(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. その他の動物 >
  4. コウロエンカワヒバリガイ

コウロエンカワヒバリガイ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 コウロエンカワヒバリガイ (写真なし)
分類群 軟体動物門 二枚貝綱 イガイ目 イガイ科
(Mytilidae, Mytiloida, Bivalvia, Mollusca)
学名 Xenostrobus securis
英名等 smll brown mussel
自然分布 オーストラリア,ニュージーランド
形態 殻長3cm程度の二枚貝.成貝では赤みがかった黒褐色,幼貝では黄褐色-赤褐色の斑,黒の稲妻型の模様.カワヒバリガイに似るが,殻色・殻頂・殻内面の筋痕の形状などで識別可能.
生息環境 内湾-河口の潮間帯など
繁殖生態 水中に放卵放精し,浮遊幼生は半月ほどで着底.夏に稚貝がみられ,最短1年で成熟.
生態的特性 寿命は1年程度.水質汚濁・幅広い塩分に耐性.
懸濁物をろ過して摂食.
侵入情報
国内移入分布 関東・中部以西の沿岸 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 オーストラリアまたはニュージーランド
侵入経路 バラスト水への混入または船体への付着
侵入年代 初記録は1972年岡山県児島湾.
影響 水路などに付着して汚損被害
法的扱い 要注意外来生物(外来生物法)
防除方法
問題点等
海外移入分布 アドリア海
備考
日本の侵略的外来種ワースト100
基本・侵入情報 参考資料リスト