(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ヒロハフウリンホオズキ

ヒロハフウリンホオズキ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ヒロハフウリンホオズキ, センナリホオズキ

クリックすると拡大画像が表示されます

ヒロハフウリンホオズキ
分類群 維管束植物 双子葉・合弁花類 ナス科
(Solanaceae, Solanales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Physalis angulata
英名等 Wild capegooseberry, Annual ground cherry, Cutleaf groundcherry, llanceleaf groundcherry
自然分布 北アメリカ,熱帯アメリカ
形態 0.2~1m,一年草.葉が披針形のものはホソバフウリンホオズキと呼ばれ,まれに帰化.センナリホオズキを同種とする文献もある.枝を広く横にはる.花は淡黄白色で花冠の底部は紫黒色.果実(液果)は1cmほどの球形で緑色.(在来のホオズキは枝がほとんどなく,茎は直立,花は白色,果実は黄赤色に熟す)
生息環境 畑地,樹園地,牧草地,芝地,路傍,荒地,林縁
温度選好性:温帯~熱帯
繁殖生態 両性花.液果は風,雨,動物などにより伝播.刈り取り後に再生可能.
繁殖期:7~10月
生態的特性 肥沃地~痩せ地に生育し,土壌の種類を選ばない.果実は生食できるが美味ではない.
侵入情報
国内移入分布 ほぼ全国 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 不明
侵入経路 非意図的移入(飼料への混入)
侵入年代 1828年に確認
影響 在来種,畑作物,シバと競合.ウイルスの寄主.
法的扱い ナス科植物(一部除く)は,チチュウカイミバエ,コロラドハムシ,ジャガイモシストセンチュウ,ジャガイモシロシストセンチュウ,ジャガイモがん腫病菌,タバコべと病菌蔓延地域からの輸入禁止(植物防疫法).
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等 -
海外移入分布 南アメリカ,オセアニア,アジア,アフリカ,ヨーロッパに分布
備考
-
基本・侵入情報 参考資料リスト