(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 昆虫類 アラートリスト >
  4. クモテナガコガネ属

クモテナガコガネ属

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 クモテナガコガネ属の全種

クリックすると拡大画像が表示されます

クモテナガコガネ属
分類群 コウチュウ目 コガネムシ上科 コガネムシ科
(Scarabaeidae, Scarabaeoidea, Coleoptera)
学名 Euchirus spp.
英名等 Beatles of the genus Euchirus
自然分布 インドネシア,フィリピンなど
形態 雄47~80mm,雌43~67mmの大型の甲虫.雄の前脚は非常に大型で長く,前笘節に突起は無い.前胸は半円形で微細な顆粒点刻を持つ.
生息環境 不明.成虫がヤシの樹液に集まること,灯火に飛来すること以外にはほとんど記録が無い.
繁殖生態
生態的特性 食性:広葉樹大木の洞に溜まった腐植部分を利用すると考えられている.
侵入情報
国内移入分布 国内未定着 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 1990年代後半から輸入・販売・飼育されていた.
侵入年代
影響 幼虫の餌・生息場所をめぐって在来昆虫と競合の可能性あり.
影響を受ける在来生物:ヤンバルテナガコガネ(絶滅危惧I類,国の天然記念物)などの在来昆虫
法的扱い 外来生物法で特定外来生物に2次指定された.
防除方法 放虫しない
問題点等
海外移入分布
備考
外来種による影響のみならず,ダム建設や林道開発による森林の乾燥など,生息地の破壊自体も懸念されている.
基本・侵入情報 参考資料リスト