(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ギンネム

ギンネム

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ギンネム, ギンゴウカン

クリックすると拡大画像が表示されます

ギンネム
分類群 維管束植物 双子葉・離弁花類 マメ科
(Fabaceae, Fabales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Leucaena leucocephala
英名等 White Popinac, Wild Tamarind
自然分布 南アメリカ
形態 1~10m,常緑高木.染色体数2n=52,56,104.普通型(common type)と巨大型(giant type)があり.育種により生長の早い品種などが育成されている.
生息環境 原野,林縁
温度選好性:亜熱帯~熱帯
繁殖生態 両性花,虫媒花.豆果は重力散布
繁殖期:通年
生態的特性 日当たりの良い,中質~やや乾燥したところを好む. 急斜面における土壌流亡を防止.
侵入情報
国内移入分布 小笠原,八重山諸島 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 不明
侵入経路 緑化,緑肥,飼料,砂防用,薪炭材,パルプ用材のための植林用として導入
侵入年代 小笠原では1862年から(本格的な造林は1879年から).先島諸島には1910年以降.
影響 在来種との競合やアレロパシー作用,土壌窒素の蓄積
影響を受ける生物:在来植物
法的扱い
防除方法 伐採,ギンネムジラミの増加で枯死
問題点等
海外移入分布 東南アジアなど世界の熱帯~亜熱帯地方に分布
備考
世界の侵略的外来種ワースト100.外来生物法で要注意外来生物に指定された.
基本・侵入情報 参考資料リスト