(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. その他の動物 >
  4. タテジマフジツボ

タテジマフジツボ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 タテジマフジツボ (写真なし)
分類群 節足動物門 甲殻綱 無柄目 フジツボ科
(Balanidae, Sessilia, Maxillopoda, Arthropoda)
学名 Amphibalanus amphitrite
英名等 striped barnacle
自然分布 汎世界的に移入され,自然分布は不明.
形態 殻長1cm程度のフジツボ.表面は平滑,白地に暗紫色の縦縞模様がある.幅部広く茶絣模様.
生息環境 内湾の岩礁・港湾など
温度選好性:水温16-27℃で産卵.
繁殖生態 繁殖期:秋に繁殖をはじめる.
生態的特性 乾燥や幅広い塩分に耐性.満潮時に蔓脚を出して摂餌.
食性:プランクトン.
侵入情報
国内移入分布 東京湾,三重県沿岸,大阪湾,九州西岸 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元 フィリピンと推測されている
侵入経路 バラスト水への混入や船体への付着と考えられる.
侵入年代 1937年にはすでに各地で記録されている.
影響 在来の固着生物・水産生物との競合.船舶・工場などの取水施設に付着して汚損被害を起こしている.
影響を受ける生物:養殖カキ・アコヤガイなど
法的扱い タテジマフジツボ種群(タテジマフジツボ,ヨーロッパフジツボ,アメリカフジツボ)は,条例公表種(愛知県 自然環境の保全及び緑化の推進に関する条例,愛知県における野外放逐の禁止)(平成24年3月29日~)
防除方法
問題点等
海外移入分布 汎世界的.
備考
要注意外来生物(外来生物法).
基本・侵入情報 参考資料リスト