(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 昆虫類 アラートリスト >
  4. ヘシアンバエ

ヘシアンバエ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ヘシアンバエ (写真なし)
分類群 ハエ目 タマバエ科
(Cecidomyiidae, Diptera)
学名 Mayetiola destructor
英名等 Hessian fly
自然分布 ヨーロッパ
形態 成虫の体長2~3.5mm程度のハエ.体色は暗灰色ないし赤褐色.全身に短い毛がある.頭部は小さく,目は暗色,触角は黄土色.口器は未発達.胸部は黒色で側面に淡色のストライプ.脚は細長い.雌の腹部は卵形,赤褐色の斑紋があり,先端は尖る.雄の腹部先端には交尾器がある.
卵は円筒形で赤褐色.
幼虫は脚の無い蛆状で,孵化直後は赤~橙色.その後淡緑色に変わる.
蛹はこん棒状で赤褐色.
生息環境 ムギ類に寄生.
繁殖生態 繁殖期:春~秋
雌の寿命は5~7日程度で,葉の表面に計40~250個(最大500個)産卵.5~10日で孵化.幼虫は葉鞘に入り,葉柄に穿孔.15~30日で前蛹となり,2週間で蛹化.
生態的特性 植生:ムギ類を食害.
侵入情報
国内移入分布 国内未定着 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 麦わら・乾燥牧草に混入の可能性あり
侵入年代
影響 幼虫が各種ムギ類植物の茎葉を吸汁.
影響を受ける在来生物:オオムギ属,コムギ属,ライムギ属,カモジグサ属植物
法的扱い 検疫有害動物.また,本種発生地域からのオオムギ属・コムギ属・ライムギ属の茎葉とその加工品(麦わらなど),カモジグサ属の茎葉は輸入禁止(植物防疫法).
防除方法 輸入される麦わら・乾燥牧草などの検疫および燻蒸消毒による導入防止.
問題点等
海外移入分布 北米,中米,北アフリカ,ニュージーランド
備考
基本・侵入情報 参考資料リスト