(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. アメリカセンダングサ

アメリカセンダングサ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 アメリカセンダングサ, セイタカウコギ

クリックすると拡大画像が表示されます

アメリカセンダングサ
分類群 維管束植物 双子葉・合弁花類 キク科
(Asteraceae, Asterales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Bidens frondosa
英名等 Beggar’s Tick, Stickright, Devils Large Beggarticks
自然分布 北アメリカ
形態 一年草.茎は高さ50~150cm,切り口は四角,多くは暗紫色でほぼ無毛.葉は対生,上方でときに互生,3~8小葉にわかれ,小葉の先は細く尖り,大きさのそろった鋸歯があり,ほぼ無毛.頭状花は黄色,総包片は1列にならんで6~12個,頭花の径より長い.花床には鱗片があり,筒状花は両性,子房は長方形,扁平で2本の刺(冠毛)がある.舌状花は小さくて外からは見えない.果実(痩果)は扁平でかぎ状の剛毛の生えた2本の刺があり,衣服などにつく.染色体数2n=48
生息環境 水田,水路,林内,牧草地,樹園地,河辺,湿地,休耕田,畑地,荒地,路傍など
温度選好性:温帯
繁殖生態 両性花,虫媒花.
繁殖期:8,9,10月
生態的特性 水辺や湿地を好む.肥沃地に多いが,土壌の種類,乾湿,肥沃度への適応性は大きい.
侵入情報
国内移入分布 奄美諸島・沖縄諸島を含むほぼ全国 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 非意図的移入
侵入年代 1920年頃に琵琶湖畔,1940年代以降に奄美大島,徳之島,沖縄島で確認
影響 在来種,イネ,畑作物との競合
影響を受ける生物:在来草本植物,農作物など
法的扱い 外来生物法で要注意外来生物に指定された.
防除方法 抜き取り,刈り取り.
問題点等
海外移入分布 南アメリカ,ヨーロッパ,アジア,オセアニアに分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト