(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ブタクサ

ブタクサ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ブタクサ

クリックすると拡大画像が表示されます

ブタクサ
分類群 維管束植物 双子葉・合弁花類 キク科
(Asteraceae, Asterales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Ambrosia artemisiifolia
英名等 Bitterweed, Common Ragweed, hogweed, Annual ragweed
自然分布 北アメリカ
形態 一年草.茎は高さ30~150cm.立った軟毛がある.葉は茎の下方で対生,上方で互生,二回羽状に深く裂けることが多く,裂片の先はあまり尖らない.雌雄同株.雄の頭花は枝先に細長い穂を作り,総包片は合着して皿型になり,12~16の筒状花を入れる.雄ずい5個.雌の頭花は雄花序の基部にある包葉にかくれて2~3個ずつつき,緑色のつぼ形の総包に雌ずいのみつく.果実は硬化した総包に包まれた偽果となる.偽果は長さ3~5mm,中央に長い突起,周囲に6個程度の刺状~こぶ状の突起.染色体数2n=36.変異が多く,ウスゲブタクサ(ケナシブタクサ),ケブタクサ(ビロードブタクサ)の2型がある.オオブタクサとの雑種がある.
生息環境 畑地,樹園地,牧草地,芝地,路傍,荒地,林縁,河川敷など
温度選好性:温帯~熱帯
繁殖生態 雌雄同株,風媒花.総苞に包まれた痩果(偽果)(32,000~62,000個)は,雨,鳥,人間などにより伝播
繁殖期:7~10月
生態的特性 窒素分の多い酸性土壌を好むが,土壌の種類や水分に対する適応性は大きい.
侵入情報
国内移入分布 沖縄を含むほぼ全国 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 非意図的移入
侵入年代 導入は明治初期(1877年頃)以前だが,昭和初期に定着.1972年に採集された.
影響 在来種,畑作物,シバとの競合.アレロパシー作用.虫,菌,ウイルス,ネナシカズラの寄主.花粉症の原因.
影響を受ける生物:在来草本植物,農作物,シバなど(競合).人間(健康被害).
法的扱い 外来生物法で要注意外来生物に指定された.
防除方法 抜き取り,刈り取り,除草剤(アトラジン)抵抗型がある
問題点等
海外移入分布 南アメリカ,ヨーロッパ,アジア,オーストラリアに分布
備考
韓国では輸入禁止.
基本・侵入情報 参考資料リスト