(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. シバムギ

シバムギ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 シバムギ, ヒメカモジグサ

クリックすると拡大画像が表示されます

シバムギ
分類群 維管束植物 単子葉植物 イネ科
(Poaceae, Poales, Liliopsida, Magnoliophyta)
学名 Elytrigia repens
英名等 Quackgrass, Couch grass, English twitch
自然分布 地中海沿岸
形態 多年草.長い根茎からややまばらに地上茎を出し,基部で分岐して小さい株になり,高さ60~100cm.葉は長さ5~15cm,幅3~8mmでざらつき,葉鞘の口部には細い三日月型の葉耳がある.茎葉にはときに微毛がある.穂は10~20cm程度,長さ8~10mmの4~7小花からなる無柄の小穂を密につける.小花は芒を持つ.染色体数2n=28,42,56.草丈,草型の変異が大きい.
生息環境 畑地,牧草地,休耕地,樹園地,荒地,路傍,海岸,河岸
温度選好性:寒帯~温帯
繁殖生態 両性花,風媒花.頴果(0~50個/穂,3~4年)は風,雨,動物,人間などにより伝播.地下茎(206個)による繁殖.
繁殖期:春に発生し,花期は7,8月.地下茎でも繁殖する.
生態的特性 日当たりの良い所を好む.土壌の種類は選ばない.耐塩性がある.草丈,草型,耐旱性,耐アルカリ性に大きな変異がある.
侵入情報
国内移入分布 ほぼ全国 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 牧草として導入
侵入年代 明治時代初期に導入
影響 在来種,畑作物とする競合する強害雑草.アレロパシー作用.虫,菌,ネマトーダの寄主.
影響を受ける生物:在来植物,農作物.
法的扱い ヘシアンバエ発生地域からのカモジグサ属の茎葉は輸入禁止(植物防疫法).
防除方法 抜き取り,刈り取り,耕耘の効果は低い.灌木類が侵入すると数年以内に衰退.
問題点等
海外移入分布 アジア,オセアニア,南北アメリカに分布
備考
要注意外来生物(外来生物法)
基本・侵入情報 参考資料リスト