(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ブラジルチドメグサ

ブラジルチドメグサ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ブラジルチドメグサ

クリックすると拡大画像が表示されます

ブラジルチドメグサ
分類群 維管束植物 双子葉・離弁花類 セリ科
(Apiaceae, Apiales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Hydrocotyle ranunculoides
英名等 Floating marshpennywort, Pennywort,water pennywort, floating pennywort
自然分布 南米
形態 多年生の抽水植物.茎の長さは1m以上になり,直径2~3mm,無毛.節から1~数枚の葉と多数の根を出す.葉身は3~7cm,多肉質,円心形で掌状に5浅裂し,無毛,上面に光沢.葉柄は7~35cm.根は水中では30cm近く伸びる.花序は節に1~3個,目立たず直径3mm程.
生息環境 水路,河川,水辺
温度選好性:温帯~亜熱帯
繁殖生態 花期は4~6月.
繁殖期:春~秋
生態的特性
侵入情報
国内移入分布 岡山,大分,福岡,熊本の各県 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 アクアリウム等観賞用に意図的に導入後,野外逸脱したと考えられる.
侵入年代 1998年ごろに九州で確認
影響 大繁茂し,在来種の生育を妨げる
影響を受ける生物:水生植物
法的扱い 外来生物法で特定外来生物に1次指定された.移入規制種(佐賀県 環境の保全と創造に関する条例)
防除方法 茎が絡み合うため,除去の前に切断の必要あり.切断した茎から栄養繁殖するため,注意が必要.
問題点等
海外移入分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト