(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ハタケニラ

ハタケニラ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ハタケニラ

クリックすると拡大画像が表示されます

ハタケニラ
分類群 維管束植物 単子葉植物 ユリ科
(Alliaceae, Asparagales, Liliopsida, Magnoliophyta)
学名 Nothoscordum gracile
英名等 Wild onion, Onion weed, Fragrant false garlic
自然分布 北アメリカ
形態 多年草.ニラ臭は無い.地下に球茎があり,そのまわりに多数の鱗片状の子球をつけ,中央に花茎をのばす.葉は5個程度,長さ15~40cm,幅5~10mm,淡緑色,光沢はない.花茎は長さ20~60cm,頂部に膜質の2苞葉があって,その中から7~20個の花が出る.花はニラに似て,白色で径1.5cm,芳香がある.花被は計6個,長さ10mm程度.雄ずいは6個,花糸にひれ(翼)を持つ.子房は3条の溝がある.果実(朔果)は長さ7mm程度.種子は長さ2mm程度,黒色で光沢がある.
生息環境 路傍,植え込み,畑地
温度選好性:温帯~暖温帯
繁殖生態 風媒花,虫媒花.種子および球根
繁殖期:花期は春~夏
生態的特性 アスファルトの隙間や植え込みの脇などどこにでも生え,各地で急速に分布拡大している.
侵入情報
国内移入分布 茨城,東京,神奈川,静岡,三重,和歌山,京都,大阪,兵庫,香川(小豆島含む),徳島の各県 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 園芸用として導入されたといわれる.
侵入年代 明治以降とされる.
影響 栄養繁殖も行い大型に成長するため,在来種との競合が懸念される.ウイルスの寄主となる.農地では強雑草とされる.
影響を受ける生物:在来草本植物,農作物
法的扱い 無し
防除方法 種子をつける前に根茎(鱗茎)を土中に残さないよう気をつけて抜き取る,等.
問題点等
海外移入分布 アフリカやオーストラリアにも定着している.
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト