(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ランタナ

ランタナ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ランタナ, シチヘンゲ

クリックすると拡大画像が表示されます

ランタナ
分類群 維管束植物 双子葉・合弁花類 クマツヅラ科
(Verbenaceae, Lamiales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Lantana camara
英名等 Common lantana
自然分布 南アメリカ
形態 2~5m,茎や枝に下向きの小棘がある.常緑低木,半つる性.染色体数2n=44.多数の園芸種があるので花色は多様.
生息環境 畑地,牧草地,樹園地,路傍,荒地
温度選好性:温帯~熱帯
繁殖生態 両性花,虫媒花.核果は風,雨,動物などにより運ばれる.鳥によって遠方に運ばれる.根茎でも繁殖.
繁殖期:7~8月
生態的特性 立地条件に対する適応性が大きく,多少日陰でも良く生育する.
侵入情報
国内移入分布 小笠原(父島,母島,兄島,弟島),沖縄 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 観賞用として導入,東南アジアでは果実を香辛料に使用.
侵入年代 1865年頃渡来
影響 在来種,畑作物,牧草と競合.有毒植物.多種の虫,菌の寄主,ネズミの巣となる.子供が種子を食べると死ぬことがある.
影響を受ける生物:在来草本植物,牧草など.
法的扱い
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等
海外移入分布 世界中で栽培されている.
備考
外来生物法で要注意外来生物に指定された.世界の侵略的外来種ワースト100
基本・侵入情報 参考資料リスト