(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ビロードモウズイカ

ビロードモウズイカ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ビロードモウズイカ, ニワタバコ

クリックすると拡大画像が表示されます

ビロードモウズイカ
分類群 維管束植物 双子葉・合弁花類 ゴマノハグサ科
(Scrophulariaceae, Scrophulariales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Verbascum thapsus
英名等 Common mullein, Great mullein, aaron's-rod, Flannel mullein
自然分布 ヨーロッパ
形態 二年草.全体に灰白色の毛を密生.毛は輪状に分岐する.茎は高さ0.9~2.5m,根生葉は花時まで残り,長さ30cmになる.茎上の葉は無柄,基部は茎にそって下方に流れ,ひれ(翼)をつくる.総状花序は長さ50cmになり,花柄は短く,基部に1包葉.花冠は黄色,径2~2.5cm,外面に星状毛を密生,内面は無毛.雌ずい1個,雄ずい5個,3雄ずいの花糸に白色の長毛を密生.果実(さく果)は球形,毛が密生,残存するがくに包まれる.種子は長さ0.7mm,横しわ状のくぼみが並ぶ.染色体数2n=34,36
生息環境 畑地,牧草地,路傍,空地,荒地
温度選好性:寒帯~温帯
繁殖生態 両性花.果(136,000~223,000個,2~100年以上)は風や動物による裂開により散布.
繁殖期:8,9月
生態的特性 日当たりの良い砂質土壌に多い.
侵入情報
国内移入分布 ほぼ全国.特に東北~北海道に多い. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 観賞用,薬用として意図的に導入
侵入年代 1870年頃に導入
影響 在来種,畑作物,牧草と競合.数種の虫,菌類の寄主.
影響を受ける生物:在来植物,農作物など
法的扱い モウズイカ属は,コロラドハムシ蔓延地域からの輸入禁止地域(植物防疫法)
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等
海外移入分布 南北アメリカ,オーストラリア,アジアに分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト