(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 維管束植物 >
  4. ゴウシュウアリタソウ

ゴウシュウアリタソウ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ゴウシュウアリタソウ, コアリタソウ, ゴウシュウアカザ

クリックすると拡大画像が表示されます

ゴウシュウアリタソウ
分類群 維管束植物 双子葉・離弁花類 アカザ科
(Chenopodiaceae, Caryophyllales, Magnoliopsida, Magnoliophyta)
学名 Chenopodium pumilio
英名等 Tasmanian goosefoot, Green crumbweed
自然分布 オーストラリア
形態 一年草.茎は高さ15~40cm,根元から多数に分岐し,斜めまたは直立,多細胞の曲がった毛・腺毛を持つ.葉は長さ0.8~3cm,幅0.4~1.5cm,縁には3~4対の歯があり,やや厚く,上面はやや光沢を持ち,下面には黄色・有柄の線点がある.花は葉笨に密集,径4mmほどのかたまりとなり,がく5個,緑色,多肉で多細胞毛と腺点を散生,果時には果実を包む.種子は濃褐色,扁球形,径0.6mm.
生息環境 畑地,樹園地,牧草地,荒地
温度選好性:温帯~熱帯
繁殖生態 両性花.胞果は風,雨,動物により伝播.
繁殖期:花期は夏
生態的特性 日当たりの良い沃地を好む.
侵入情報
国内移入分布 日本全国に広く分布. 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 不明
侵入経路 非意図的移入.詳細不明
侵入年代 本州では,大阪(1933年),栃木(1938年)以来確認されている.北海道では1978年に報告
影響 在来種,畑作物,牧草との競合.特異な臭いがあり家畜に有毒.ジャガイモシストセンチュウの随伴
影響を受ける生物:在来植物,農産物,家畜など
法的扱い 植物防疫法により,アカザ属植物の生塊茎等の地下部は以下の地域からの輸入禁止(ジャガイモシストセンチュウ寄生のおそれ):
中央アジア・ヨーロッパ・中米の多く国,インド,イスラエル,アゼルバイジャン,アルメニア,グルジア,アルジェリア,オーストラリア,北米,アルゼンチン,ペルー,ボリビア
防除方法 抜き取り,刈り取り
問題点等
海外移入分布 アフリカ,南アメリカ,太平洋諸島に分布
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト