(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. シナダレスズメガヤ

シナダレスズメガヤ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 シナダレスズメガヤ, ウイーピングラブグラス, セイタカカゼクサ

クリックすると拡大画像が表示されます

シナダレスズメガヤ
分類群 維管束植物 単子葉植物 イネ科
(Poaceae, Poales, Liliopsida, Magnoliophyta)
学名 Eragrostis curvula
英名等 Weeping Lovegrass, African lovegrass
自然分布 南アフリカ
形態 多年草.茎は密に束生,高さ0.6~1.2m.叢生して密な大株となる.葉身は長さ40~60cm,幅1.5~2mm,葉鞘は無毛.花序は,先が傾き,高さ20~35cm,枝は横に広がり,分岐点はふくれて白毛がある.小穂は淡緑色でやや黒紫色をおび,扁平,長さ6~10mm,7~11小花からなる.雄ずい3個.栽培用に品種改良されている.染色体数2n=20,40,50,60,42,63など多型が多い.
生息環境 牧草地,路傍,荒地,河川敷
温度選好性:温帯~熱帯
繁殖生態 両性花,風媒花.頴果(100,000/株)は風,雨,動物,人間により伝播.根茎により繁殖.
繁殖期:花期は夏
生態的特性 日当たりが良く,砂質土壌を好む.耐暑性と耐旱性は強いが,耐陰性と耐湿性は弱い.
侵入情報
国内移入分布 沖縄を含むほぼ全国 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 北米
侵入経路 法面緑化,砂防用として北アメリカから輸入
侵入年代 1959年から導入.
影響 在来種との競合.河川敷での土砂の堆積による環境改変.菌の寄主.
影響を受ける生物:在来植物(比叡山河原の固有種など)
法的扱い 移入規制種(佐賀県 環境の保全と創造に関する条例)
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等
海外移入分布 南北アメリカ,南ヨーロッパ,アジア,オセアニアに分布
備考
日本の侵略的外来種ワースト100.外来生物法で要注意外来生物に指定された.
基本・侵入情報 参考資料リスト