(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. その他の動物 >
  4. タイワンシジミ種群

タイワンシジミ種群

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 タイワンシジミ種群

クリックすると拡大画像が表示されます

タイワンシジミ種群
分類群 軟体動物門 二枚貝綱 マルスダレガイ目 シジミ科
(Corbiculidae, Veneroida, Bivalvia, Mollusca)
学名 Corbicula fluminea
英名等 Asian clam, Prosperity clam
自然分布 中国南東部,朝鮮半島,ロシア
形態 小型で褐色の2枚貝.色や形の変異が大きい.
生息環境 湖沼などの淡水域.
温度選好性:温帯
繁殖生態 雌雄同体で自家受精可能.在来シジミ類に比べて大量の精子を放出し,それらの遺伝子が雄性発生で引き継がれる.2倍体,3倍体,4倍体も存在する.産仔数:卵胎生
繁殖期:春
生態的特性 貝を洗うときに稚貝が放出され,それが下流の水路等に定着することがある.
食性:プランクトン
侵入情報
国内移入分布 本州~九州のほぼ全域 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 輸入シジミに由来すると考えられる.
侵入年代 1980年代
影響 競合,駆逐,遺伝的撹乱,増殖後死亡した個体による水質汚染.本種の移入や放流に伴いカワヒバリガイ,コモチカワツボなど他の外来貝類も持ち込まれる.
影響を受ける生物:マシジミなどの在来シジミ類
法的扱い 外来生物法で要注意外来生物に指定された.
防除方法 輸入シジミや他地域の貝類を野外に放流しない.
問題点等
海外移入分布 北米,南米,ヨーロッパ,オーストラリア
備考
日本に在来のマシジミと交雑し,区別ができない状態に.
アメリカでは1920年代に中国から食用に持ち込まれ,メキシコ湾以外の全米の沿岸に広がった.船荷等に付着したり輸入シジミに混入したりする.近年ヨーロッハにも急速に分布を拡大している.北米では本種の侵入・定着後,在来貝類や取水パイプなどに甚大な被害が報告されている.
基本・侵入情報 参考資料リスト