼っているというジレンマ…難しいですね.最後のパネルディスカッションでアライグマを殺処分することに対する異議が出されたが,そう考える方々はなぜ「捨てた人々」の責任を問わないのか?飼いきれずに捨てた人間が一番悪い.


外来種が生活に関わる状態が良く分かり,勉強になった.


○国際的なお話が聞けて大変良かったです(素人の感想です)
○クラウスさんと光畑さんの話が,ポイントを絞り,全体としてのまとまりも良く,判りやすかったです.他の方はややもするとあれもいいたい,これもいいたいで,通訳さんも困ったのではないかと思いました.
○クラウスさんの最後のコメントは12年〜20年というときの裏打ちがあるだけにとても印象的だった!!


外来種問題は,生物学・生態学的問題から,社会的な問題へと,第二ステップになったような感じがしました. 捨てペット,危険動物の密輸,違法飼育,ネットオークションの安易な取引に対して何かアクションを起こしてほしいと思っています.ぜひ旗振りを環境省にお願いしたいところです.


貴重な機会を設けてくださりどうもありがとうございます.最先端の研究に触れられ,またどの発表もおもしろくて,とても有意義でした.
ニュースなどで断片的に耳にしていた外来種問題について,具体的で,正しい知識を得られました.身近な人にも教えてあげたいです.


全部の講演者の話を興味深く聞きました.大変ためになりました.今まで疑問に思っていたことのいつくかが解決しました.久しぶりにいいシンポジウムに参加させてもらいました.ありがとうございました.


グリーンウェーブでクヌギとコナラを植えたと副大臣のごあいさつがあった.クヌギは外来種の可能性が高い種で,生物多様性の身近な問題として考えるきっかけをはからずも感じました.


とても貴重な時間でした.多くを学んだと思います.帰り道にまとめたいと思います.


私もおとといウシガエルのオタマジャクシを14匹駆除しましたが,それは,とても心の痛いことでした.しかし,それを駆除しないことで失われる生物多様性について考えると,駆除せざるをえません.一般の方がこの事実をわかってもらう努力をしなくてはいけないと感じました.


時宜を得た企画だと思います.会場の選択もよかったと思います.すでに身近に外来種がおさまっていることにおどろきました.(知りませんでした.)


輸入食料に付着しているダニのことは初めて知りました.とても興味深かったです.


様々な立場,意見があるものだと実感しました.外国の話を聞くことがあまりないので,より世界での取り組みや政策を知り,今後に役立つよう,このような世界を知れるシンポジウムをまた開催して頂きたい.


今まで“外来種”というと海外から入ってくる害のある生物,というイメージが強かったが,そう言い切れない事が分かり,考え方が少し変わった.


情報共有・提供以上にCOP10に向けて,どこにもっていきましょうか.五箇さんの日本でブラックリスト方式をとらなければならない状況整理を支持します


日本でも,先進的な研究者が居るのだから,もっと国も予算を付けて防除をして欲しい.


毎回,このようなシンポで思うことだが,環境省だけでなく,関連のある農水省,総務省,厚生労働省などからの人間を呼び,その見解を示してもらわないと,根本的解決にならないのではないか.外来種に興味のない一般の人々に,どう浸透させていくかは,相変わらず課題であると思った.いつになったら,有害鳥獣としての駆除でなく,外来生物としての駆除,対策が進んでいくのか,もっと外来種問題のアピールが必要.


これは個人的意見ですが.殺す・殺さないの議論がありましたが,私も岩槻先生と同様の見解です.アライグマならそうかもしれませんが,アリや病原生物なら?…と.全ての命に歴史と意味があるなら,病原生物だって生態系の一員として役割を果たしながら生きてきたはずです.それが人間という生物の大きな驚異となったのは,人間のくらしの変化の為.そこを変えることこそが根本でしょう.かわいい,かわいくないでアライグマとダニや病原生物を差別するのは命の尊厳への冒とくと感じますが….


○COP10の主は,遺伝子資源の争奪戦だと思う.生態系や種の保全が中心だと思うと,判断を誤ると思う.
○やっぱり環境省のシンポだったな.つまり,外来種の問題は,農業や公しゅう衛生,社会科学etc等様々な問題があるのになあ.ただし生物多様性のシンポだからしかたがないかな.
○五箇さんへ.日本の農業害虫の輸入規制は,事実上ホワイトリスト方式だと思います.


要旨集が不足しており,入手できませんでした.環境研,或いはは環境省のサイトにpdfファイルのアップを希望します.


人間の健康,衛生,生活に悪影響を及ぼすものは外来種に限らず駆除すべき.外来種も長年存在し続ければ,外来種でなくなってしまうので,ややこしい問題である.


もう少し質疑応答の時間がほしかった.


企業の生物多様性あるいは外来種防除への取り組みに関する話を聞く機会は今まで余りなかったので興味深かった.


侵略的外来種が生物多様性の重要な課題であることが,理解でき,有意義であった.


充実していたと思いますが,植物の話題をあと2題くらい入れてほしい(@森林生態学,A水田生態学・草原生態学)


アンケート結果トップへ戻る

侵入生物データベースへ戻る