(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. カラスムギ

カラスムギ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 カラスムギ, チャヒキグサ

クリックすると拡大画像が表示されます

カラスムギ
分類群 維管束植物 単子葉植物 イネ科
(Poaceae, Poales, Liliopsida, Magnoliophyta)
学名 Avena fatua
英名等 Wild oats, Spring wild oat
自然分布 ヨーロッパ
形態 一年草.茎は束生して直立,断面は円形,高さ30~100cm.葉は長さ10~30cm,幅0.5~1cm,葉舌は高さ4mmで目立つ.葉鞘は平滑.円錐花序は長さ15~30cm,花序の枝は輪生,非常に細かく単一またはまばらに分岐し,長さ2cm前後の小穂をつけて垂れ下がる.小穂は3小花からなり,左右に開く大型の苞穎に包まれる.変異が大きい.
生息環境 畑地,休耕地,牧草地,河川敷,路傍,荒地
温度選好性:温帯
繁殖生態 種子繁殖.両性花,風媒花,主に自殖.穎果(250~1,000個以上,4~8年).
繁殖期:花期は5~7月
生態的特性 日当たりの良い,肥沃で湿った所を好み,土壌の種類を選ばない.
侵入情報
国内移入分布 ほぼ全国 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 非意図的移入 (穀物に混入)
侵入年代 縄文時代
影響 在来種,畑作物との競合.アレロパシー作用.虫,菌,ウイルス,ネマトーダの寄主.
影響を受ける生物:在来植物,農作物
法的扱い
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等
海外移入分布 南北アメリカ,アフリカ,アジア,オセアニアに分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト