(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. コセンダングサ

コセンダングサ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 コセンダングサ

クリックすると拡大画像が表示されます

コセンダングサ
分類群 維管束植物 双子葉・合弁花類 キク科
(Asteraceae, Asterales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Bidens pilosa var. pilosa
英名等 Hairy beggar-ticks, Cobbler’s pegs, Railway beggarticks
自然分布 北アメリカ
形態 一年草.茎は高さ50~110cm.切り口4~6辺形,淡緑色で細毛が多い.葉は下方で対生,上方で互生.多くは3~5個の小葉に分かれ,鋸歯は先が鈍く,両面に細毛を持つ.頭花は黄色,総包片は1列に並び7~8個,へら形で頭花の径とほぼ同長,へりに毛が列生する.一般に舌状花を欠き筒状花は両性,子房に3~4本の刺があり花床には鱗片がある.果実(痩果)はやや平たい四稜形で頂部に剛毛の生えた刺が2~4本.染色体数2n=36,48,72.種内変異が大きく,シロバナセンダングサ(コシロノセンダングサ),シロノセンダングサ(タチアワユキセンダングサ),ハイアワユキセンダングサなどに細分される.
生息環境 畑地,樹園地,牧草地,芝地,路傍,荒地,河川敷など
温度選好性:温帯~熱帯
繁殖生態 頭状花,虫媒花.
繁殖期:6~11月
生態的特性 土壌環境に対する適応性が大きい.
侵入情報
国内移入分布 本州中部以西 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 非意図的移入(詳細不明)
侵入年代 江戸時代に渡来
影響 在来種,畑作物との競合.多種の虫,菌,ウイルス,ネマトーダの寄主.
影響を受ける生物:在来草本植物,農作物など
法的扱い 外来生物法で要注意外来生物に指定された.
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等
海外移入分布 南アメリカ,アフリカ,アジア,オセアニア,ヨーロッパ,ハワイ・ガラパゴスなど太平洋島嶼に分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト