(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ボタンウキクサ

ボタンウキクサ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ボタンウキクサ, ウオーターレタス

クリックすると拡大画像が表示されます

ボタンウキクサ
分類群 維管束植物 単子葉植物 サトイモ科
(Araceae, Alismatales, Liliopsida, Magnoliophyta)
学名 Pistia stratiotes
英名等 Water lettuce
自然分布 南アフリカ
形態 多年生の浮葉植物.茎は短縮して広卵形~扇形の葉を重ねてつける.水中に根をのばして浮遊.葉身はビロード状で水をはじき,水面に伏すか斜上して葉ボタン状になる.水中に枝を出して多数の子株を生じて水面に広がる.夏~秋に葉笨に花序をつけるが,目立たない.
生息環境 池沼,河川,水田
温度選好性:亜熱帯~熱帯
繁殖生態 両性花.液果は風,水,動物,人間などにより伝播.根茎により繁殖.
繁殖期:5~10月
生態的特性 日当たりの良い所を好む.無機養分の吸収力が強く,耐塩性がある.
侵入情報
国内移入分布 関東~北陸以西~沖縄,小笠原. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 観賞用として導入.かつて輸入,国内生産とも行われ,ホームセンター等で大量に販売されていた.
侵入年代 1920年代に沖縄・小笠原に導入.関東以西では1990年代から広がった.
影響 在来種やイネとの競合.過繁茂による湖沼の水温や水質の低下.水路の水流阻害.アレロパシー作用~.虫,カタツムリ,菌の寄主.
影響を受ける生物:在来水生植物,イネなど
法的扱い 外来生物法で特定外来生物に指定された.移入規制種(佐賀県 環境の保全と創造に関する条例)
防除方法 物理的な除去
問題点等
海外移入分布 アジア,オーストラリア,南北アメリカに分布
備考
日本の侵略的外来種ワースト100
基本・侵入情報 参考資料リスト