(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. シュロ

シュロ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 シュロ, ワジュロ

クリックすると拡大画像が表示されます

シュロ
分類群 維管束植物 単子葉植物 ヤシ科
(Arecaceae, Arecales, Liliopsida, Magnoliophyta)
学名 Trachycarpus fortunei
英名等
自然分布 日本(九州南部),中国
形態 常緑高木.幹は直立し,高さ3~7m,径10~15cm.上部は枯れた葉の葉柄と現存する葉鞘網で密に被われる.葉茎の上部に叢生し,扇状円形で径50~80cmになり,扇状に多数の裂片に裂け,裂片は線形で幅1.5~3cm,内折し,先は鈍形で浅く2裂.若い葉は斜めに立ち上がり,古くなると先端部が折れて垂れ下がる.葉柄は長さ1m,幅4~5cmになり,基部付近に歯牙と刺状突起がある.花期には葉笨から30~40cmの円錐花序を出す.雄株は雄花のみをつける雄花序を出す.雄花は淡黄色でほぼ球形.がく片は長さ1.2cm,卵状楕円形で先は鈍い.花弁3個,長さ3mmで広卵形,先は鈍形~円形,雌ずい6個で花糸は円柱状,退化雌ずい3個.両性株は雌花と両性花がつく雌花序を出す.雌花は淡緑色,雌ずい3個と退化雄ずい6個を持つ.果実(液果)は偏球形で長さ10~12mm,幅6~9mm,緑黒色に熟す.
生息環境 市街地,森林
温度選好性:暖帯
繁殖生態
繁殖期:花期は5,6月
生態的特性
侵入情報
国内移入分布 関東以西.九州南部には在来分布. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 庭木,街路樹,繊維は縄,たわし,箒,敷物に,葉は細工物に利用するため導入
侵入年代
影響 在来種との競合
影響を受ける生物:在来木本植物
法的扱い 無し
防除方法 伐採
問題点等
海外移入分布
備考
トウジュロ T. wagnerianus(中国原産,日本には自然分布しない)と交雑する.東京の市街地では,トウジュロとシュロの雑種と推定される個体がある.
基本・侵入情報 参考資料リスト