(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. コメツブウマゴヤシ

コメツブウマゴヤシ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 コメツブウマゴヤシ

クリックすると拡大画像が表示されます

コメツブウマゴヤシ
分類群 維管束植物 双子葉・離弁花類 マメ科
(Fabaceae, Fabales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Medicago lupulina
英名等 Black medic, Hop clover, Yellow trefoil
自然分布 ヨーロッパ
形態 1年草~2年草.茎は斜めに立ち,10~60cm.葉は3小葉,葉柄は1~2cm,小葉は先は丸いか平たい,まばらに毛があり,托葉は鋸歯を欠くものが多いがときに1~2葉.花は黄色,長さ2~4mm,20~30個集まってつく.果実は2.5mm.種子は1.5mm.染色体数2n=16,32.形態的生理生態的変異が大きく,ネバリコメツブウマゴヤシ,オニコメツブウマゴヤシなどが知られる.
生息環境 路傍,畑地,牧草地,芝地,荒地,林縁,河岸,海岸,樹園地
温度選好性:温帯
繁殖生態 両性花,虫媒花.豆果(数百~数千,1年以内).風,雨(5~12日間水に浮く),動物(羊など),人間により伝播.
繁殖期:花期は春~夏.
生態的特性 日当たりが良く,冷涼~温暖なことろを含み,暑さには弱い.湿った肥沃地を好むが,耐旱性はある.耐塩性は低い.
侵入情報
国内移入分布 日本全国に広く分布. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 牧草として導入
侵入年代 江戸時代
影響 在来種,畑作物,シバとの競合,土壌窒素の蓄積
影響を受ける生物:在来植物,農作物
法的扱い 無し
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等
海外移入分布 南北アメリカ,アジア,オセアニア,アフリカに分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト