国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese page only
  1. 侵入生物データベース >
  2. 侵入生物とは? >
  3. 原因は何か?
侵入生物とは? 原因は何か? その影響は? どう対処するのか?

原因は何か?

外来生物問題が生じる原因は,様々な形で人為的に生物が運ばれ,野外に放たれること(導入と呼ばれます)です.導入されたものの一部が,野外で繁殖集団を形成し(定着と呼ばれます),長期にわたって様々な影響を及ぼすようになります. 運ばれ方(侵入経路導入経路)は様々ですが,いずれも我々の日常生活と密接に関係しています. 運ばれ方によって予防方法が異なるため,導入経路の特定は,防除戦略を立てる上で重要な課題の一つです.

意図的導入

故意に自然分布域の外へ運び出された場合を「意図的導入」といいます.導入予防のためには,防止したい種に対する法的規制と密輸・密放逐に対する監視が必要になります.

飼育動物・餌生物・観葉植物の放逐・逸出
ペットの放逐(アライグマミシシッピアカミミガメ等)や脱走(鳥類の一部等),餌動物の逸出(アメリカザリガニ等),動物園等からの逸出(タイワンザルキョン等),観葉植物の逸出(ボタンウキクサ等)など
釣り・狩猟対象生物の放逐
オオクチバスニジマスイノシシなど
食用・水産資源生物の放逐・逸出
スッポンウシガエルウチダザリガニサケ科魚類の一部など
緑化植物の逸出
法面緑化植物(シナダレスズメガヤオニウシノケグサ等),街路樹(ハリエンジュ等)など
天敵導入(生物農薬)
害虫・害獣の天敵を導入.農業害虫・害獣駆除(オオヒキガエルニホンイタチヤマヒタチオビ等),衛生害虫駆除(カダヤシ等)など
その他
毛皮用の哺乳類の放逐・逸出(マスクラットヌートリアアメリカミンク等), 実験材料・教材用生物の放逐・逸出(アフリカツメガエルオオカナダモ等)など

非意図的導入

人や物の移動に随伴して意図せず運ばれる場合を「非意図的導入」といいます.導入予防のためには,多くの種を運んでしまう物資およびその移送経路を特定した上で,監視・検疫が必要になります.

建築資材や土砂などの輸送に随伴
アルゼンンアリセアカゴケグモヤモリ類など
水産物・農産物・園芸植物などの運搬に随伴
水産業対象魚の種苗放流に混入する魚類(ブラウントラウトタイリクバラタナゴビワヒガイ等),農産物や牧草に混入する害虫(イネミズゾウムシトマトサビダニ等)や雑草(アレチウリワルナスビ等),園芸植物などに随伴する害虫・爬虫類(シルバーリーフコナジラミヤンバルトサカヤスデヤモリ類等)など
貨物船などに随伴
船体に付着,またはプランクトン幼生期にバラスト水に混入する海産無脊椎動物(ムラサキイガイチチュウカイミドリガニフジツボ類ホヤ類等)など
軍事物資の輸送に随伴
ミナミオオガシラアカカミアリなど
意図的に運ばれる生物に寄生
マツ類に寄生するマツノザイセンチュウ,両生類に寄生するカエルツボカビ菌など