(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. カラクサナズナ

カラクサナズナ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 カラクサナズナ, カラクサガラシ, インチンナズナ

クリックすると拡大画像が表示されます

カラクサナズナ
分類群 維管束植物 双子葉・離弁花類 アブラナ科
(Brassicaceae, Capparales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Coronopus didymus
英名等 Swinecress, Lesser swinecress, Bittercress, Swine wartcress
自然分布 ヨーロッパ
形態 一年草~越年草.悪臭を持つ.茎は基部より多分岐し,斜めに立って高さ10~20cm,淡緑色でやや光沢があり,無毛~白色の軟毛を散生.葉は1~2回羽状に裂ける.側裂片は3~6対.花序は根生または茎上の葉に対向してつく.花は径1mm余.がく4個,卵型で緑色.花弁は白色微小または欠く.雄ずい2個,子房は扁平で花柱はほとんどない.果実(短角)は2個の球を接した形を接した形で高さ1.5mm,上端はへこむ.各室に種子1個.果面に網目状の浅いくぼみ,裂開しない.染色体数2n=32
生息環境 畑地,樹園地,牧草地,路傍,溝,荒地
温度選好性:温帯~熱帯の高地
繁殖生態 両性花,虫媒花.短角果は風,動物,人間により伝播.
繁殖期:花期は4~5月
生態的特性 温暖で,湿った日当たりの良い,肥沃地を好む.踏みつけられた所にも生える.
侵入情報
国内移入分布 暖地に広く分布 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 不明
侵入経路 非意図的移入
侵入年代 1899年小笠原で確認,1912年都内で確認
影響 在来種や畑作物との競合,飼料に混入すると牛乳が異常風味(苦み).菌の寄主.
影響を受ける生物:在来植物,農産物
法的扱い 無し
防除方法 飼料畑ではイタリアンライグラスを2倍量で密植栽培
問題点等
海外移入分布 アフリカ,アジア,オセアニア,南北アメリカに分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト