(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ニワウルシ

ニワウルシ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ニワウルシ, シンジュ

クリックすると拡大画像が表示されます

ニワウルシ
分類群 維管束植物 双子葉・離弁花類 ニガキ科
(Simaroubaceae, Sapindales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Ailanthus altissima
英名等 Tree of heaven, China sumac
自然分布 大陸中国,台湾
形態 落葉高木.高さ10~25mになる.樹皮は灰白色で縦に浅い割れ目がある.若枝は赤みを帯びた緑色で,長さ40~60cmの奇数羽状複葉を互生.葉は特有の臭気を持つ.小葉は6~10対あり,長卵形~被針形で,先端が細くとがる.花期に長さ30cmほどの円錐花序を出し,緑白色の5弁花を多数つける.果実は翼状,長さ3.5~5cm,中央に扁平な種子があり,淡緑色から赤みを帯び,褐色に熟す.
生息環境 開けた河川敷,道路わき,市街地等.
温度選好性:温帯,暖温帯
繁殖生態 風媒花,虫媒花.雌雄異株.風による種子散布,および萌芽による栄養繁殖.
繁殖期:花期は初夏
生態的特性 河川敷,空き地等にパイオニア樹種として侵入する.さらに,耐陰性も持つとされ,大気汚染にも強い.種子は良く発芽する.
侵入情報
国内移入分布 北海道,群馬,埼玉,神奈川,静岡,愛知,岡山,広島の各県 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 庭木,街路樹として導入されたものが野生化した.養蚕(Samia cynthia)にも用いられたとされる.
侵入年代 明治初期に渡来.
影響 成長が早く,河川敷に繁茂し在来種と競合する.アレロパシー効果で他の植物の成長を阻害する.
影響を受ける生物:在来木本植物
法的扱い
防除方法 稚樹の抜き取り,伐採(ただし,萌芽更新可能),除草剤等.
問題点等
海外移入分布 アフリカ,南北アメリカ(米国:1784年導入),オーストラリア,ヨーロッパ(1751年導入)に定着している.
備考
大陸中国産はA. a. var. altissima,台湾産はタイワンニワウルシ A. a. var. tanakai として変種とされることがある.
基本・侵入情報 参考資料リスト